共に歩んだその年月を

National Day (Belgium)

* * * * *

【雑事】
b0059565_10283728.jpg

「ハリー・ポッター」シリーズの最終巻である7巻、本日発売。
この日が早く来てほしかったような、まだ来てほしくなかったような。1冊の本の発売に、これだけ世界中が一喜一憂することは、もう滅多になかろうなあ。



前回と同じくCostcoに行き、山積みされたCDの箱から1つ手に取る。この表紙やケースのイラストも、毎回趣きを変えていて、それもささやかな楽しみの一つだったな。
店員のお兄さんが本を手に、「Harry Potter! Good price!」と呼ばわっていて。
本はAmazonが安いけど、うちが買うAudio Bookは、確かにCostcoの方がぐっと安いのだ。正解だぜお兄さん。(親指立て)


駐車場で早速ビニールカバーを取り去り、家に帰りがてら、車でCDを聴き始める。我が家ではすっかりお馴染みとなった、Jim Daleの深みのある声が流れていく。

7巻のCD、全部で17枚、時間にして21時間。これから延々と聴いて聴いて、最後に行き着くのは何日後か。
またまたその日が早く来てほしいような、ほしくないような。


しかし私は残念ながら、ずっとプレイヤーの前にいるわけにはいかないわけで。こうやってPCの前に座ったり、夕食の支度などもしなければならないわけで。
その間にお嬢は、がんがん一人で聴き進めていく。途中退席しなくてはならない私への配慮など、皆無に等しい。
さっきも、ちょっと外の空気を吸いに行ってくると言って、ウォークマンでCDを聴きながら散歩に行っちゃったし。(こらああ持っていくなああ)

まあそれだけならいいんだが、問題は区切りのいいところで部屋から出てきては、「ママ大変!」と内容をバラしに来ることで
やめてくれええ、私はネタバレなしで聴きたいんだああ、と抵抗するも、彼女も早く誰かとその興奮を分かち合いたくてうずうずしてるので、耳をふさぐ私の手を押しのけながら、「あのね、クリーチャーがねーっ!」と強引なことこの上なし。

おかげで私が一人で聴くよりも数倍の早さで、7巻の中身を知りつつあります。
ああもういいよ、どんどんネタバレしてくれよ……(逃げ回るのに疲れた)

------------------

聴き終わる前に、こんなハリポタ・トリヴィアなど。


『Harry by the Numbers』

2 = 未撮影の映画の数
7 = ヴォルデモートが持っていると思われる、ホールクラックスの数
17 = J. K. ローリングがハリー・ポッターの話を思いついたのは17年前
17 = 第7巻でのハリーの年齢
21 = 第7巻のオーディオブックのトータル時間
41 = J. K. ローリングの年齢
63 = ハリー・ポッターが翻訳された言語の数
230 = J. K. ローリングが1分あたりに稼ぐ金額(単位:$)
4,178 = ハリー・ポッターの本のトータルページ数
16,700 = 初版に使われた紙の重さ(単位:トン)
400,800 = 初版用の紙の為に使われた木の本数
2,500,000 = J. K. ローリングの資産で買える、Alvin's wandsの数
75,000,000 = J. K. ローリングが2005年に稼いだ額(単位:$)
325,000,000 = ハリー・ポッター本の販売総数
500,000,000 = 今までの4本の映画の制作費(単位:$)
3,538,297,759 = 今までの4本の映画の興行売上(単位:$)
      
* * * * *

【個人的事情】
b0059565_1054263.jpg

「ハリー・ポッター」の第1巻が英国で発売されたのは、1997年6月26日のこと。
作中で経過した年数は7年であるが、本の発行は最終巻の2007年7月21日まで、足かけ10年に渡ったことになる。

以前にも書いたけど、病院のボランティアをしていた頃、一緒のグループにいたおじいちゃまに見せられたのは、TIMEのハリポタ特集記事。1巻がアメリカで発売され、ベストセラーになったことをうけ、ローリングのインタビューや経歴紹介がのっていて、彼女がシングルマザーで、爪に火を灯すような生活の中で書き続けたというエピソードが、深く心に残ったもの。

