海の恵みを味わう坂道

【雑事】
エキサイトブログ表示不具合について

ここのところ、ブログに大変アクセスしづらい状況が頻発し、こんな僻地をわざわざ訪れてくれている友人からも、コメントが書けない・アクセスできないといった話を耳にしておりました。
私のブログがへっぽこすぎてキックアウトを食らったかと思ったのですが、どうやらエキサイト全般に渡っている様子。

今日になって、エキサイトから報告がありましたので、一応ここに載せておきます。こんな事情。こんな現状。
14日のメンテナンス以降の回復を祈るのみ。南無南無。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_14491992.jpg

サンフランシスコといえば、フィッシャーマンズワーフに代表されるごとく、シーフードも名物の一つ。
友人一家では、ダンジネス・クラブが解禁になるとサンフランシスコのレストランに繰り出す、という家もあるぐらい。
ロブスターも良し、ブレッドボウルに入ったクラムチャウダーも良し、屋台もレストランも、エビやカニを楽しむ人々でにぎわう。

はずなんだけどな。




なんと我が家では、渡米してから約10年、一回もこちらでカニを食べたことがない。ロブスターも1~2回のみ。
なぜかというと、旦那がエビ・カニ・ウニが苦手でね。海辺で育ったくせになんという体質。だからうちでも食べられず、旦那がいない時や外食をねらって食べたりしてたんだ。

ところが、そんな旦那が取引先に連れられて行ったサンフランシスコのシーフードレストラン。そこで食べたカニがめちゃうまで、彼が丸ごと一匹食べ切ったそうなんだよ。
彼が大丈夫というなら、さぞかし美味かろう。思いっきり期待しながら、家族で初めて「サンフランシスコでシーフードの夕べ」に繰り出したのさ。


ごみごみしたサンフランシスコの街中、ビルの3階にある店。夜景には縁はない。エリアとしてはNob Hillか。
ほとんど満席状態で、待っている人達もいて。予約しておいて良かったよ。

カニは一人一匹注文だ!と主張する旦那を押しとどめる。何年たっても、お嬢と私の胃袋の具合がわからん人だ。
カニは2匹あれば十分として、前菜も色々とろう。おいしそうなもの、いっぱいあるよー、迷うよー。Euro-Asian Restaurantとなっているだけあって、ベトナムや東南アジア系のメニューが目立つ。

生春巻クラブパフロブスターの春巻。そしてシンプルにグリーンサラダ
ライス春雨がぎっしりの生春巻。
クリーミィなカニのすり身を包んだクラブパフは、口に入れるととろけるよう。
ロブスターいっぱいの揚げ春巻には、苺とキウィのソースが良く合うよ。
グリーンサラダには、洋梨のスライスのフルーツソースかけなどが添えてあって、2~3種類の味が楽しめるようになっている。

b0059565_14514352.jpgb0059565_1451539.jpg

ウェイターさんがビニール製のエプロンを、一人一人に結んでくれた後は、待望のカニ。
ちっちゃいフォークと大きいフォーク、殻割り道具と殻入れと、何枚ものナプキン。
準備は万端、さあ食べよう!

カニでもロブスターでも、どうしてああいう”ほじくり系”の前に、人は皆、無言になるのか。甲羅の裏のカニ味噌から始まって(うまうまーっ)、次々と足を手にとっては、バキバキと砕いて必死に中をほじくる。
や、私はちゃんとほじくったよ。旦那は直接口を当てて吸い出してたけどな。
お嬢もフォークにさした身を、たっぷりとガーリックバターとブラックペッパーに浸しては口に運ぶ。手がベタベタだけど構っちゃいられない。

こちらで丸ごとロブスターやカニを食べようとすると、やっぱりガーリックバターになるのかな。
それも美味しいんだけど、しばらく経つとクドくなるんだよね。日本人としてはポン酢や醤油系のソースもあれば嬉しいんだけどなあ。

ガーリック味のエッグヌードルもまた美味しく、カニの合間にいっぱい食べて。終わった後は、はふ~っ、と椅子の背にもたれかかる。
そこにさっと差し出された、温かいお手拭き。おお、これこれ、これが欲しかったんです、ありがとう。

デザートには、マンゴーチーズケーキと、チョコレート・ブレッドプティング。これも一気に皆の胃袋に消えちゃった。
あーあ、食べ終わっちゃったなあ。残念だなあ。
b0059565_14534848.jpg


店を出る時、改めて見回してみたら、日本人がかなりいた模様。見るからにゴルフ帰りであろうという団体さんまで。
道理で最初に、「日本語のメニューの方がいいですか?」と聞かれたわけだ。きっと日本人間で有名なとこなんだろう。


とりあえず、明日の朝の体重測定はやめておこう。
小心者とのそしりは、甘んじて受けます。(ハンカチを噛みながら)(膨らみきったお腹を抱えながら)

