煮詰めて漉して凝縮して (その1)

Veterans' Day (Argentina)


お嬢の1週間の春休みを利用して、日本に行って来ました。
主目的はビザ取得でしたが、昨年里帰りできなかった分、短い中に予定を詰め込んで詰め込んで、の怒涛の数日。忙しくも楽しかった日々を振り返り、軽くまとめてみたいと思います。

軽くね。軽く。それが私の課題なの。

* * * * *

【飛行機編】
今回の日本行き、まずはどの航空会社のチケットを取ろうかとしばし考えた。
以前はサンノゼ空港からの薄珈琲航空一本やり状態だったのだけど、これが昨年の10月末で路線廃止になり(くそう)、今あるのは、サンフランシスコ空港からの蛇流、穴、湯内手土、北西。んでもって、ここんとこ周囲では、どんどん蛇流の評判が悪化、穴が人気上昇中というところ。



なので今回、初めて穴に挑戦しようかと思ったのだが、私の乏しいマイレージは薄珈琲で、蛇流だと7割だが加算できていたところ、ちょうど出発日の4月1日からワンワールドなるものに加盟するので、10割加算になると。これで1万マイルつくので、また米国内旅行のチケットが取れる分が貯まるし、この際そちらにしようかと。

しかしほんとに評判悪いんだな。機内食が激マズだ、狭い、荷物にやたらうるさい、Eチケットなのにチケット見せろと言われる、などなど。むしろ興味が沸いてくるじゃないか。(怖いもの見たさ)
たまたま希望日程では蛇流しか空いてなかったこともあって、今回蛇流での往復に決定だ。


出発当日、サンフランシスコ空港の蛇流カウンター。預けるトランクは中が半分しか入ってなかったこともあって無問題だったのだけど、機内持ち込みトランクの重さを量られる。「10kg以内ということになっておりますので」って、それは結構イヤかも。薄珈琲航空の、”23kg以上は有料”よりはマシかもしれんが。
更に何やら、「誰からも何も預からなかった云々」と書いた紙に、住所や連絡先を記入させられ。しかも私の書いた字が汚かったせいで、何度も綴りを確認され(……)
「今日からワンワールドに加盟した関係で」と言い訳されたが、横から旦那がすかさず、「これを書かせるのは蛇流さんだけですよ」とツッコんでたぞ。

蛇流の航空機は穴などと違う機種らしく、座席が狭い。例えば薄珈琲では横9席のところ、蛇流は10席。加えて前後も狭く、前の人にリクライニングされると、ちょっと大きめのノートPCは机の上で開けない。足の短い我々はともかく、欧米人はつらかろうなあ。

しかしやはし腐っても蛇流、アテンダントのお姉さま達はきれいで優しく、これは大いに誇っていいところ。
心配された機内食も、お嬢と私には十分。行きの2回はシーフードカレーと、チーズとベーコンのパスタ。帰りはビーフ&山菜ごはんに、朝食はパンケーキとベーコンオムレツ。それぞれにサラダや小さいおかず、デザート付で、旬の蕗もあったりして。
そりゃあレストラン並とはいかないけれど、機内食なんてこんなもんだろうという思い込みがあるので、特に不満はなし。おまけに途中、アイスクリームサンドのサービスもあったしな。これは薄珈琲にはないんだよ。

ただ、機内映画はちと不満。というのは、行きも帰りも同じプログラムだったので。路線によって変えてくれれば良いものを。
「Blood Diamond」「The Holiday」「Eragon」「The Pursuit of Happiness」などを観たよ。


行きのサンフランシスコではないけど、帰りの成田ではあるもの。それはチェックインの前の荷物のX線検査、と言えばいいのか。
ガラガラと重い重いトランクを必死で持ち上げる私に向かって、係員の太ったオバサン、「チケットを見せて下さい」ときたもんだ。むっとした私は、「Eチケットなので持ってませんが」と言ったんだが、向こうも眉を顰めて、「控えの紙もないんですか?」と言うんだよ。
つっぱねてやろうかと思ったが、根が真面目なもんで、ついつい控えの紙を出しちまった。妙に悔しくて歯噛みする。

