最後は努力が物を言い

Battle of the Boyne Day (Ireland)
Bank Holiday (Northern Ireland)



お嬢の友達が遊びに来た時、何となくそのまま玄関を閉めずに、網戸のままにしておきました。暑かったし。
そしたらしばらくして、「Knock, Knock!」という、やたら元気のいい声が。

げ、やべ。押し売りか宣伝か宗教か勧誘の類だ。

以下、彼の声と私の生声&心の声でお送りします。

-----------------------

「やあ、元気? 僕はリチャード、よろしく! 今、コミュニケーションの勉強の為に、この近所を周っているところなんだ」

なるほど、押し売りだな。

「夏休みって、こういうことができるから有意義だよね、Hahaha! さあ、まずは握手させて!」

夏休みって、こういうヤツが来るからいやなんだ。
「えーとごめんなさい、私は英語が苦手だから、あなたの勉強の為にはならないと思うのよ」
「え、そんなの気にしないでいいよ! これも僕の勉強になるから平気だよ」

私がいやなんだ、私が。

「大丈夫だよ、怪しい者じゃないから。ほら、こんなライセンスもあるんだよ。勉強してクレジットを貯めて、さらにステップアップをするために……(色々とカードや証明書を見せて説明)」

そのライセンスの発行者のセンスを疑う、というか、んなもんチラッと見せられただけで、本物かどうかなんてわかるかい。

「でね、もっと経験を積んでクレジットを貯めれば、あちこち旅行にも行けるようになるんだ!」

それに私が付き合う義務はないと思う。

「だから協力してもらえるかな? ほら見て、この雑誌を講読してくれれば300ポイント、こっちの雑誌なら500ポイント……(パンフレットを見せながら)」

やっぱり押し売りじゃないかてめえ(怒怒怒)

「どれも結構よ」
「え、なんで!? だってそうすれば僕のポイントになるんだよ!?」
「うちが欲しい雑誌はすでに講読済で、これ以上欲しいものはないから」
「えー、お願いだからちょっと考えてよー。協力してくれないかなあ」
「ごめんなさいね」
「あーあ、じゃあ他の近所の人のところに行くよ。バイバイ(ふくれっつら)」

コミュニケーション能力ゼロ以下、と判断。
そっと中指立てて彼を見送った後、思いっっっきり強く玄関のドアを閉めました。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_12521746.jpg

何度も言ってしまっているけど、お嬢と私はアメリカのパンも大好き。
パサパサしてて美味しくないとの声が日本人の間では多いけれど、あの素朴さと、噛みしめることでわかる味が好き。
油脂を使わず、美味しい粉と水だけで、バリッとざっくばらんに焼き上げる。そんなパンが特に良い。顎関節症には辛いけどなー。



そしてベーグルも、勿論大好き。
日本にいた頃は、まだそれほど見かけなかったベーグル。こっちで数回買って以来、すっかりファンになったよ。
メジャーなベーグルショップで買っても良いし、ベーカリーごとに試すのも楽しい。単品で食べても、サンドイッチにしてもOKという重宝さ。
だからパン教室でベーグルを教わった時は、大喜びしたもんだ。

だったんだけどね。

ベーグルの魅力は、中がもちもち・外がぱりぱり、というところにあると思うんだが。
残念ながら教わったレシピは、なんというか日本向きで。成型が簡単な分、むしろふわっとした食感が勝って。
それはそれで美味しいのだけど、やっぱりあのchewyでcruncyなベーグルが恋しくなって、ついつい市販のものに手を出して。なんか悔しいと思いつつ。

調べてみたら、ベーグルのあの食感を出す為には、茹でるという工程は勿論、成型方法も大事らしい。
パン生地をいじる時、痛めないように手早く形を整えることが重要なのだけど、ベーグルの場合、むしろねじってひねっていじめることで、あのみっちりと詰まったクラムを作るんだね。
なるほど、苦難の歴史を背負うユダヤ民族のパンだけあって、M向けという面もあるんだな(激しく誤解)(むしろ侮辱)


なので、とうとう買ってしまったよ、ベーグルの本。こちらの本も見たんだけど、材料の量に眩暈がするのが多かったので、まずはこっちで基本から。
最初はプレーンベーグルから練習だ。

粉とイースト、塩、砂糖、そして水。ボールで混ぜてひとかたまりにした後は、こね板の上でひたすらこねる。
ここのところ、門間みかさんのレシピばかりでこねていたから、改めて油脂が全く入らない生地の固さがわかる。いつもなら10分もしないで出来上がるのに、今日は満足できる生地のレベルになるまで、20分はこねたかな。

そしてしばらく生地を休ませた後、いよいよ問題の成型に。
生地を円形に伸ばした後、まずはぐっ、ぐっと巻いて棒状にし、それから細長く伸ばしていく。そして両端を繋げて輪っか状にするんだね。
確かにこのやり方が最もポピュラーらしいが、問題は繋げた部分。しっかりくっつけないと、その後の発酵ではずれちゃう。そしてこの部分が上手く形作れるかどうかで、ベーグル自体の輪のきれいさも決まるわけで。