しかし明日、この何万倍もの数のカニを目にすると、この時点で知っていたら。
きっと間違いなく、今日のカニツアーは延期になったであろう。


Crustacean
1475 Polk Street
San Francisco, CA 94109
[PR]
by senrufan | 2007-06-09 14:46 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6969812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiyo at 2007-06-12 15:12 x
ガーリックヌードル以外もおいしそうなのがいっぱい。クラブパフは食べてみたくなっちゃいました。でも最後のあの意味深なあの文は何?何?気になるじゃないですかぁ~。明日電話しようかなぁ、、、
Commented by すれっぢ at 2007-06-12 22:30 x
いや~、行けもしないのに思わずメニューまで確認しちゃいました。(笑)
本分になんだかどっかーんと余白があるのですが、写真がもしかして表示されてないのかな??だとしたら、その方がいいかも。(笑)見たらもっと食べたくなっちゃう。
Commented by マミィ at 2007-06-13 01:07 x
海辺で育ったご主人、遂に目覚めましたなっ!
そちらはシーフードの宝庫。本当に美味しそうで立派な蟹ですねぇ。
ノルマンディでもこれほど立派ではありませんが、手軽に美味しい蟹を買うことができます。先日の夕食は「蟹」だけ。二人で黙々とほじほじし、むしゃむしゃ食べました。二人共通の意見は「お客さんに蟹はおもてなしできない」ということ。会話が途切れるし、食べている様はひとさまにお見せできるようなものではないので、ははは。
Commented by すれっぢ at 2007-06-13 11:32 x
あらら、入り直したらちゃんとカニさんが写ってるし・・・夕飯の後で良かった。(笑)このカニさんは茹でただけでしょうか?
Commented by Miyuki at 2007-06-13 12:14 x
*kiyoちゃん
うん、またぜひ行ってみて~! というか、一緒に行きたい。あれこれ食べたいものが一杯だー。
そしてふふふ、最後の文の意味はね。
えーと、今書いてます。おとといの分の日記。(しこしこ)
Commented by Miyuki at 2007-06-13 12:17 x
*すれっぢさん
あはは、再度のご訪問ありがとうございます~! でも実際私も、見れなかったり入れなかったりで、もうきーっ!という状態ですよ、とほほ。
このカニさん、想像するに、シーズニングを加えた湯で茹でて、熱いガーリックバターにダイビングさせたのではないかと。
Commented by Miyuki at 2007-06-13 12:20 x
*マミィさん
目覚めた彼! 本人は「アレルギーっぽい」とかのたまってますが、美味しいものなら食べられるという、単なるわがままらしいですよ。(告げ口)
ノルマンディのカニ、それまたおいしそうな響きだわ~vv 私は個人的に、「合コンで絶対頼んではいけない食べ物」の一つがカニだと思っておりますが、その点いかがでしょうか。
Commented by まきりん♪ at 2007-06-13 14:17 x
おお、ウエストコーストに住んでいるとシーフードが食べられるんだよね、いいなあ。こちらは内陸なのでフルーツなどは採れますが、魚介類はさっぱりで。

そうそう、やっぱり北米料理を食べていると途中で酢醤油などで頂きたくなるよね。以前、アメリカ旅行の際に醤油とわさびを持ち歩いていたのは私たちです。(笑)
Commented by weagle2053 at 2007-06-13 19:44
シーフード・・・BSEの影響で奪い合いなんですね。
最近はマグロでも中国と取り合いで、競り負けてるんだとか。
随分前、フィッシャーマンズワーフでクラブケーキとシュリンプサンドを食べたけど・・・正直味付けが駄目でした。
Commented by マミィ at 2007-06-13 23:29 x
合コンで絶対頼んではいけない食べ物の一つ、同感、同感。
ただ、人柄が出るので、男の本性を見抜くには良いかもしれませぬ。
かいがいしくほじほじしてくれて、身を全部くれる男→信用できない
わき目も振らず、わしゃわしゃと一人食べる男→信用できる
この点、いかがでしょうか?
Commented by Miyuki at 2007-06-14 11:45 x
*まきりんさん
いやいや、せっかく食べられる場所であるにも関わらず、行かなかったら同じですよね(笑)
旅行に醤油、わかります~! あとはのりと梅干があれば完璧☆
Commented by Miyuki at 2007-06-14 11:47 x
*単身名人さん
え、そうなんですか!?>奪い合い
ロシアや欧州で続々と海産物輸出量制限のニュースがありましたが、肉もだめで魚もだめとなると……菜食主義が増えそうな(爆)
ああ、日本人の方で、こちらのシーフードはおいしくないとおっしゃる方もいますよ~。味付けも勿論、鮮度も。
Commented by Miyuki at 2007-06-14 11:49 x
*マミィさん
おおっ、なあるほど、見分け法に使えば良いと! そーれは名案なり!
しかし全部くれる男の方がダメだなんて、わはははーっ、お嬢様たちにもそう教育しなければね!


<< 素晴らしきかな、彼らの人生 得られた知識が呼ぶ感情 >>