残るものは昔ながらの

b0059565_146910.jpg
赤いトマトと黄色いトマト。
赤い方が含まれるリコピンの量は多いのですが、黄色いトマトのリコピンの方が、断然吸収が良いそうです。

おやつにぱくぱくと食べてしまうミニトマト。
いろんな色が入っているカゴが福袋のようで楽しいのですが、意外と甘いのが多いのは、オレンジ色のトマトだったりします。


* * * * *

【買い物】
b0059565_147639.jpg

Agave Nectar、アガベシロップ。
最初に名前を聞いた時は、「え、アガペー?」と思ったのだった。だって世の中愛だろう(違)




アガベの日本名はリュウゼツラン(竜舌蘭)。こう言われれば、ああ!と思う方も多いのでは。
サボテンかと思っていたら、ユリ目リュウゼツラン科というのがあるんだね。
メキシコ原産の観葉植物であり、テキーラやメスカルの原料であり、繊維もとれるという。ネイティブアメリカンにとっては、かなり身近な植物らしい。

このアガベの球茎から採取した液、それがアガベ・シロップ。
特長は、GI(Glycemic Index)値が低いこと。なので、血糖値を急激に上げることなく体内にゆっくりと吸収されるので、身体に優しい、ということだね。

また、甘さが砂糖の約1.2~1.5倍なので、使用量も抑えられる。糖尿病の方は勿論、ダイエット中の方にもお薦めの甘味料。

以上、びば☆ウケウリ・コーナーでした。(殴)


実際に口にしたところ、どんなものか。
まず、味に全然クセがない。メープルシロップや米飴は独得の風味があるけれど、これはほんとにクセがない。
そして米飴などよりさらっとしているので、料理その他に使いやすいよ。スプーンにくっついてとれない~、ということが少ないのね。

使い方は色々いっぱい。
ぱっと考えたところでは、パンケーキやヨーグルトにかけるシロップというのが一般的なのかな。
あと、こちらにはガムシロップがなくて、アイスコーヒーを作れないと嘆いていたそこのアナタ、これがお役に立つですよ。
勿論、パンやお菓子作りの甘味料として使ってもいいのだけど、そうすると液体量が増えることになるので、考慮しないといけないみたい。


今日の夕食のおかずにもう一品欲しくて、残っていたナスを乱切りに。
弱火でじっくり油炒めした後、塩と酢、そしてアガベを入れて味を付ける。自家製の紫蘇を散らして、ナスの甘酢炒めの出来上がり。
さらっとしてる分、早く馴染むので、砂糖を使った時ほどとろみがでないけど、その分早く出来上がるのも利点の一つ。
b0059565_14101984.jpg


* * * * *

【雑事】
この「血糖値の上昇」については、ビーガンやローフード、マクロビなどの情報を漁っていると、結構目につく。
例えばマクロビオティックの第一人者、久司道夫氏の意見では、20代女性の20%・30代女性の30%が、低血糖症であるという。特に彼が拠点としている米国では、その割合は更に多い、と。

彼の説明によれば、乳製品や動物性脂肪を摂り過ぎると、すい臓に脂肪がたまってくる。更にそれを菓子類や炭酸飲料で固めてしまうと、すい臓の機能が低下し、インシュリンは出せても、反インシュリンが出てこなくなる。
そうすると血糖値が下がり、甘いものが欲しくてたまらなくなり、手足の冷えが顕著になる。
なのでお菓子やジュースを余計に摂る羽目になり、結果、すい臓機能をより悪化させていく、という仕組み。

血糖が下がるとまずは無気力になり、アドレナリンの分泌を促すので、その後はカーッとなり、イライラする。
血糖が上がりすぎると興奮状態になり、ヒステリー気味になる。
現代女性の抱える問題の一つ、と氏は指摘する。

マクロビという観点から離れたところでも、低血糖症についての警告は徐々に増えているようで。米国では糖尿病が国民病でもあるので、その手の情報は豊富だ。
糖分を摂り過ぎることは、血糖値を始終上げっぱなしの状態にすることなので、血糖値を下げようとインシュリンを必死に分泌する為、すい臓が酷使される。それが低血糖症や糖尿病に繋がっていくというルートは、なかなかクリアーだ。
現代の子供がキレやすくなっているのは、この「糖分の摂り過ぎ→血糖異常によるイライラ」である、との意見もあるぐらい。


永田孝行氏が提唱して一時ブームになった、低インシュリンダイエット。各食品のGI値に着目し、それが60以下のものを食べようという内容。
だから例えば、米なら精白米より玄米、パンならフランスパンより雑穀パン、肉・魚介類はオールOK、野菜は芋類以外は大丈夫……カロリー計算では個人差が出る上、食欲を無理に抑える為、リバウンドもあるが、低インシュリンの食品を選んで食べるようにすれば我慢する必要はなく、リバウンドもない、という主張のもの。

それを逆手にとったような方法が、チョコレートダイエット
カカオ分70%以上のチョコレートを、1日に決められた量だけ、食前か食後に食べるというもの。この「食前に食べる」という方法で血糖値を素早く上昇させ、食欲を抑えようという理屈。
ビターチョコ大好きな私がついつい流されそうになる、大変魅力的で危険な誘惑。

