記憶と事象の色彩は

読書ブログ更新 : 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」

米原万里さんが少女期を過ごしたチェコのプラハ。この本には、そこで出会った級友たち3人についての話が収められているのですが。

先日またまたスカイプで、今度は4カ国会談を行いまして。日本-カナダ-フランス-アメリカ。目標はG8です。って、その時は一体時差計算はどうなるんだ。

会談(?)の中心テーマは、ある方から回ってきた”中学生バトン”なるもので。中学の時の制服は? 得意科目は? 恋愛は? はまっていたものは何? といった質問が並んでいるバトン、どうせなら生で申告しちゃえと、スカイプを利用したわけです。

ところが爆笑・驚愕・感動のお三方の回答と比べて、私は史上まれに見るつまらない回答ぶりを披露する羽目になりました。
いやはや、まあ確かにマジメーな優等生で(素行だけな)、話すほどのエピソードがなかったというのもあるのですが、それより何より、ろくに覚えてない。という事実に愕然としました。
日々自分の好きなもの、つまり半径3mの世界で生きていたので、他人にも物にも執着も好奇心もそれほどなく、当然それが記憶となって留まることもなく。逆に他人からも私という人間が、記憶に残っていることもなかったであろうと想像できます。

対照的に米原さんはこの本の中で、5年間のプラハの学校について、微に入り細に渡ったエピソードの数々を披露し、今目の前で見ているような臨場感で、学校生活を描き出しています。
彼女が少女期から持っていた、好奇心と感性の瑞々しさ。だからこそ30年という長い年月が経った後でも、級友と再会することが叶ったのだなあと、改めて思います。

一瞬の後に過去となる、蓄積されていく時間。その塊を、自分の中でどのような形にしてしまい続けていくのかという観点でも、読む価値のある本でした。

* * * * *

【料理】
b0059565_15224048.jpg

マイミクさんの日記で、大層おいしそうなオムライスを拝見した。あまりにおいしそうで、ソッコーで食べたくなった。
おとといも昨日も、頭の中はオムライス。今の私のオーラの色は、黄色と赤。
関係ないけど、赤と黄色って「早く!」と気持ちをせきたてる効果があるので、マクドナルドなどのファストフードは客の回転を良くする為に、この2色を使っているんだそうですよ。



それに急き立てられたわけではないけれど、作ろうと思い立ったところで、我が家にある残りご飯は玄米ご飯。じゃあこの際、ずっとトライしてみたかった、マクロビ風のオムライスといこうじゃないか。やっぱり今日も月森さんレシピだね。

ライスの具は適当に、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、マシュルーム。にんにくと一緒に油で炒めて、玄米ご飯を放り込む。
味付けはどうするんだと思ったら、市販のトマトケチャップ(…)。あとは醤油と塩・胡椒。

問題はオムレツ。卵を使わずにどうするか。
なんとしっかり水切りした豆腐、長芋にコーンだって。フードプロセッサーに白味噌・油・くず粉などと一緒に入れて、なめらかになるまで回したよ。
できた種を天板に丸く広げて、オーブンで焼いて。ライスの上にのっけて出来上がり。

焼き立て豆腐オムレツはふわふわで、それだけでも何枚か食べられそうなおいしさ。ちゃちゃっと作る、というわけにはいかないので、朝食にはサーブできないのが難点だけど。

……どうでもいいけど、この写真を見て、おいしそうと思われる方はいらっしゃらないに違いない。本物のレシピの写真は、大変きれいな黄色と赤です。(弁護)(必死)
[PR]
by senrufan | 2007-02-07 15:14 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6455719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちゃん・りー at 2007-02-09 18:15 x
いえいえ、充分に私のおなかを鳴らしてます。(本日、夫は飲み会、ただいま娘は夕寝中)
卵なしでこんなにふわっとできるものなのですねぇ。これは、まさに卵が苦手な私向き!これまで我慢して夫のオムライス好き(とろっとろの卵好き)に付き合ってきたのです(と、良妻ぶってる。
生卵に比べたらまぁ、まだ食べられるようにはなりましたけれど、なるべく食べたくないもの、それは卵(でも、卵サンドイッチは好き。なぜ?)
うれしい!このオムライスなら大丈夫そう!あぁ、しかし問題が。面倒くさがりの私なので、作るまでに時間がかかるかも・・・(汗)。
Commented by マミィ at 2007-02-09 22:10 x
4カ国会談のフランス隊員、初コメントさせていただきます。

カナダ隊員および日本隊員のお二人に比べたら、私の中学時代など未熟で非常につまらないものであります。あの頃の私には「空虚」や「失望」などは存在せず、ひたすら楽しいだけのもので。なにしろ記憶力が悪いので、3年前に行った同窓会では「あの人、誰?」「ところであなた誰?」など失礼な発言ばかりしておりました。こちらはその頃から飛びぬけて図体がでっかかったので、皆に覚えてもらっていたのは不幸中の幸いと言えます。