その後はカウンターのきれいなお姉さんがわざわざ来てくれて、細い腕で重いトランクをひっぱってくれた上、荷物を台の上に乗せてくれたもんで、機嫌回復。でもやはり「チケットをお持ちですか?」と言うんだな、これが。
控えを渡しながら、Eチケットなのに、なぜ必要なのかと聞いてみた。そしたら、ビザを持ってない人は見せなきゃいけないんだって。つまり、帰りの便を予約していることを見せることで、確実に帰ると伝える必要があるんだと。不法滞在防止だな。
こちらがビザを持っていることを伝えると、たちまち何回も謝ってくれちゃって、かえって恐縮しちゃったよ。や、貴女は謝らないでいいから、あのオバサンなんとかして下さい(根にもってます)

借りてきた旦那愛用の空気枕で、切れ切れながらも少しは睡眠。
以前乗った蛇流のビジネスクラスのフルフラットシートが恋しいなあ。そして死ぬまでに一度は乗りたい、国際線のファーストクラス。
[PR]
by senrufan | 2007-04-02 02:34 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6718671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sledge at 2007-04-11 06:59 x
おかえりなさーい。え~、ビジネスクラス経験あるんですかーー!!いいな~。いつも最安チケットで機体後部貧民移動しております。でも、毎回非常口のところのシートを押さえるように努力し、たいがいは成功を収めております。あのシート、ネットのアサインでは取れないらしく、空港に早く行ったもの勝ちらしいです・・・(笑)ビンボー人の知恵でした。
Commented by Miyuki at 2007-04-11 13:05 x
*Sledgeさん
ただいまです~! ビジネスはですね、以前マイレージチケットをとろうとしたら満席で、ビジネスしかあいてない時があったので、そうなりました。出張三昧の旦那のおかげで、マイレージは常にン十万マイルあるので感謝です(笑) 自費でしたら、当然最下層をねらうのみ。
非常口シート、その手がありましたね! そうか、早いもの勝ちだったんだー。あのシートは子供は座れないので、いつか一人旅の時にちゃれんじしてみたいなあ。
Commented by まきりん♪ at 2007-04-11 14:11 x
Miyukiさん、お帰りなさ~い

航空会社毎に色々と規約があるのですね。カウンターで書類とか書かされるのって面倒よね。ブツブツ・・・Eチケットは便利なようで何度も見せろといわれて煩わしかったのね。だったら発行するな~(笑)

Commented by senrufan at 2007-04-11 14:24
*まきりんさん
戻ってまいりました~! 楽しい日々の後は、辛い日常です、とほほ。
ほんと、あの書類はやめて欲しいですよねえ。飛行機時間ギリギリの人がいたらはらはらしますしね。Eチケットを知らんのか田舎モンめ!と言いたかったのを我慢しました。ほめてほめて(殴)
Commented by マミィ at 2007-04-11 17:07 x
蛇流、穴・・・これにゃ笑いましたぜ。お帰りなさい。またブログが読めて嬉しいよん。

うちも蛇流ファミリー・カードがあるからついつい利用するけれど、座席が狭い、スチュワーデスのサービスがいまいち(しかもこちらのラインでは、綺麗なスチュワーデスはほとんど居ないよ。皆年増でよれよれ。)、機内食がまずい・・・で、乗るたびに後悔するの。ほんと、穴の方がいいんだよね。
Commented by Miyuki at 2007-04-12 07:58 x
*マミィさん
帰りました~。私こそ、またマミィさん達の日記が読めるのが嬉しゅうございますvv 日本では、メールを拾うのが精一杯でしたから、ヨッキューフマンだったのですよ。
なんと、おフランス路線のスチュワーデスさんは若さ勝負ではないのですか! さぞかしおしゃれだろうと思っていたのに。ほんと、マイレージが関係なければ、穴に乗ってみたいですよねー。


<< 煮詰めて漉して凝縮して (その2) April・Avril・4月 >>