4個作って、どれも四苦八苦。なんでこう不器用なんだ(涙)
でもこうやって生地をいじめた分、きっと美味しいベーグルになることと。(ぽじてぃぶしんきんぐ)

発酵を終えて熱湯で茹でて、そのままオーブンで焼くこと15分。おお、なんか見た目はベーグルっぽいぞ、って当たり前だ。
お嬢が帰ってきたら早速試食しよう。


2人でいそいそとスライスして、ぱくっと一口。ぐぐっと感じる歯応えと香ばしさ。
お嬢を見ると、もぐもぐと口を動かしながら、私に向かって親指を立てている。
第一弾はなんとか成功。これから粉を変えたり具を入れたり、本を見ながら2人であーだこーだと、食べたいベーグルについて話したよ。


ところで、お嬢がクッキングキャンプから持ち帰ったお土産が。今日のメニューはプレッツェルで、彼女もイーストを使った生地に挑戦してたんだって。
カバンから出した袋に入っていたのは、オリジナルなものだけでなく、かたつむりと三つ編みリングのプレッツェル。

上手いじゃないか。(驚愕)

これは先生に教わったの? え、なに、自分で考えて作ったって?
好きな形にしていいと言われたからって、だからってなんでこんなのが作れるのアンタ。

「や、でも思ったよりずっと簡単だったよ、イースト生地って

簡単だとう。(衝撃)



ただの輪っかで苦労する私と、粘土細工で鍛えられた指の差は、あまりに大きいものらしい。
ちょっと落ち込んでみた、夏の午後。
[PR]
by senrufan | 2007-07-12 12:49 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7110486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2007-07-14 22:25 x
ついにベーグルまで・・・・涙。いきつくとこまで行っておしまいっ!!
昔(といっても16年ほど)日本でベーグル売ってるとこ、少なくてみつけんの苦労しました。明治屋が週に一回売ったりしてたような記憶が・・・

押し売り、ウルサイですよね。あと電話勧誘・・・最近は録音でやりやがるやつまで登場し、やってる会社爆破してやろうかと思います。
Commented by さく at 2007-07-14 23:54 x
さすが嬢ちゃん、器用だねえ。(感心)
この間いただいたベーグルもおいしかったよ。
うちの母がアメリカに来て、何がハマったって、このベーグル。
でもグルテンがすごいから、糖尿予備軍はあまり食べられないんだけどね。(涙)

その雑誌売りの若者、うちも2−3回きたよ。
何かみんなテンション高いの。
最近はピンポンには一切でないようにしています。
ま、昼間家にいる事も少ないんだけどさ。
Commented by Miyuki at 2007-07-15 12:50 x
*すれっぢさん
行きますともさ、どこまでもっっ!! 食い気の道は無限大!
私も日本ではほとんど経験することなく渡米してしまいました。明治屋、うん、あそこならありそうですね~。

爆破、大変前向きにお手伝いさせていただきます。アリバイ工作など大得意ですがどうですか(大真面目)
Commented by Miyuki at 2007-07-15 12:54 x
*さくさん
えへへ、実はあの時持って行ったベーグルなのさこれ。何日分の日記をためてるんだかな。とんでもないよね!(他人事)
そなのよ、実はGI値が高いんだよね、ベーグルって。今、このGI値が気になっててさ、色々見てみてるんだけど、難しくて良くわからんよ(涙)

網戸にしてたのが敗因だよね~くそう。うちももう何人目かなあ、って感じ。でもあのテの商売って、テンション高くして、相手につけいるスキを与えない、というのがマニュアルに書いてあると思う。いやはや、ご苦労さんだ。
Commented by usayamama at 2007-07-16 22:03
ふふふ、そちらの押し売りは日本とは随分違いますね〜。
妙に明るくて、テンション高そう・・・。
でも、押し売りは迷惑、これはどこの国でも同じですよね〜。
そして、ベーグル!私の大好きそうな・・・、みっちり、もっちりしてそうな。
私はカナダでベーグルの素晴らしさを実感してハマりました。
日本でも、みっちり、もちもちベーグルが簡単に手に入ればいいんだけど、なかなかこれが・・・。
Commented by Miyuki at 2007-07-17 07:38 x
*usayamamaさん
ぜひうささんにも体験していただきたい、こちらの押し売り!(笑) なんかね、口達者じゃなきゃ生きていけない米国の真骨頂って感じです。
おお、ベーグルをカナダで! それは良い体験でしたね~。日本向きベーグルも美味しいですが、人気の火付け役になった北米版、やっぱり一度食べてみる価値あり。
で、BAGEL & BAGELはいかがでしょうか? NYスタイルとうたって、関東にあちこち支店があるベーグルショップ。友人がここのはお勧め、と言ってたのですが。

http://www.dreamcorp.co.jp/bb/index.html


<< 海を越えて広がる力 中に潜んだ美を >>