起きる向きを誤れば

【料理】
b0059565_1075954.jpg

大谷ゆみこさんの料理本、「野菜だけ?」
マクロビではないのだけど、動物性のものを一切使わないレシピ本ということで、薦める人が多い。実際中を見てみたら、使い回しがきくレシピ揃いでありがたいものばかり。
こちらの本にのっていた、トマト味噌ソース。トマトが店頭に沢山並んでいるうちに、と作ってみた。

作り方は至極簡単。ざく切りにしたトマトを油でさっと炒めて、その上に塩をふって味噌をのせ、中火で煮る。トマトの形がなくなって味噌が溶けたら、混ぜ合わせて出来上がり。
野菜をマリネしてもいいし、ピザソースとしても使えるらしい。ニンニクや唐辛子、ねぎなどを炒めたものを加えれば、ホットソースや中華ソースにも。

味噌の種類によって味が変ってくるのだが、私が今回使ったのは麦味噌。コクが出て濃い目のイタリアンソースっぽい味わいになったが、持っている麦味噌がほとんど黒に近い色な為、ソースもかなり黒い色合いになったのが少々残念。

今日は大谷さんのお薦めに従って、しめじとアスパラを入れたトマトライスに。炒めた野菜と玄米ご飯にさっとソースを混ぜるだけ。
明日は残ったソースに玉ねぎやセロリ、にんにくなどを炒めたものを混ぜて、また別なトマトソースを作る。車麩のステーキに合わせてみようと思ってる。
b0059565_1093117.jpg




* * * * *

【家庭内事情】
お嬢が家を出るのは朝7時50分。今朝目覚めたら、時計が7時32分をさしていた。

内外共に絶叫しながら大慌てでお嬢を起こし、大車輪で朝食とお弁当を用意する。
ごめんね、ごめんねと謝る私に、
「いいよいいよ、たまにはこういう時もあるよ」
「私がいつも遅刻しないでいられるのはママのおかげだもん。今日がちょっと悪い日なだけだよ」
と言ってくれるお嬢。

彼女はこういう時に、私を責めることがない。
子供は親を選べないとも、親を選んで生まれてくるとも言うけれど、どうしてこの子はうちに来たんだろうとぼんやり考えたりもする。
だって私の子なら、こういう時こそ悪し様に罵るはずだろうに。母の背中を見ていればそんなもんだろうと、自嘲しながら思うのに。
彼女の大きさ、のようなものを見せられると、誇らしさと同時に、私が親でいいんだろうかと、気弱さを感じる自分がいる。

学校から帰ってきたお嬢に再び謝ると、にやっと笑って
「じゃあ24時間、私にナイスにしてね」
と言って抱きついてきた。抱きしめ返しながら、どこかで少しほっとした。

こんなにも自分勝手で不安定な人間が、親という仕事をやって12年以上になるらしい。
[PR]
by senrufan | 2006-09-21 10:07 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5738326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eucaly at 2006-09-23 13:57 x
いろんな家がありますねえ。私の実家では、私は親に起こしてもらったことがないです。うちの母は私が起きないと具合が悪いんだと思っていた。で起こさない。会社に通うころは朝早いので毎日は母は起きて来ませんでしたよ。朝はProntでコーヒーとパン。悟は私がうるさく言ったので最近自分で起きます。遅刻しそうな時でもぎゃあぎゃあ言いながら朝飯を食らっていきます。酉年の癖に朝が弱いのう。私はもっと自分勝手。
Commented by peartree22 at 2006-09-23 21:47
この本、良さそうですね!そうそう、Miyukiさんのお奨めの本や読まれた本は私の手帳にずらりと並べられています。近々図書館に行かねば!
「私の娘なら・・」とおっしゃってますが、きっとMiyukiさんの後姿を見てお嬢さんは育っていかれているのでしょう。この年頃の娘さんって親の揚足を取ることばかり考えている(あ、それは私だけ?)と思っていましたが・・・。我が家の娘、最近私の口調を真似て「おどし」を覚えてます。先ほども夫に「言うこと聞かないとー、保育園に入れるよー」と言ってました。しくしく・・・。
Commented by Miyuki at 2006-09-24 10:05 x
*eucalyさん
なんて懐の深いお母様!そのくらいの豪胆さが私にも欲しいー。eucalyママ、しっかり受け継いでいらっしゃるではないですか、立派だあ。
私も異常に朝に弱く、散々母をてこずらせてきたのですが、旦那はそんな私が「負けた!」と思った人でした。電子音に反応しない遺伝子の持ち主。その遺伝子がしっかり娘に受け継がれたのでしたよ……
Commented by Miyuki at 2006-09-24 10:10 x
*ちゃんさま
私の本の趣味はかなりの偏食なので、ぜひちゃんさまのお薦め本を教えて下さい! この料理本は良かったですよー。
うふふ、アネネちゃんの成長ぶりに目を細めっぱなしの私です♪ 保育園が脅しになってしまうのねー(爆笑) うちの場合、私の背中を見てほしくなくて(それもどうなんだ)、とにかく距離を置こうとしてるのですが、一人っ子の母子家庭なのでなかなか難しいです。はあ。


<< 豆と共なる豆の背よ 怖れという足枷を >>