強くなくとも光があれば

悪魔のように黒く
地獄のように熱く
天使のように純で
まるで恋のように甘い
フランスの政治家で美食家のタレーランによる、コーヒーの詩。

トルココーヒーとは、小さなデミタスカップに入った、どろりと濃く、甘く苦い黒い液体。上澄みを飲んだ後、残った粉で占いができるぐらい。
今まで2~3回飲んだことがあるけれど、今日飲んだものにはカルダモンが入ってた。
スパイス一杯のチャイティーも好きだけど、意外とスパイスとコーヒーも合うもんだなあ。

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_1236506.jpg

友人に教わって、ビーズの指環を作ってみたよ。

去年、彼女が参加したクラフトフェア。プリザーブドフラワーがメインの出品だったのだけど、そのそばでひっそりと売っていたのがこの形の指環達。数色あった中から、迷った末にパープルのを買った。全て買い占める財力はなかったのでな。(くっ…)



働いてた頃と違ってジーンズ一辺倒の今では、ピアスすらめったにつけない。結婚指環は年に1~2回しかはめない。別に変な目的があるわけではなく(え)、服装に合わせてアクセや化粧を変えたいので、普段はつけるほどではないということで。つまり日頃ロクなモン着てないなお前ってことで。オシャレど下手の言い訳。

だからこんな指環を買うのはほんとに久々だったのだけど、ビーズという気楽さがまた良くて、私にしては珍しく結構つけていて。これはいいなあと思うと、他にももっとつけやすい色が欲しくなって、どうせなら自分で作ってみようと、彼女に教えを乞うたのだ。

まずはビーズショップでのビーズ選びから始まった。あれほど小さいビーズというものが、あんなに種類もサイズも豊富なものだと知って眩暈がした。世の中の人はすごいなあ。と、何か新しい世界をのぞくたびに言ってます。
一番使いまわしがききそうな色ということで、ゴールドとシルバー系の2つにチャレンジ。

設計図を見ながら、ぽつぽつと1つずつテグスに通す。最初は、くー老眼鏡が欲しい、などと思ったが、慣れてくるとなんとかなるもんだ。2つ目になると、もう注文受けられるかしらアタシったら、なんて余裕の態度で通しまくり。
仕上がり寸前で、1つビーズを抜かしてたことに気づいた時は、思わず天罰という言葉が頭をよぎったね。

再び謙虚に作り直して、今では3つ子の指環達。今度はピアスにも挑戦したくなってるんですがどうですか。>師匠
[PR]
by senrufan | 2006-11-27 12:35 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/6120694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん at 2006-11-30 15:05 x
ビーズの指環懐かしい~!子供の頃、流行ってつけてました。この頃またブームなのですよね。色合いもいいかんじですね。

Commented by kiyo at 2006-11-30 15:19 x
わー、作り直したんですね。えらい!えらすぎます!私も、なくなったなぁと思った去年のビーズの残りが今日見つかりました、、、、なので、また作ろうかと思います。ピアスもいいですねぇ。一緒にトライしますか♪
Commented by peartree22 at 2006-12-01 09:21
わーーー、色合いがアンティークっぽいくってとても好きです。売っていたら私も買い占めたい!
私もアクセサリーなどというものをほとんどしないのですが、ビーズの指輪はある方にいただいて、よくつけます。気軽さと私もジーンズが多いのですが、けっこう合うんですよね。それにちょっと女らしくもなるかと(そのしぐさでは無理でしょとつっこみがあちこちから)。
私も作りたいなぁ・・でも無謀だろうなぁ。
Commented by Miyuki at 2006-12-01 11:41 x
*まきりんさん
そう、今流行っているのに、どこか懐かしいのですよね~。いい色でしょう? 友人のセンスのおかげです♪
Commented by Miyuki at 2006-12-01 11:42 x
*kiyo師匠
がんばったよー! だって早くつけたかったんだもんさ。
お、またやるですか? ならばぜひご一緒に~(すりすり)
Commented by Miyuki at 2006-12-01 11:46 x
*ちゃんさま
そなのです、アンティークっぽいでしょ! 最初に私が選んだのはもっと普通のだったのですが、渋めゴールドのビーズに変えてくれた友人のおかげなのですよ。人様にすがって生きてます。
私もアクセをつけないのは、服よりも中身の問題が大きいですな……世界一ブランドが似合わない女。
ちなみに、ちゃんさまなら絶対作れる!!(断言) ぜひトライ。アネネちゃんがいずれビーズで遊ぶようになったら、それを機会に、とか!


<< It brings back ... 指折り数えて >>