お嬢が6歳の時に、ハリー・ポッターを紹介して。テープを聴くことから始まった彼女は、今では立派なポッタニアンの一人。
特に最初の頃のはまり方はかなりのもので、テープを一通り聴いた後、2回目になると、どのシーンでテープを切っても、その続きがそらで言えるほど。改めて子供というのは、好きなものに発揮する集中力は大したもんだと実感した覚えがある。(放り出された数学の宿題をにらみつつ)

6巻分の本とオーディオブック、日本語版。これに今日、7巻のオーディオブックが加わって、数ヶ月後に7巻のペーパーバックと日本語版が仲間入りすれば、それで我が家のハリポタコレクションは完了となる予定。
まさか全巻、アメリカで自分で買うことになるとは、前巻が発売された時点では、正直思ってもいなかった。


10年という歳月は、誰にとっても短いものではなく。
作者のJ. K. ローリングにとっても、生活の激変は勿論のこと、再婚・妊娠・出産という私生活の大きな転換期にも相当し。
そんな中で共に歩み続けたハリー・ポッターとその世界を、ライフワークと言うには簡単だが、今後の彼女の活躍にも期待する身としては、まだそう呼ぶには早すぎると、口に手をあてる。

恐らくネットや新聞には、7巻のレビューや感想がすでに沢山寄せられていることと思うけれど、きっと喜びの声だけではないんだろう。
どんな小作品さえも、受けとめ方と感想は、それを読んだ人の数だけあるはずで。そして他人の感想に批判の声をあげることは、本来正しいことではないはずで。
だから私は私なりの感想を、読み終えた時に抱くのだろうけれど、ただ一つ危惧するのは、「納得できる形の終わり方」であるかどうか。
それもまた、百人いれば百通りの、千差万別のものであるのは承知の上で、それでもできたら、と願っていること。

しかしそれ以上に、例え100人のうち、99人までが幻滅しても、ローリングが納得する形であるかどうかが、より気にかかる。創作品というものは、最初から最後まで創り手のものだと思うから。
彼女にとって、この10年という年月がどういうものであったのか、そしてハリー・ポッターがどういう形で存在したのか。その片鱗を垣間見ることを期待して、7巻を読み終えた後に、彼女のインタビューを初めて読んでみようと思っている。


奇しくも3日前の水曜日は、お嬢と私の10年目の渡米記念日でありました。
[PR]
by senrufan | 2007-07-21 10:27 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7170382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-07-23 12:57
恥ずかしながらハリーポッターの原作を読んだことがありません。。CDって、声とかナレーションで語られる小説ですか?!そんなものまであるなんて知りませんでした!(お譲様と聞かれているのは英語・・・ですよね。。?)

小説、そして著者に対するお考え、共感しました。人気が出れば出るほど世論は賛否両論。でも、読後の感想を声を大にして批判という形で著者にぶつける行為が行き過ぎるのはどうなのかと。でも、そんな中10年間も頑張ってこられたJ. K. ローリングという方への賞賛として、ハリーポッターを読んでみたくなりました。Mountain ViewのMiyuki図書館にお邪魔する日がくるかもしれません(笑)

渡米10年!おめでとうございます♪ファンの1人として、益々素敵で刺激的なブログを楽しみにしております。
Commented by usayamama at 2007-07-23 22:45
ハリーポッターの最終巻の発売、どこの国でもお祭りのような騒ぎでしたね。日本では日本版の発売が来年だそうだから、その頃にもう一度大騒ぎがありそうですね。
ニュースで色々な国で熱狂している人々を見ると、だんだんその理由が知りたくなって来た今日この頃。
映画も本も一度も見た事ないから、日本語版が出たら一気に読んでみようと思っています♪
渡米十年おめでとうございます。きっと色々なご苦労を積み重ねての十年だった事と思います。
ブログを通じてですが、みゆきさん応援しています♥
Commented by frogfreak at 2007-07-24 01:03
ハリーポッターの最終巻。発売のニュースでどこも持ちきりですが、無視を決め込む私。だって、6巻を読み始めたばかりなんだものぉ~。プレッシャーが・・・。
でも、終わりが見えてくると、6巻を読むことすら感慨深く感じたりもします。今まで、英語版を読みながら、前半は睡魔との毎日、後半、面白くなると寝る間を惜しんで読書なんてパターンを繰り返しながら、読んできました。英語の本なんて自分で読もうと思ったのはハリポタぐらいです。それが終わっちゃうのかぁ。どんな結末になり、どんな感想を持つのかは分かりませんが、6巻7巻を楽しんで読みたいですね。

