煮詰めて漉して凝縮して (その6)

Easter Sunday (Christian)

* * * * *

【雑感編】
b0059565_11432630.jpg

4月に日本に行くと言ったら、いろんな人から
「桜が楽しめるといいね!」
と声をかけていただいた。
最初こそ寒かったものの、どんどんと良い天気に恵まれて、ソメイヨシノのほのかな色をあちらこちらで目にできて。
特に友人の家に遊びに行った時、わざわざ桜並木が延々と続いている場所を教えてくれて、夢中で写真を撮りまくった。そのわりにまともな写真がなかったのは、己の不徳といたすところ(涙)




転校を繰り返したせいか、いまだ人との付き合い方に些か問題があることを認めるにやぶさかではない。深入りを避けること、去るものを追わないこと、徹底しており、学生時代から続いているような付き合いは、片手の指で足りるほど。

そんな私がこの地に来て、もうすぐ丸10年になる。実は今までで一番長くとどまっている場所であったりするらしい、と気づいたのが今回の旅行中。
なぜかというと、今回会ってもらった友人達、全員がアメリカに来てから知り合った人達であったなあ、と途中で思い当たったからだった。

別れた後で後悔した付き合いは限りなく。何度繰り返しても学習せず。
それでも、ようやく付き合いを続けていく為に踏み出すことができるようになったのは、むしろ人の出入りの激しいこの場所であったからかもしれない。母国ではないことにも意味があったのか。

今回会った友人達も、普段頻繁に連絡をとるわけではなく。それでも会えば、昨日まで会っていたかのように、変わらず話がはずむ。それが自然であると同時に、考えればしみじみと嬉しいことである。
話しながら、自身の過去について初めて耳にすることも沢山あり。今までそれを知らなくとも問題はなく、知ったことで更に深みがでる。大人になってから始まった付き合いには、こういう面もあるのだと発見する。


実家の近くの女子大に、以前から有名な桜の木がある。他にも数え切れないほどの桜が周囲にあるのに、その枝ぶりは他を圧倒して力強い。
夜間にはライトアップされていて、車で帰る駅からの道、そこだけ幻想的に切り取られた空間に、何度も目を奪われた。

あの桜や並木道が、一夜にして出来上がったわけではないように。最初は芽から、それを育てて愛しんで、しかし手をかけすぎても弱くなる。
将来の姿を描く必要はないまま、ただ内面に力が満ち、先へと伸ばす手が広がる。そんな付き合いを続けていければ、望む以上のものと思う。
b0059565_11465776.jpg


* * * * *

軽くね、なんて言っておいて。
やっぱり長くなった日本滞在記、これにてようやく終了です。

どうして6日分の日記を、6日分にしか書けないんだ私ってやつは……!(さめざめ)
[PR]
by senrufan | 2007-04-08 11:42 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6731295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-04-14 17:03 x
ほれぼれと眺めました、最後の夜桜!そしてうん、うんと読み返しました、最後のフレーズ:「将来の姿を描く必要はないまま、ただ内面に力が満ち、先へと伸ばす手が広がる。そんな付き合いを続けていければ、望む以上のものと思う。」
Commented by Miyuki at 2007-04-15 00:24 x
*マミィさん
良いでしょ、良いでしょ、この夜桜! 実物をお目にかけたいです~。うっとり、ぽっかり、なんですよ。
てへへ、繰り返されると照れますがな。ということで、マミィさんとこれからもお付き合いいただくべく、がんばる所存でございます。見捨てないで……
Commented by usayamama at 2007-04-15 22:48
みゆきさんが大使館へお出掛けのあの日、すごい雨と寒波で
桜ダメになっちゃうかと思ったのですが、何とか持ちこたえてくれました!
みゆきさんも桜を楽しみにされていたので、良かったです。
咲き始めは早かったのですが、天候不順のお陰(?)で
今年は結構長い期間楽しめた様に思います。
お持ち帰りしたお菓子食べてますか?(笑)
Commented by Miyuki at 2007-04-17 01:23 x
*usayamamaさん
ありがとうございます~! こちらでも沢山見られるのですが、やはり日本の風景の中の桜は一味違うので、ほんと嬉しかったです。
お菓子、ふっふっふ、少~しずつ惜しみながら食べてますよ~。ウマウマで幸せですvv


<< それでも熱は冷めやらず 煮詰めて漉して凝縮して (その5) >>