この恵み深き存在を

b0059565_12402269.jpg

抗酸化作用とポリフェノールの豊富さで、最近良く見かけるようになったザクロ商品。ジュースやアイスなどなど。中近東系レストランでは、ザクロのシチューもありますよ。

ところで、あのぎっしり詰まったザクロの実を取るにはどうしたらいいか。
四等分に割ったざくろを、水をはったボールの中に入れ、水の中で実をほぐすようにして取るんだそうです。
中の実だけのパックも売ってますが、より新鮮なものをお求めなら、やはり丸ごとの実から取るのが良いのかも。

ということで、今日は2つほど収穫しました。お隣さんから伸びた枝から。

* * * * *

【読書】
b0059565_1241960.jpgなぜか、妙にファンタジーが読みたい。それも上質のものが読みたい。こういうことを考えるのは、メンタル面でどこかに疲れがたまっているからか。ファンタジーは現実逃避に良いからね。

そんな風に思って手にとったのは、シャロン・シン著「魔法使いとリリス」。大人向けの御伽話という感じのファンタジー。



魔法使いとして非常に有望な資質を持つ青年、オーブリイ。今持っている技に加えて、変身術を身につけたくて、名人と言われる魔法使い・グライレンドンに弟子入りした。しかし彼の館の住人は、グライレンドンの妻・リリスを始めとして、どこか奇妙な存在ばかり。そんなリリスに、オーブリイは日々惹かれていく。そしてリリス達が持つ、大きな秘密の存在に気づく。

ストーリーとしては単純でシンプルなのだけど、全編を通じて漂う切ない雰囲気がとても良い。目線や指の動き一つの描写にまで、情緒が溢れている。優しさや哀しさ、恐怖、欲望といった感情が、ゆっくりと肌に沁み込むように、確実に全身に届くのだ。

リリスには感情がない。だから”愛”というものが理解できない。オーブリイの気持ちに応える言葉に、大事な鍵が隠れている。そして周りの住人と、グライレンドンの態度にも。

魔法が使えたら、と願ったことのない人はいないと思う。しかし実際その力を手にしたとして、健全な意志の下に使えるか。本質にあるものをつかめるか。
変身術とは、正にその対象の本質を理解していないと成せないものだ。体中の成分の一つ一つを、元素レベルに至るまで変化させていく。そして完全に変身を成し遂げた後には、心までそのものに変わる可能性が待っている。元は自分は何であったか、忘れてしまうかもしれないのだ。
元の自分を完全に忘れて、生まれ変わったように別な存在になることを、また願う人も多いだろう。しかしそれが自分の意に染まない場合、どれほど残酷なものであることか。
その残酷さが変身術を身につけたオーブリイに、邪悪な魔法使いに立ち向かう勇気の引き金を引かせることになる。

たとえ体は変わっても、持って生まれた本能は根強いものだ。その声に逆らい続けることを良しとはしない。
この世界には、その身体と心が在るべき場所がある。その場所から無理矢理離すことは、世界に歪みを与えることになる。
もしその対象に、ほんのわずかでも愛を感じるなら、そんな残酷な行為に踏み切ることができるか。できる場合は、それは果たして愛であるか、という問いかけが続くのだ。

切ない物語の終わりに用意された、温かいエピローグ。
これはある人々を描いた物語だが、確かにその背景には自然という世界がある。無慈悲なようで、実は何よりも王道な。私達もそんな世界に包まれていることを、改めて感じさせてくれる一冊だ。
[PR]
by senrufan | 2006-10-25 12:39 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5938242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2006-10-28 00:18 x
そうかあ、「いくら」の要領で取るんだね。もうざくろの季節かあ。
Commented by Miyuki at 2006-10-28 01:06 x
*ぱんなしゃん
そなの、もう鈴なりよお、お隣さんの木。あと私は、その横のバナナが黄色くなるのをじっと待ってるのであった。寄生虫。
Commented by まきりん at 2006-10-28 06:13 x
ザクロに続きバナナとは、やっぱりそちらは暖かいのね。

<元の自分を完全に忘れて、生まれ変わったように別な存在になることを、また願う人も多いだろう。しかしそれが自分の意に染まない場合、どれほど残酷なものであることか。>

変容にはそういう危険性もあるのね。
Commented by Miyuki at 2006-10-28 11:15 x
*まきりんさん♪
はい、暖かいですよ~。さすがに朝晩は冷えてきましたが、日中はまだ半袖です。
まきりんさんの詩のように、自分が望んで自分が成し遂げた変容なら良いのですが、意志を無視された強制は、どんなものでも危険ですよね。
Commented by weagle2053 at 2006-10-30 00:22
こんばんは。実は、生まれてこのかたザクロは口にした事がありません。
嫌いなのではなく、たまたま食する機会が無かったから。ザクロの木のあるお宅の隣に引っ越さないといけませんね。
ところで、リリス達の持つ大きな秘密。気になります。
Commented by Miyuki at 2006-10-30 04:13 x
*単身名人さん
こんにちは~! ザクロはなかなか出会う機会がありませんよね。隣にない限り(爆) でも一粒一粒食べなくてはいけない上、中には種があるので、ぶどうより食べるのがめんどくさいという代物でもあるのです(笑)
秘密はですねえ、ふふふ。読んで下さいませ♪
Commented by ちゃん・りー at 2006-10-30 07:24 x
ざくろ、祖母の家にありました。「ざくろの味は○の味」というちょっと怖い言葉にどきどきして食べた覚えがありますが、大好きでした!私はぐわしっと手で掘るようにして実を取っていた野生児であります。
さぁーー、もう一冊、読みたい本が増えちゃった。Miyukiさんの書評はほんとうに的を付いていてそれでいてネタばらしにならず、人を読みたくさせる魔術です。
Commented by Miyuki at 2006-10-30 11:42 x
*ちゃんさまvv
わー、私も覚えてます、その○の味の言葉! 鬼子母神伝説から来てるんでしたっけ?
こーんな拙いタダの感想に、いつも優しい言葉をくれて本当にありがとうございまする~~(うるうる) またまた沢山たまっていて、めんどくさいので感想は無視、とか思っていましたが、ちゃんさまの言葉で俄然やる気になる単純至極なワタシでございます。


<< ダイヤとルビーと漆塗り ひとつ加えて ひとつ出し >>