来るも帰るも

Independence Day (Estonia)
Flag Day (Mexico)


テレフォン、テレビ、テレパシー。
「テレ」とは、ギリシア語で「遠い」という意味だそう。

* * * * *

【家庭内事情】
16日に来てくれた日本の母が、本日の昼の便で日本に帰っていった。またお嬢と二人きりになるんだなあと、セキュリティゲートから姿が見えなくなった途端に実感した。
母がこちらから帰る見送りのたび、必ず涙をこぼしていたお嬢。今日はその目は潤まなかったが、小さい体がさらに肩を落としていた。

ゲートから駐車場までの距離を、なんとなく二人で手を繋いで歩いた。
「仲良くするのよ!」との母の言葉を裏切って、歩き始めて2分でケンカした。


ほんの一週間で、イベントも大きな外出も何もなく、ただ日常の一部としていてくれた母。
記録代わりにつれづれに、思い出すままに振り返ってみた風景を。



b0059565_10324935.jpgジャスミンを 運ぶ行先 祖母の部屋

空港から家について、早速散歩と花巡りの母とお嬢。
花好きな母の為に、お嬢は庭からとった花を一輪、花瓶にさして部屋に。
えーとちなみに隣家の花です。

b0059565_10331995.jpg食事毎 言葉と視線と 家の味

普通の生活、ただそれだけだったので。食事はほとんど家ご飯。家族好みの貧しいメニューの並ぶ中(…)、三人で囲む食卓はにぎやかな限り。
母が持ってきてくれた数々のお菓子や、一緒に買い物に行って目についたスイートのおかげで、ダイエットは完全に中断。(ちょっと涙)

b0059565_10334682.jpg咳の種 番茶で流す 祖母と孫

日本の冬より格段に乾燥したこちらの気候で、母が喉の痛みを訴える。ちょうど咳が出ていたお嬢と共に、板藍茶と梅醤番茶を常飲してた。

b0059565_10341934.jpg冬陽射し 活字を追い追い 三対の眼

折角の良い天気でも家にいて。やることといえば読書の三人。
父も母も兄も私も、一家揃って活字中毒な家系に、どうやら続く子供が一人。

b0059565_10344179.jpg人形を 手に取り思うは 初節句

まだ出してなかった雛人形を飾る。並べ方の表を失くした粗忽者の私は、毎年お嬢の初節句の時の写真を引っ張り出しては、確かめる羽目になっている。
この人形も、考えれば義父と父と母からの贈り物であったこと。

b0059565_1035247.jpg珈琲の 苦味が背伸びを 促して

世間のお子様は、一体何歳からコーヒーを飲むようになるんだか。
お嬢が好奇心で試した初めてのコーヒーは、デカフェブレンド+たっぷりのヘーゼルナッツミルク。あと数年は飲まなくても良い、というのが彼女の感想。


b0059565_10352454.jpg二月雨 肩を寄せ合い 一つ傘

天気予報がはずれ、なんとか雨知らずで来ていたけれど、木曜には大雨。
帰る前日、雨の中のお嬢のスイミングのレッスンを見る。昔やはり水泳をやっていた母、あーすればこーすればと見ながら呟く。
あと数センチで、お嬢は祖母を追い抜くらしい。

b0059565_10361299.jpg春雲の 隙間に凝らす 父と彼

前夜の大雨にもめげず、帰る当日はピーカン晴れ。空港に行く車の中で、わいわいとゲームをやりつつ、ふと空を見上げると、更にここに加わってほしい家族の顔が浮かぶ。
仕事とビザ取得の為に、今月の頭から日本にいる旦那は、少なくとも3月の上旬まで帰れない見込み。


今のところ、4月の頭にお嬢と私がちょこっと日本に行く予定なので。実現すれば、あとたったの1ヶ月で再会できるので。
落ち込むより、まずは目先の色々を。
母に持ってきてもらった本とか本とか感想とか、あれやこれやの手続きとか。

……残り3週間期限のダイエットとか。
[PR]
by senrufan | 2007-02-23 10:29 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6523229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-02-24 18:38 x
あぁ、お母さん帰っちゃったんだなぁと、読んで私までしょんぼり・・・。