と、いろんなアイディアはあるものの。問題はどんなものでも「過ぎたら毒」
ほどほど、バランス、過度に走るな。適度な量と栄養の範囲内であれば、砂糖でもジュースでもチョコレートでも、食べたければ食べて良い、と思いたい、なー。(ちょー希望的観測)


2ヶ月ほどダイエットを続けて、なんとか目標体重に達したものの、体型と体脂肪率にまだ不満が残ってた。
でも少しはペースダウンしてもいいだろうと、ある日、久しぶりにまとまった量のスナックを食べたら、そこで急に何かのスイッチが入ったように、全くブレーキがきかなくなったのだ。
なぜかスナックやお菓子を食べ過ぎると、途端に舌がピリピリと痛み出す体質になった私、この時も勿論途中で痛み出し、更にお腹はすでにいっぱいでパンパンに張って、身体はガンガン警鐘を鳴らしているにも関わらず、次から次へとお菓子を漁りまくり食べまくり。やめなきゃ、やめなきゃ、と頭の中では叫びっぱなしのまま。

あとでリバウンドしないよう、無理な食事制限やハードな運動なしの、ゆったりペースで続けた減量の後だっただけに、これには我ながらかなりのショック。更に2~3日後にまた同じことを繰り返し、自分のバカさ加減に、マリアナ海溝より深く落ち込んだ。
再び出っ張ってしまったお腹を抱えながら、今もダイエット継続中であることは言うまでもない。

自分に関して言えば、血糖値を急激に上げれば、かえって飢餓感がつのるらしい。そして、もっともっとと求めてしまう事態になる恐れは、120%じゃきかないらしい。
こういう人間には、アガベも大事な食材の一つだなあ、と遠くを見ながら虚ろに思う。


ちなみに、その後見ていたダイエット情報サイトで、こんな一言を発見し、頭から冷水をぶっかけられた。
「デブフードはデブフードを呼ぶのです!」
確かに嗜好品というものは、1回のつもりが2回、2回のつもりがもうちょっと……と、やめられなくなってはまっていく類のものだったな。
[PR]
by senrufan | 2007-07-31 14:05 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7230511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-08-02 16:48
あー、私のヒステリーもきっと食事にあるのだろうなぁと気付いてはいるものの、マクロビ本をめくりつつも、まずは乳製品や動物性脂肪の塊であるお肉をやめられなくって・・・。自己嫌悪、ときに「逆ストレスになっちゃうわぁ!」と半ば開き直り状態。本当に何事も過剰摂取はよくなくって、要はバランスが取れれば、無理してやめることはないわけで。(って、また意志が弱い私の言い訳が始まりました・・・)

と、話を変えて。アガペーって、知らなかったです。リュウゼツランといえば、もうアルコールのテキーラ♪チャンちゃらちゃちゃ、ちゃんちゃらっちゃった♪しか頭になかった私でした・・・。これ、でもすごく使い勝手良さそう。
あー、Miyukiさんとアメリカでオーガニックスーパー巡りしたいです!
Commented by すれっぢ at 2007-08-02 22:03 x
「デブフードはデブフードを呼ぶのです!」
いい言葉ですね~。ポテチを一枚だけ食べて止められる人、アイスクリームをひとナメで断ち切れる人・・・居たら仙人ですよね。わかっちゃいるけど、止められないっ!!
Commented by あつゆき at 2007-08-03 00:10 x
いつも勉強になります。
わたしよくこれって血糖値さがってるのかなあって思うことがよくあります。

血糖が下がるとまずは無気力になり、アドレナリンの分泌を促すので、その後はカーッとなり、イライラする。

まさにこれです。
困ったモンです。
Commented by frogfreak at 2007-08-03 00:27
アガベ・シロップってテキーラ味がするのかと思ったら、残念。(笑)
チョコレートと同じで食前にフルーツを食べるといいというのは聞いたことがあります。そっちのほうがヘルシー?
Commented by まきりん♪ at 2007-08-03 03:09 x
アガベ、初めて聞きました。ヘルスフード屋を覗いてみよう。

食事を節制していることによる心理的な影響があるようですね。
私も20代で同様の経験をしたことがあって、それを言い訳に節食しないでいます。(笑)
Commented by Miyuki at 2007-08-03 11:38 x
*ちゃんさま
ううん、それが当たりだと思うですよ。>バランス じゃあマクロビの人が絶対ヒステリーを起こさないかと言ったら、絶対そんなことはないはずだし(ちょっと舌を出しながら) 食事を中心に、生活内容それぞれ、個人に合った形があるはずなので、ね~。

