その美味しさの意味は一つじゃなくて

Independence Day (Bolivia)
Transfiguration (Christian)
Civic Day (Canada)
Bank Holiday (Scottland, Ireland)


読書ブログ更新 : 「宿命」「切り裂きジャック・百年の孤独」「地下鉄(メトロ)に乗って」

  「夏休みにやりたいこと : 読書ブログの正常化

なんて、どの口が! どの口が! (どかばきぐしゃ)(タコ殴り)

* * * * *

【お菓子】
b0059565_10582413.jpg

日本に里帰りしてた友達から、先日、素敵なお土産をもらいました。


改めてマフィンの本、本当にありがとう!!
あれから幾つか作ってみたよ。ちょっと一部変えたりしたけど、どれも美味しかった~。
とにかくこれは、間違いなくお役立ちの本ですよー。



このレシピ本、ネットで何回も目にしたことがあって、人気の本だとは知ってたの。でも実際に手にとってみて、どうして人気か良くわかった。

あのさ、門間みかさんのパンレシピがありがたいのって、基礎の生地は2種類だけで、それをあれこれアレンジさせていくのが、”おうちぱん”として手軽でありがたいんだ、って話したよね?
このARIさんの本も、そのコンセプトが一緒なんだね。スイートマフィンとお食事マフィン、それぞれ基本生地があって、それに入れるものを変えてアレンジしていく。
今まで色々とお菓子を作ってきたけど、なんで今まで考えつかなかったんだろう、って思ったよ。デリケートな生菓子とかはともかく、家で食べる飾らないマフィンやスコーンなら、それも十分アリだよね!

まずお菓子マフィンで、ラズベリーキャラメルマフィンを作ったよ。冷凍してたキャラメルソースがあったし、ラズベリーも今は頻繁に買ってるから、ちょうどよかったの。
ただ、キャラメルソースを混ぜるのに、基本材料そのままの砂糖量じゃつらいかなーと思ったんで、砂糖だけはすんごく減らしたけど。
焼き上がりはふんわりで、ごろごろ入れたラズベリーの甘酸っぱさが、すんごくンマかった!

b0059565_1121253.jpg

そして更に嬉しいのが、お食事マフィンね。マフィンやスコーンを朝食に食べることの多い我が家では、やっぱり甘いものはそれほど出番がないもんで。
だから、前から甘くない、ハムやチーズを入れたものを作りたいなあとは思っていたんだよ。
おまけにこの基本生地、コーンミール入りでしょ? お嬢の大好物なんだなあ、これが。

分量通りだと、うちにあるマフィンの型で11~12個分でかなり多いので、甘いマフィンは半量で作ったんだけど、お食事マフィンは全量にして、その分、混ぜるものを2種類にしたの。共通生地だからこそこういうことができて嬉しいよ~。だって生地をぽんぽんと型に入れて、その上にのっけるものを変えればいいだけなんだもん。

1つはスモークサーモンとハーブ入りのチーズ、もう1つはチェリートマトと地中海ヨーグルトにした。レシピはそれぞれ別なチーズだったけど、あるものを先に使っちゃわないとね。こおゆうことができるのもまた良し。

あ、あと、無塩バターを使うところ、お食事マフィンはココナッツオイルにしたよ。オリーブオイルでもいいかもしれない。
両方とも、お嬢も私も満足のいく味だったよー。いつもマフィンはさすがに1個どまりなんだけど、これは1種類ずつ、2個食べちゃった、えへへ。

ここんとこ、朝食用にと思うせいか、以前のようなきれいな日本風マフィンより、アメリカ風のどっかり素朴型のマフィンにしたくて、型から溢れんばかりに生地をこんもりと盛るようになっちゃって。
この本を書かれた森岡さんも、NYで修行されたせいか、その形だよね。それがまた嬉しかったんだよー。写真を見てるだけでわくわくしちゃって。
ああもう、ほんとにありがとう、ありがとう!!

