生まれ変わりを誉れとして

Tiradentes Day (Brazil)
Festival of Ridvan (Baha'i)

* * * * *

【アクティビティ】
明日はEarth Day
1970年4月22日、米国上院議員のGaylord Nelson氏の呼びかけによって始まった”地球の日”は、今では175ヶ国に広がっている。
この日は世界各地で様々なイベントその他が催され、我々が住む星・地球といかに共存していくかを考える日になっている。



そんなイベントの一環として、大変ローカルなところでは、こんなアクティビティがあったのだ。それはElectronics Recycling。家庭内で不要になった電気製品を無料で業者が引き取り、リサイクルに回してくれるというんだね。
近隣の市も含めて、目にした知らせだけで6箇所もあったよ。

この知らせを聞いて、早速我が家のガレージ=物置き場を漁ったよ。
ディスプレイ2台とプリンター2台。どこかにビデオデッキもあったはずだが見つからず。旦那@我が家の電気屋がいれば、きっともっと細かいものも出せたんだろうけど、私がわかる範囲ではこれぐらいでちょっと無念。
車のトランクによいせよいせと積み込んで、最寄の場所に向って出発。目指すは世界一の小売店、Wal-Mart。

b0059565_13342437.jpg

看板に導かれるままに車を進めると、ボードをもったお兄さんが立っている。出すものを口頭で伝えて、トランクから作業員の人達が運んでくれている間、ボードに名前・住所などを書き記す。

ペンを走らせながら、横目でディスプレイとプリンターに別れを告げる。
アメリカに来てすぐに買って、9年使ったCRT。画面上に横線が多数入るようになって、涙ながらに諦めた。
プリンターなんかもっと悲惨。機械はまだまだ大丈夫なのに、機種が古くてインクリボンが入手できなくなって、無理矢理ガレージに追いやられたの。不完全燃焼で申し訳なく思ったんだ。

電気製品というと、日本では新製品がどんどん出てくるよね。
ところがアメリカって、20年後に来てもまだ同じ冷蔵庫や洗濯機が売られているんじゃなかろうかと思うぐらい。特に家電に関しては無欲というか何というか、せめてちっとは改善しろよというか。しかしPC業界はさすがにそうではないけれど。
お別れはつらいけど、また新しい形になって、誰かに使ってもらえればいいなあ。と、リサイクルや古着を出す時には、いつも思う。


作業員のお兄さんから手渡されたサンキューカード。表紙の地球をかたどった青い紙には、実は植物の種が入ってる。
「庭か植木鉢に埋めたら、芽が出るよ」と、お兄さんは笑いながら言っていた。
リサイクルとは、結局そういうことであるんだろう。

b0059565_13375790.jpgb0059565_13381263.jpg

[PR]
by senrufan | 2007-04-21 13:32 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6776925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by usayamama at 2007-04-25 22:42
無料で引き取ってくれるなんて嬉しいですね。
私も出したいもの色々ありますよ〜。
以前ゴア氏が来日していた時にあるテレビ番組の中で
電化製品は出来る限り新しいものにかえた方が良い、言っていたので
家電に対して無欲というのはちょっと意外です。
やっぱり古いものより、新しいものの方が環境に配慮している面が大きいのでしょうね。「環境の為」を自分への口実に今は電子レンジを新調したいusayamamaでした。
Commented by Miyuki at 2007-04-26 00:49 x
*usayamamaさん
日本だと今は有料なんですよね~。こちらも市によってシステムがまちまちで混乱してしまうので、こういう機会はありがたかったです。
そう、新しく省エネ家電!というのが日本だとウリになるところですが、こちらはようやく電球を省エネタイプに替えようという呼びかけが目立つようになった、ぐらいしか……日本より電気代がぐっと安いですから、危機感が少ないのでしょうねえ。コンロも乾燥機も食器洗浄器もガンガン、というお国柄ですし。ビンボーな私は、環境の為もあって日本の家電が欲しいですう。レンジも洗濯機も冷蔵庫も!
Commented by まきりん♪ at 2007-04-26 12:15 x
Earth Dayは北米では思いっきりリサイクルの日になっているようですね。うちは出かけていたので何もださなかったけど、ガレージを掃除するいい機会になった家は多いんじゃないかな。
Commented by Miyuki at 2007-04-26 13:36 x
*まきりんさん
おお、そちらでもそうでしたか! もうかなり浸透してきたリサイクルですが、こういう機会にもう一押し、というのもいいことですよね。うちもおかげで少しガレージがすっきりしました(笑)
Commented by マミィ at 2007-04-27 15:48 x
あぁ、これは本当に良いシステムですね。

フランスはその点大幅に遅れておりますな。大物ゴミ捨て場というのが車で15分ほどのところにあり、見下ろすと「木製のもの」「プラスチック」「その他」などと大きなトラックの荷台が分類されて置いてあり、そこへ不用品をいつでも誰でも投げ捨てることができます。そこへ定期的にトラックの「頭」がやって来て、バックしてそれらの荷台と連結してどこかへ走り去る・・・。

リサイクルをしよう、地球に優しくなどということをフランス人が考えているとはとても思えませんねぇ。
Commented by Miyuki at 2007-04-28 10:11 x
*マミィさん
ええっ、そうなんですか!? 環境先進国ドイツのイメージで、なんとなくEUはその点、最先端をいっていると思い込んでおりましたですよ。新しい大統領になったら、その辺りはどうなっていきますかねえ。
しかしその大物ゴミ捨て場というのは良いです。そうしたらいつでも色々捨てに行けるなあ。ちなみにこちらでは、各アパートがそういう形のゴミ捨て場を持っているので、一軒家の人は夜中にこっそり捨てにいったりするですよ(笑)


<< その名が唯一と思うなかれ それを失敗とは言わないで >>