うははは、そのメロディー、ぜひ今度動画で音付で! あ、フラ付で! 私は実は人口甘味料がとても苦手なのですが、これは自然の果糖なおかげか、とても美味しくて気に入ってます♪ オリゴシロップと同様、繊維もあるみたいですよ。ああ、ほんとに近所だったら(何回でも言う)(だって言ってれば叶うかも)
Commented by Miyuki at 2007-08-03 11:40 x
*すれっぢさん
ね、「そ、その通りだっ!!」と、思わず自分の背景に雷が落ちたです。
逆手にとって、「健康食は健康食を呼ぶ!」と唱えながら生きましょうか(笑)
Commented by Miyuki at 2007-08-03 11:43 x
*あつゆきちゃん
ほんとに気になるなら、一度血糖値を計ってもらうもの良いかもね。困ってるなら治すべく。マクロビ的食事療法も幾つかあるし、色々調べてみて~。
私も、自分のこの無気力とかカーッとなるとかを低血糖と思いたいけど、自分に限ってはただのワガママのナマケモノ体質だって知ってるんだ……(涙)
Commented by Miyuki at 2007-08-03 11:47 x
*frogfreakさん
わはは、テキーラ味の甘味料! 大人限定で! 飛びついて買いますそれ!
フルーツの方がGI値は断然低いので、身体には優しいでしょうね~。あと、酵素を摂る為に、果物を食べた後はしばらく他のものは食べないという、ナチュラルハイジーン主義とか。色々ありすぎて眩暈がしそう(笑)
Commented by Miyuki at 2007-08-03 11:50 x
*まきりんさん
もしアガベを買われたら、ぜひまきりんさん製お菓子でお試しを~♪

あはは、まきりんさんはそうおっしゃるだろうなあと思ってました。自分ではそれだけじゃないだろうと考えているのですが。何にせよ、身体が明確に拒否していることなので、これはコントロールしていくことを選びたいですね。
Commented by マミィ at 2007-08-03 17:24 x
へぇ、ほぉ、と昨日と今日と二度読んでしまいました。
あっかんベー・・・じゃなくて、アガベって全然知りませんでした。いろいろなものがあるんだなぁ。フランスでも手に入るだろうか。今度蜂蜜コーナーやBioショップを気をつけて見てみることにします。

無気力、いらいらなどが血糖値のせいなことも!?おぉ!更年期のせいとあきらめていたんだけれど、誕生日の朝に光が差した!

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-08-04 03:47
※いつも長ーいコメントですみません。。

このブログを見た後に Whole Foods に行ったら同じ商品を発見して嬉しくなりました☆「あ、Miyuki さんだ!」って(笑)テキーラの原料はサボテンだと思ってました。Miyuki さんはいろんなことをご存知でいつも勉強になります。

そして、、、興味深い「血糖値の低下」現象。乳製品も動物性脂肪も過剰には摂ってないと(自分では)思っているのですが、血糖値低下の症状、当てはまります。甘いものが無性に欲しくなる、手足のひどい冷え症、無気力、イライラ。インシュリンダイエットも一時期異常なほどGI値を気にしすぎて、何も食べられなくなりました。当然ダイエットも「過ぎたら毒」ですね。

Miyuki さんのようなステキ健康指向の方でも暴飲暴食のスイッチが入っちゃうことがあるんですね。私もその衝動を抑えられなくなることがありますが、、、が、がんばって買わないようにしています。
Commented by Miyuki at 2007-08-04 08:32 x
*マミィさん(はぴば、あげいんvv)
フランスなら、また面白い食材が目白押しなのでしょうなあ♪ ああ行きたい、フランスの朝市。バックに聖堂があるところがベスト。

姉さまの生活に一筋の光をあてられたならば本望でございます。
と言いつつ、私は逆に不安になってきました。そうだった、私のバアイ、プレ更年期の可能性も(悶々)
Commented by Miyuki at 2007-08-04 08:54 x
*shinaさん
コメントいただけるだけで感激なので、長ければさらにご褒美気分。(真顔)

わははっ、私が棚に並んでましたかー! じゃあ私はshinaさんを探しに、ブラシコーナーに行かなくては!(爆笑)
や、私こそ、テキーラはサボテンだと思ってたです。アガペのおかげで勉強になりました。ほんと、知らないことだらけで、いつも自分の無知ぶりにはうちのめされ。で、3分後には立ち直る(殴)

おお、あのダイエットのご経験が! ああいう数値で見せられるものって、頭から離れにくくなりますよね。順調に進んでいるうちはゆったり構えられていても、停滞期に入ったり嫌なことがあったりすると、すごく気になってきたりして。
私はお菓子ジャンキーで育ってきて、ようやく体質や好みが変わってきたのもここ1~2年のことですから、まだまだ芯にはジャンキーな私がいるのです(笑) そう、買わないのが一番、手の届くところにその手のものを置かないのが予防ですね!
あと、甘いものが欲しくなったら、玄米ご飯を少量、ゆっくり噛んで食べるとか、甘い野菜を煮たスープを飲むとか……と、手元の食養生の本を読んで学んでるところでございます。お互いがんばりませう~♪
Commented by マクロビオンライン at 2007-08-15 22:41 x
体にいいこと間違いないですね。
Commented by Miyuki at 2007-08-16 06:28 x
*マクロビオンラインさん
そう願ってます♪


<< August・Aout・8月 和洋折衷の醍醐味を >>