Miyukiさんには隠れファンがたくさん居たのではないかしら。話しかけたいけど、恥ずかしくて話しかけることができない、または話しかけたけれど気づいてもらえなかった子がたくさん居たのではないかなぁと、まだお会いしたこともないMiyukiさんの中学生時代を勝手に想像してみました。

読書ブログの方も見せていただきました。面白そうですね!30年前といえばまだプラハがチェコスロバキアだった時代。彼女はどういう経緯でそこで暮らしたのだろう、言葉は通じたのだろうかなど、興味津々。是非いつか読んでみたいと思います。


Commented by kiyo at 2007-02-10 00:50 x
言われるまで、卵がのっかってるーと思ってました。すごーーい。一体どんな味がと、とても興味をそそられてます。豆腐も長芋もおみそも大好きなので、日曜日にレシピ欲しいです♪(ちゃっかり)
Commented by Miyuki at 2007-02-10 11:12 x
*ちゃんさま♪
そうでした、卵が苦手なのですよね! 実は私も半熟はあまり得意じゃないので、お気持ちわかります~。なのにちゃんさま、なんていい奥様なんだ…(ほろり)
これはなんというか、柔らかい厚揚げのような感じでしたよ。私のようなナマケモノでもできたので、ダイジョブ! 機会があったら!
Commented by Miyuki at 2007-02-10 11:20 x
*マミィさん♪
わあい、お越しいただいて嬉しいです~vv(歓喜)
なにをおっしゃる、マミィさんの生き生きした様子がうかがえて、すっごく楽しかったですよ。「あの人、誰?」は、私こそ百万回言うセリフでしょう。説明してもらったところでわかるまい……(虚)

ふぁん。もしかしたら、どこかにいたかもしれませんね。少なくとも、飼育係の時に世話したうさぎが、私に懐いていたことは覚えてます。(真顔) いえいえ、ほんとに平凡な子でした。問題も起こさないけど、目立ちもしない。でも友人には恵まれていたので、おいしいところはしっかりとっていたのかも、です(笑) マミィさんの中学時代こそ、皆の中心にいらっしゃったのではないかと想像しておりますよ♪

おお、読書の方も見ていただいて嬉しいです~。米原さんの著作は、海外組の人間にとって、沢山頷くところがあるですよ。機会があったら、ぜひお手にとってみて下さいね~!
Commented by Miyuki at 2007-02-10 11:21 x
*kiyoちゃん
うう、慰めてくれてありがと~(涙) 日曜には本物写真を見せるから、それでリベンジ(何のだ) レシピ、まかせなさい。
Commented by すれっぢ at 2007-02-10 12:35 x
凄い手の込んだオムライスですね~。
>水切りした豆腐、長芋にコーンだって。フードプロセッサーに白味噌・
>油・くず粉
この材料、既にオムライスの域を超えてます(笑)長いもさんもコーンさんと仕事をするとは思わなかったでしょうね~。

ところでお味は如何でしたか?ケチャップライスの部分は一緒かと思うのですが、上の長いも・コーンにくず粉が想像つきません。

Commented by まきりん at 2007-02-10 12:37 x
四カ国スカイプ大合戦は思った通り盛り上がってしまい、夜中に大きな笑い声を上げてしましました。私の有為曲折あった思春期と相反して、すんなりと成長したみゆきさん。そんな時間の積み重なりで人間の持ち味も自ずと変わっていくのですね。一度なってみたかったなー、マジメーな優等生に。(笑)

米原万里さんの本は私も読んでみたい本リストに入っています。異国に住む経験は年齢が若いほど鮮烈な印象となって残るのでしょうね。

マクロビ風オムレツは豆腐、長芋にコーンが基調とは!よく考えたものですよね、最初に作った人は。
Commented by Miyuki at 2007-02-10 13:08 x
*すれっぢさん
私をオムライスに駆り立てたご本人の登場ですね!(笑) ほんとにあのオムライスがおいしそうで、たまらなくなってしまって、おかげさまで前からチャレンジしてみたかったメニューを作ることができました。ありがとうございます!
味はですね、”和風おむらいす”といった趣で。上の豆腐さん達がはんぺんのような食感を作り出して、コーンが洋風、白味噌が和風味を添えて。トマトライスが玄米ということもあったのでしょうけど、一緒に食べるとやっぱりどこか和風の味。ああ、説明が下手ですみません……
Commented by Miyuki at 2007-02-10 13:16 x
*まきりんさん♪
また盛り上がりましたね~! 誰でしょうね、前半1時間で撃沈するかもなんて言ってた人(オマエだ)
すんなりと成長したおかげで、いまだにこんなに狭い人間のままです。色々越えて大きくなられた今のまきりんさんと知り合えて、ほんとに嬉しく思ってます。
おっしゃる通り、より鮮やかな目で見られるうちに異国に滞在できたということは、その後の人生にも大きな影響があるのでしょうね。そういえばうちの母、米原さんの最後の週刊文春の連載をまとめた本、買ってしまったんだそうですよ~(喜) 早く借りて読みたくてうずうずしてます。


<< 入力と出力の良好値 まだ見ぬ未来を占って >>