お礼に、というわけではないけど、私が日本に行った時、今度は私に何か買ってこさせてね!
何がいいかなあ、やっぱり浅田次郎さんの本色々とか? アナタを浅田さんにハメた張本人としては責任があるしな(笑)
なんにせよ、今度会える時に何か焼いて持って行くので、味見してみて下さいまし。気に入ってもらえるといいなあ、と願いつつ。
b0059565_1122429.jpg


……ということをメールに書いて送るつもりであります。
彼女にはこの日記のことを話してないので、ここで叫んでも届かないのでありました。(爆)
[PR]
by senrufan | 2007-08-06 10:57 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7262083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-08-08 14:51 x
チェリートマトの焼けた匂いが漂って来たよ。うっとり。この匂いが失せぬうちにコーヒー、コーヒーと慌てて立ち上がった朝。

このお友達、もしこの日記を読めたらさぞや感激するに違いなく。Miyukiさんって、なんとプレゼントし甲斐のある!

マフィン、私も挑戦してみようかな~。素朴なお食事マフィンというのに大きく心揺り動かされましたがな。

そうそう、前回お返事し損なってしまったのですが、フランスのそば粉のクレープは格別ですわぁ。クレープ屋さんは数あれど、やはり大昔にサン・マロのレストランで食べた味が忘れられまへん。
Commented by Miyuki at 2007-08-09 10:00 x
*マミィさん
お食事マフィンはお薦めです~! みじん切りした玉ねぎを飴色になるまで炒めたものなども美味かったっすー。パンと比べて少々油っこくなってしまうのが欠点ですが、型で楽しめるし、フランスのチーズや野菜を入れてと考えるだけでおいしそう~♪ お客さんが来たら、ブルーチーズを入れて一口サイズの……などと考えてますがどうかなあ。

あああやはり本場のそば粉は格別なのですな! うう食べたい、食べに行きたい。それも叶うならマミィさんのそばで、一緒に食べたいです。
Commented by まきりん♪ at 2007-08-09 14:38 x
お食事マフィン、カナダでは売られているのを見たことがないなあ。やっぱり甘いものに走ってしまう民族なのかも。

ラズベリーキャラメルマフィン、そのままパクっと食べてしまいたくなるほどおいしそう!それに、スモークサーモンとハーブ入りのチーズ、チェリートマトと地中海ヨーグルトというのもオシャレにつまめる軽食マフィンになりそう。カナダでも作って売ったらどうかなあ。
Commented by peartree22 at 2007-08-09 21:25
毎回思うのですが、Miyukiさんはまず、題をつけるのが上手い!上手すぎますよね。もう嫉妬しちゃうくらい。
そして、それ以上に作るマフィンの美味しそうなこと!食事マフィンとは、今まであまり思いつかず、私も甘いマフィンよりそちらの方が好きになるに違いないと。そして、買っておいたマフィンの型も買ったばかりのころ使ったままなので、使うチャンスかもと。
と・・・私の場合、実行に移せるのはだいぶ先になるに違いないのですが。この夏、もっと実行力をつけなくては・・・(ただし、3日坊主になる可能性大で、あー、もうどうしようもない私・・・)
Commented by Miyuki at 2007-08-10 08:54 x
*まきりんさん
お食事マフィンはこの付近でも見かけませんが、探せばどこかにあるんじゃないかなあ、と期待。だって日本よりマフィンが一般的だし。
カナダでも増えてくれたら、甘いものがそれほど得意じゃない人でも嬉しいですよね~。
Commented by Miyuki at 2007-08-10 08:58 x
*ちゃんさま
いやいや、実は「なんでこんなタイトルつけを始めてしまったんだ…!」と本人は後悔しておるです。おかげで過去日記を探す時、何について書いた日記なんだか、全然わからんのであります(涙)(阿呆)
食事マフィンという名が出てきたのは、それほど前じゃないような感じですね。ケーキ名人のちゃんさまなら、軽く作れてしまうことウケアイです! やってみて、やってみて~♪


<< 掴みきれない大きさで 伸びゆく枝の行き先は >>