良い関係は良い出会いから

Independence Day (Sierra Leone)
National Resistance Day (Slovenia)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_9155380.jpg

年に2回の、数人のグループでの陶芸セール。とても好みの器を作る方がいらっしゃって、その方の作品目当てで何回も通っている。



今日は春のセールだったのだけど、残念ながら出会いがなく。諦めて帰ろうとしたところ、別な方がガラスビーズの作り方を見せて下さったよ。

バーナーに火をつけて、棒状のガラスを熱くして柔らかくする。それを金属の棒の周りに、形を整えながらゆっくりと巻きつけていくんだね。
円形になったところでガラス棒をそっと切り離し、ビーズを更に温めながら、細工棒でもって表面に模様をつけていく。そっとふれるだけで、水玉だのマーブルだのが出来上がっていくのには驚嘆だ。

1個あたりにそれなりの時間がかかるので、ネックレスなどを作る為には、一体どれぐらい時間がかかるのか。陶芸もそうだけど、こういう手作りセールにいくたびに、その影に払われた努力と時間を想像しては頭を下げてしまうよ。
だからこそ、買うことで応援したいんだけど、如何せん、使わないものを買うのはもっと申し訳ないと思うんだよなあ。

b0059565_9202654.jpgb0059565_9203696.jpg


* * * * *

【レストラン】
b0059565_9212484.jpg

セールの後、友人2人と向かったのは、最近評判の良い和食レストラン。
実はずっと以前からあるしゃぶしゃぶ屋なんだけど、前は全然お客が入ってなくってね。ところが改装してから人気上昇らしい。

入ってみたら店内がとても広い。テーブル数も多いし、しゃぶしゃぶ用のカウンター(以外に名前を知らない)も、結構なスペースを割いている。かなりの人数が入れそうで、それでもほぼ満杯状態ということは、随分ファンが多いのかな。

なんて思いながら日替わりランチを3つ注文したら、ウェイターさんがすまなそうに
「すみません、今日はあと2つしか残ってないんです」
とおっしゃったよ。
その時の時刻、12時20分。なのにすでに売り切れ状態ですか。これはますます人気のほどがうかがえます。

運ばれてきたお盆には、ハマチのかまのBBQソースがけ、スパイダーロール、筑前煮、かぼちゃのいとこ煮、海草の和え物、野菜サラダ。そしてご飯と味噌汁、漬物付。全部で$10.25。これはかなりのお得感。
種類が多いのが定食の良いところだけど、これはなかでも色々のってるので、栄養的にも嬉しいぞ。

味も、私レベルには十分おいしく。ただ難を言えば、BBQソースがちとつらかったかな。ハマチ自体は良く焼けてたので、あのいかにも市販品っぽいようなソースがない方が良かったかと。
でも、ローカルなお客さんにはウケるのかも。場所柄か、中国語が沢山聞こえたよ。

日本人もOKサインを出せる和食レストランが増えてきて、ますます嬉しいレストラン巡り。
でも外食は、お金とカロリーと家族の好みから、なかなか行けないのが残念だ。(ちぇっ)(八の字唇)


Yoshida Restaurant
10700 S. De Anza Blvd.
Cupertino, CA 95014
[PR]
by senrufan | 2007-04-27 09:15 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6795600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-04-30 15:52 x
やややっ、和食なのに子羊か?と思ったら、はまちのカマでしたかい!それにBBQソースですかい!それはいけませんなぁぁぁぁぁ。私だったらソースを全部こそげおとし、さらにティッシュでぬぐって、お醤油を少したらしてから食べることでしょう。そして店主にすごく嫌な顔をされる・・・。

ガラス・ビーズ、綺麗ですなぁ。フランスへ来る前に母と二人で行った小樽を思い出しました。その時に買ったブルーのガラス・ビーズのピアスと御そろいのネックレス、いまでも宝物です。エマ「マミィ、年をとったらこれ、あたしにちょうだいね」私「だめ。絶対にあげない。いくら年をとっても使うもんね~だ。」
Commented by Miyuki at 2007-05-01 07:50 x
*マミィさん
子羊! さすがおふらんすな見方でございます~。ねえ、BBQソースは反則ですよねえ。実は私も箸である程度落とした後、ティッシュを出しかけましたよホント。
北海道のガラス・ビーズなんて、それは絶対宝物になる美しさのはず! このビーズも見事だったのですが、アクセサリーはシンプル&華奢系が好きな私には、残念ながらゴツすぎまして。よし、エマちゃんの背後霊となって、一緒にそのアクセサリーをおねだりしましょうぞ♪
Commented by ちゃん・りー at 2007-05-01 09:14 x
ガラス玉作ってくれる工房(体験もできます)、鹿児島にもあります、あります。でも、そうなんです。私もあまりこの手の装飾物をつけないもので・・きれいとは思いつつ、手が出ないんですよね。だからMiyukiさんのお気持ち分かります。
BBQソースたっぷりのカマか・・・。私は以前BBQソースたっぷりの焼牡蠣にアメリカで出会いましたよぉ。ぷりっぷりの新鮮な牡蠣なのに、日本人から言わせれば「台無し!」。まぁ、その土地の流儀に合わせて大人しく食べるというのも文化をいただくことになるとは思いつつも、おもいっきりこそげ落として食べました。はい。なんてったって、そのときは旅行じゃなくて住んでたんだもん!美味しい魚介類に飢えていたんだもん!(笑)
「今度行くときは、NoBBQソースといおう」(こういうことが言えるのがアメリカのレストランのよさと思っているのは私だけでしょうか?)と誓ったのでした。
Commented by Miyuki at 2007-05-01 11:41 x
*ちゃんさま
鹿児島にもありますかー! ああ行ってみたい、見てみたい。そう、きれいだなあとうっとりしても、いざつけるとなるとなかなか難しくてねえ。
なんと折角の焼牡蠣にBBQソースですと!? それは邪道ですな! よかです、それはこそげ落としこそ、牡蠣への敬意の表れですぞ、うん。
ああっ、そうか、Noソースと言えばよかったんだあああ。次回は絶対~。


<< 新・子供進化論 その温もりを広げる意味 >>