CD!いい案ですね。次回からはその手だな・・・♪
Commented by シーラ at 2007-07-24 08:01 x
Miyukiさんも10年、ローリング女史も10年、私も田舎移住10年(ちょい)それぞれの十年なんだなぁなんて思いました。
ローリングさんのハリーを生み出した経緯って、シングルマザードリームよね!
元シングルマザーとしては素敵だなぁって、どこか心の隅で私も何か生み出したい・・・なんて思ったりします。

Miyukiさんも、こうして文章書く方だから、作者への目線が優しくっていい感じだよね^^

CDブックって馴染みがないけど、耳で読むのって味わいは違う?
Commented by Miyuki at 2007-07-24 11:49 x
*shinaさん
いえいえ、全然恥ずかしいことではないですよ! 本ってやっぱり好みのものを読むのが一番だし、ファンタジーは好き嫌いが分かれる分野ですもんね。そう、朗読CDなんですよ~。英国の俳優さんが、なんとほぼ全員の声を使い分けながら読み進んでいくという、すんごくアーティスティックな(笑) そしてはい、英語でございます。なので私は細かいとこはわからないんですが(爆)、英文を読むと吐き気をもよおす体質なので、耳から入れるしかないんですよねー。(真顔)

ああ確かに、ここ最近、ますますその傾向があるかもしれませんね。ネットのおかげで、匿名で意見を言いやすくなりましたし。ましてやローリングほどの有名人になれば、どれほどのことかと思います。もし読もうと思われたら、いつでもご利用下さいませ♪

温かいお言葉、ありがとうございますうう。でもほんと、恥だらけの10年なので、実は言いたくなかったんですが(おい) shinaさんならきっと、私の何倍も充実した10年を過ごされること、間違いなし!
Commented by Miyuki at 2007-07-24 11:53 x
*usayamamaさん
ほんとにすごい大騒ぎで!(笑) ニュースを見ながら、最終巻を読んだ後、この中のどれだけの人が笑顔で拍手できるのかなあ、と思って見てました。
うささんなら、きっと一気に読んでしまわれますね! ファンタジーはどうでしょ、お好みに合いますか?
恥ずかしい限りの10年に、いつもながらの優しい言葉を本当にありがとうございます(感涙) この10年で、家族で唯一成長しなかったのが私でございます……
Commented by Miyuki at 2007-07-24 11:58 x
*frogfreakさん
うん、無視無視! まずは6巻読んでいただかなくては!
確かに、これで終わりかと思うと、感慨ひとしおですよね~。英語が堪能なfrogfreakさんは別格ですが、英語アレルギーの私でさえ、英語で読むしかないと思いつめさせたハリポタ(…)、楽しい10年をありがとう、という気持ちです。
CD、良いですよ~♪ 旅行の時は特に重宝。ただしこれも向き不向きがありまして、今までトライした7割の方は、運転中に眠りそうになったということなので(事実)、frogfreakさんの体質に合うことを祈ります。
Commented by Miyuki at 2007-07-24 12:06 x
*シーラさん
おお、富士山眺めて10年ですか! どですか、振り返ってみられればあっという間? でもシーラさんのことだから、きっと中身のぎっしり詰まった年月だったんだろうなあ。そんな貴女なら、これからも何かを生み出せるに違いない。(きっぱり)

や、私は何も創作できないので、その分なにかを創ることのできる人への尊敬の念が強いのですよ。シーラさんの詩とか、私からしたら、創ってくれてありがとう!と言いたくなるんです(笑)

CDブックも映画のように、最初に読書から入ると、もしかしたらイメージが異なるところでつらいのかもしれませんが、視覚をも限定してしまうより、遥かにこちらの想像の余地が残されているので、私は大好きですよ~。


<< 変わらないことへの安堵と落胆 渡る世間に裏表示 >>