口という器官の働きは

スコーン。あのお菓子のような、ホットビスケットのような。
英国のアフタヌーン・ティーに欠かせない存在。

このスコーンを作る過程に、”rub in the butter”というのがありまして。要はバターを粉類の入ったボールに入れ、指先でこすりあわせるようにして粉に混ぜ込み、ぽろぽろの状態にするわけですね。

時間もかかるし指も疲れるので、ガーッとフードプロセッサーでやってしまえばいいわけですが、実は私、あのすりこむ感触が好きでして。どうもやはり自分の中でお菓子やパン作りというものは、幼稚園時代の泥饅頭と粘土細工の延長にあるように思うのは気のせいでしょうか(聞かれても)
今はそれに、”ボケ防止”という目的も加わったような気が。

ということで、今朝も朝食用にすりすり混ぜ混ぜと生地を作り、ボールから手をはなして、指の間についた生地を落としていた時、ふと、

爪の間に残った生地はどうしよう。

と悩んでしまった自分がいました。



A. 食べ物は一粒たりとも無駄にしちゃいけません。生地に入れなさい。

B. そんな汚そうなものを家族に食わせる気かてめえ(怒)


* * * * *

【レストラン】
b0059565_14571226.jpg

友人2人とのランチ。
新しくできたチャイニーズに行く予定だったんだけど、一人が、先日行ったスペイン料理の店がいいと主張して。
あ、その店、私もずっと行ってみたいところだったんだ。よし行こうよ、行ってみよう。(すぐ流される)



隣の市のダウンタウンにあって、いつ見てもお客さんでいっぱいの場所。表にテーブルが幾つか出てるんだけど、冬でもそこまでいっぱいでね。まあ、肌の構造が違う人達ということもあるんだが(……)、とにかく一度試してみたかったところなんだ。

スペイン料理のTapas
なんのことかと思いながら(脳裏にはタコスを思い浮かべながら)聞いてみたら、おつまみという意味で、小皿料理のことだそう。
なのでメニューを見ると、「Tapas」という範疇にスープにサラダ、肉料理まで入っちゃって、「Larger Plates」にパエリアなどの大皿料理、という分け方になっていた。

ウェイターのお兄さんはしきりにサングリアを勧めたけど、こちとら運転しなきゃいけない身なのでお断り。
持ってきてくれたハーブ入りのほかほかパンを食べながら(うまい!)、Tapasのあれこれを頼むよ。それから大皿もね。

サラダはRoasted Pear & Beet。グリーン類にしっとりしたビーツとしゃきしゃきの洋ナシ、ナッツに甘めのドレッシング。ビーツって実はまだ料理したことがないけど、いつの間にかすっかり好物。
シーフードからOctopus。ギリシャやスペインだとタコを食べるんだよね。口に入れた時は「ありゃ、固い」と思ったけど、噛むうちにふんわりで、なんというか歯応えのあるマシュマロみたいな感じ。面白いなあ、どうやって調理してるんだろこれ。

ベジタリアンからEggplant Tian。ムサカみたいな一皿で、焼いたナスとチーズの重ね焼き、トマトソース和え。
そしてはずしたくないパエリヤはPaella Cascal。チキンもポークもエビも貝も、いっぱい入ってるのが当たり前さ。種類をとって栄養もとって。

どれもこれも美味しかった。人気がある店なのがわかるよ。店内も明るい色彩で高い天井、良い感じのポイント色々だよ。
あえて言えばパエリヤだけ、ちょっと塩辛さがきつかったかなあ。でもこれは、私達の好みなだけだから。


デザートも勧める気満々のウェイターさんから逃れて、お気に入りのコーヒーショップでゆっくりと。
や、あのレストランは良かったんだけど、隣のテーブルのお姉さまがね。

しばらく来ない相手を待ちながら、ずーーーーっっっと携帯でしゃべりっぱなしなんだよね
終わったと思ったら、またすぐ次をダイヤルして。

例えばこういうレストラン。スーパーのキャッシャーの列。運転している時にまで。
まるで、ゲームボーイを持たずには椅子に座ってられない子供のように。
誰かと話さずには時間を過ごせない人達のことについて、ひたすら話し続けた私達でありました。


しかし彼らって、携帯がない時代は一体どうしていたんだろう。(素朴な疑問)


Cascal
400 Castro St.
Mountain View, CA 94041
[PR]
by senrufan | 2007-06-13 14:54 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6981045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2007-06-15 22:19 x
で、爪の間の生地はどうなりましたか?煎じて誰かに飲ませた(笑)
これまた美味しいそうな、写真が・・・うが~!!
Commented by Miyuki at 2007-06-16 12:42 x
*すれっぢさん
泣く泣くディスポーザーに流しながら、爪を切っておかなかった自分を呪いました……粉の一粒、血の一滴(大嘘)
煎じて……カナダに送りましょうか。(真顔)


<< 奥深くまで香るもの 緩急つけて歩いていこう >>