乾きの連鎖

先日超音波検査を受けた病院から、ランダムにピックアップしたというアンケート調査の電話がかかってきた。

だから、なんで、宝クジには当たらないのに、こおゆうのばっかり。(3年連続、市のランダムアンケート調査を強制されたヤツ)

* * * * *

【雑事】
b0059565_1126142.jpg

ここしばらく、じんじんと舌が痛い。ひどくはないが、火傷したようなひりひり感がずっと続いている。
食べた後、胃が少々痛んだりしたこともあって、胃が荒れてるのかなあと思っていた。

しかし今日、鏡の前で舌を見てみれば、真ん中下半分に割れたようなひびが一本。これは痛いはずだと納得した。

思い出したのが、最近TVで見た「ドライマウス」なるもの。ドライアイはすっかり馴染んだ言葉だけど、口にもそういう症状があるらしい。
中で紹介されていたドライマウスの人の舌は、3本以上のひび割れが入っていたんだよ。まさか自分が同じひびを持つことになるとはなあ。

しかしネットでざっと漁ってみたところでは、ドライマウスまでには至ってないらしく、ほっとした。ドライマウスになると口臭がひどくなるそうなので、お嬢の前で「はーっ!」とやってチェックしてもらったら、思いっきり顔をそむけられた。それは口臭のせいか、ただの嫌悪感なのかどっちなんだ。



ちなみにTVでは、「柔らかいものを食べるようになり、咀嚼回数が減ったことによるドライマウスの増加」というところに主眼が置かれていて。一口ごとに30回噛むのが望ましいとおっしゃるんだね。
良く咀嚼することによって大量の唾液が分泌され、それが口腔内の細菌の繁殖を抑え、粘膜を保護し、歯の再石灰化を助け、消化を良くし、発ガン性物質をなくして、内蔵を守る。万能選手。

そういう意味では玄米ご飯が主食になってから、消化を良くする為にも、栄養をちゃんと吸収する為にも、咀嚼回数は意識して増やすようになって、改めて今までそれほど噛んでなかったと実感して。
ちゃんと噛むと、甘くておいしいんだよね、ご飯って。野菜も特に根菜類は、ちゃんと噛んだ時に沁みてくる味が何よりなのだけど。だからといってこれを「いーち、にー、さーん……」と数えて噛むのも味気ない。

そうしたらネットでこんなやり方を教わった。
「ありがとうございます」、この言葉を一噛みごとに一音ずつ唱えるんだって。
ありがとうございます、で10文字なので、これを3回繰り返す間、噛んでいるようにすればいいと。名案だ。しかもなんかこう、お百姓さんありがとうの気持ちまで表せる、メンタル面でのサポートまで感じられるような(激違)

今日もしっかり噛んでます。あ・り・が・と・お・ご・ざ……

で、この舌はいつ治るんだ。


特に参考にさせていただいたサイト:ドライマウス
  別サイトさんには、「更年期の女性に多い」という一文がありました(…)
[PR]
by senrufan | 2006-09-19 11:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5726702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 怖れという足枷を 焦りと油断の賜物は >>