普通の生活、普通の食卓、それって来てくれたのがお母さんならではのことですよね。お嬢さんと3人の静かでゆったりとした幸せな時間が伝わって来ました。

ダーリンに会えるまであと一ヶ月!その頃日本ではもう桜が咲いているでしょうか?あっという間でしゅよ~。

さて、私もこれから毎朝の母への「おはよう」メールを打つことにしましょう。母が妙に恋しくなった朝です。
Commented by senrufan at 2007-02-25 03:06
*マミィさんvv
優しいお言葉に思わずうるうるですううう(感涙) そなのです、母だと”家族”なのですが、これが父だと”お客様”なので、手がかかるのですよね。感謝しきりです。でもきっとこれ以上一緒だったら、ケンカするんでしょうけれど(笑)
うちの旦那は、普段から「出張?」というぐらい家にいない人ですが、週末はやはり寂しいですねえ。おかげで家は散らからず、その辺は精神衛生上よろしいのですが(おい)
えっ、毎朝お母様に!? なんて親孝行なマミィさん…!(さらに感動)
Commented by シーラ at 2007-02-25 07:57 x
何てイイお味の句とお写真なの!
ど・れ・に・しよう・かな?って選ぶ必要もないのに、まるでトレーにのった沢山のケーキから選ぶカフェにいるような気分よ!

「食事毎 言葉と視線と 家の味」これかな?
この1週間のなんでもない過ごし方なのに、それが喜びに溢れた時間であったということが現れているから・・・
母と娘っていいなぁ、みゆきさん、その真ん中の気分味わえて、最高ね!!

Commented by Miyuki at 2007-02-25 12:17 x
*シーラさん
なんて勿体無いお言葉! こんなヘボ日記にありがたい限りでございます~。っていうか、こうやってどばーっと一気に出しちゃうから、日記ネタがなくなるんですよねアタシ。(遠い目)
はい、もうほんとに普段通りで、でも甘えられる人が常にいてくれるというのは良いものですねえ。おかげで随分と発散できた気がします。
真ん中! そうか、そうですよね! シーラさん、相変わらず鋭いというかすごい~~。
Commented by まきりん at 2007-02-25 14:14 x
女三人、三世代でゆっくり過ごせたようですね。よかったね。

水泳で繋がる孫との話題というのもいいですね。みゆきさんも水泳は得意?
Commented by usayamama at 2007-02-25 22:59
特別なイベントがなくても女同士でゆっくりと楽しんだ
ご様子が伝わってきます。
4月頭は日本ですか?桜が奇麗な時期ですね。
Commented by Miyuki at 2007-02-26 05:23 x
*まきりんさん
女三世代、しかも全員B型。とんでもない背景ですよね(笑)
はい、私も小学校の頃は水泳やってました。あの頃は細かったんだボク……
Commented by Miyuki at 2007-02-26 05:24 x
*usayamamaさん
こちらに友達が来てくれると、毎日外出三昧になることが多いのですが、母はもうその類は一通りこなしているので、こんな感じになりました。
4月、そうそう、日本の桜が楽しみです! ほんとはもっとゆっくり滞在して、usayamamaさんに教わって歌舞伎も観てみたいのですが~(涙)
Commented by peartree22 at 2007-02-26 09:04
母というものは、どこか特別なことをしに来たわけではなく、自分の娘や孫がどんな暮らしをふだんしているのかを知って安堵したいのですよね。
どんな豪華なレストランより、娘と孫とふだんどおりに過ごした日々は、お母様にとってかけがえのない時間だったことでしょう。一番の親孝行な過ごし方だなぁとしみいりました。
ジャスミンを 運ぶ行先 祖母の部屋 あぁ、なんてやさしいお嬢様!長旅の疲れもいやされたことでしょう。

咳の種 番茶で流す 祖母と孫 「咳の種」という言葉選び!なかなかこんな言葉出てきません・・。Miyukiさんの優しい目も感じます。


春雲の 隙間に凝らす 父と彼   家族っていると空気みたいなものですが、この句にMiyukiさんのだんな様、お父様を思う心がにじみ出ていますね・・・。

4月はもうすぐですね!

Commented by Miyuki at 2007-02-27 02:50 x
*ちゃんさま
そう、ほんとに母という存在はそう思うみたいですね。自分も、孫ができたらそう思うのでしょうか(笑)
あんなこんなと書いてみましたが、実態は「もー、いいんだってば!」とかの連発でございました、たはは。うちの家族は身内に大変毒舌であたるので、娘は「最強母子だ」と震えておりましたですよ。い・かーん!
4月、楽しみです! 短いのが難点ですが、がんばるです~。


<< 腹を括ったその後に 胸に吸い込む祝福の >>