煮詰めて漉して凝縮して (その2)

Passover begins (Jewish)

* * * * *

【大使館編】
今回のメインイベント。日本は赤坂の米国大使館に赴き、ビザをもらう為に面接を受けるんだ。



まずは事前準備で、いろんな書類が必要で。写真もいるし。個人ではわけわからんので、弁護士さんに頼んでね。
そして面接日の予約もいるの。これも弁護士さんに頼んで、大使館に○日の×時、という形で予約した後、予約表を持って行くんだよ。

ところがこの予約、あってなきがごとしというか。どうやら、「その日に予約してます」という事実は必要だけど、時間ははっきり言って早い者勝ち状態。だから朝早くから、大使館にはずらりと列ができる。これに耐えた後、ほんの数言だけの面接。まるで大病院の診察の如し。

13歳以下の子供は面接は不要。でもお嬢をホテルに置いていくわけにもいかず、連れて行ったよ。よりによって、19年ぶりという寒さの日。こんな日に外に並ばなきゃいけないなんて、そんなに私達が嫌いですか日本の神様(涙ぐむ)


朝9時半の予約のところ、8時に大使館に到着。数日前に面接を受けた知り合いは、8時半に着いたら、建物をぐるりと200人ぐらいの人が囲んでたと言っていたので、覚悟して行ってみた。
まずは入口の警備所で、セキュリティチェックを受ける。幸いそこは前に数人並んでただけで、すぐに順番が回ってくる。パスポートを見せて、荷物をスキャンさせて、携帯とカメラは取り上げられて。自分も金属探知機の下をくぐり、正に空港そのもの。ただ、警備員のおじいちゃん達がトロかった。

必要書類と貴重品だけ持って、そのまま大使館本館へ。そしたら20人ぐらいしか建物の外にはいないじゃないか。良かった、これなら意外と早く終わるかも、と期待しながら、寒さをこらえて列の最後尾に並んだよ。

この入口で、実は作業があるのだということが行ってみてわかる。
大使館員が数人いて、皆の持つ書類を素晴しい早さでチェックしていく。そして記入漏れや記載ミスなどを発見しては、その場で直させるんだね。時間がかかるものは列の最後尾に再び並ばなくてはならない。
私の書類もばばばっとお姉さんが目を通し、たちまち2点、チェック漏れを見つけられる。思わず「すごいですね~!」と感嘆してしまったら笑われた。

建物の中に入ると、実にお役所的な風景。正面には窓口が10番まで並んでて、その前に沢山の長椅子と大勢の人、人、人。
「○○サン、△番マデ~」という英語訛の日本語で、ひっきりなしに誰か彼かが呼ばれて行くわけだが、それだけの効率の良さにも関わらず、なかなか順番はやってこない。これはもしかして、朝6時ぐらいから並んでた人もいるんじゃなかろうか。
ようやく呼ばれて行ってみたら、面接の前にまずは指紋をとられて。それからまたしばし待って、やれやれやっと本番だ。

相手をしてくれたのは白人のお兄さん。挨拶以外は全部英語。でも質問は至極簡単で、
「なぜアメリカに滞在することになったのですか?」
「ご主人の仕事はなんですか?」
の2つぐらいだったな。あとはちょっとジョークとか。
先月受けた旦那は、新しい会社での第一号のビザ面接ということもあって、1時間かかったそう。あの窓口に1時間も立って話したなんて、ご苦労なことだ。
「1週間以内に郵送します」と言われて、出口を出たのが9時半。所要時間1時間半、まずまずと言えよう。


新しいビザを貼り付けたパスポート、翌々日に滞在先の実家のポストに届いたよ。これが届かないと帰れなかったので、ひとまず万歳三唱。無事、合法的に米国にいられることになりました。
ちなみに別な知り合いによると、大阪の大使館では所要時間30分で済んだそう。そちらに寄る予定がある人は、大阪の方が楽かもね。
[PR]
by senrufan | 2007-04-03 14:10 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6719745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2007-04-12 08:37 x
難関を突破してアメリカのビザ取得、おめでとうございます!

<朝6時ぐらいから並んでた人もいるんじゃなかろうか。>

ひえ~。当然もらえるものであっっても、これだけの努力をしないとすんなりとは頂けないのって辛いものがありますね。でも、もらってしまえばこっちのもの。今回の日本での最大目的は1時間半で済んだのならラッキーな方といえますよね。よかったよかった。

Commented by senrufan at 2007-04-12 10:31
*まきりんさん
ありがとうございます~! 大事にせねば、とヒシと胸にパスポートを抱きました。
しかしあの人数に、改めて「これだけの人がアメリカに行きたいと思ってるんだ」と実感。そんな中、私ごときがいてもいいのか、という罪悪感めいたものもまたふつふつと。いい加減、ふっきらなきゃいかんのですが。
Commented by ちゃん・りー at 2007-04-12 14:00 x
お疲れ様でした。
ビザ、私は会社の方がすべてやってくださったので、こんなに大変な作業だったのだ・・と改めて今はもう無用となった過去のビザをもう一度眺めてみました。
もし滞在が延期になっていたら(実はそれを願っていたのだけれど)、もしかしたら今度は自分で並ばなくてはならなかったかもしれませんね。
それにしてもご主人1時間も!?本当にお疲れ様でした。
Commented by Miyuki at 2007-04-13 10:40 x
*ちゃんさま
いえいえ、私も弁護士事務所に全部用意してもらったので、ただ行っただけなのですよ。数年前までは、米国から書類送付だけですんだのに、今は出向かなくてはいけなくなったのですよねー。そうかあ、ちゃんさまの滞在が延びていればなあ(と、今ごろ願ってみる)
旦那は新会社の第一号ということで、会社申請のところから大変だったみたいです。彼の犠牲の上に、私たちが在ります(笑)


<< 煮詰めて漉して凝縮して (その3) 煮詰めて漉して凝縮して (その1) >>