案ずるより検査が易し

”世界から一言”のコーナーです。

アメリカはカリフォルニア、ベイエリアにお住まいの歯科医さんから、
日本の自民党総裁選挙のニュースを見たご感想を。

「皆さん、人前に出るなら、もっと良く歯を磨くべきですね」

* * * * *

【個人的事情】
b0059565_10404770.jpg

胸、というかぶっちゃけ乳房の超音波検査です。なんかもっと適切な日本語はないのかこれ。

この検査はこれで2回目。婦人科の主治医を見つけてから、胸についてはずっとボーダーライン上。おそらく授乳の後、乳腺に少し固まりが残ったのではないかとも言うのだけど。これが時期によって少々固くなるらしく、また今回もひっかかってしまった。
母が乳ガンを患ったこともあり、先生としても見過ごせないらしい。ありがたいことです。私にまかせてたら、きっと数年放置だし。(卵巣のう腫を2年放置した前科者)

順番が来て、看護婦さんに連れられて小部屋に入ると、PCサイズの機械と一台のベッド。ここに横向けに寝ると、背中を細長いクッションで支えてくれる。マットも身体の歪曲に合わせた形で、大層快適。あまりに具合が良くて、検査を待ってる間に思わず意識消失。お花畑を見ました。

プローブにうにょ~っとジェルをつけ、胸にあてると、画面に内部の超音波映像が映る。当然素人目には何がなんだかさっぱり。
最初は看護婦さんが検査してくれたのだけど、何も見つからなかったので、ドクターにバトンタッチ。

超音波検査というと、妊娠中にとってもお世話になったよね。元・超音波検査技師だった義姉は、その健診で子供の性別を判別してた。あの頃、わけのわからん影模様をドクターが指差しては、「ほら、ここ見てごらん。心臓が動いてるでしょう」とか言ってくれたけど、胸の検査でそれがあったらホラーだろう。
ドクターも丁寧に見てくれたけど、「あなたに賛成よ、何もないわ」とおっしゃった。

お二人のお墨付きをいただいて、無事に無罪放免。後は主治医との2ヶ月後の健診だな。
[PR]
by senrufan | 2006-09-12 10:40 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5682681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamika at 2006-09-14 12:12 x
無罪放免、よかった、よかった。
Commented by senrufan at 2006-09-14 13:09
ありがと、みかしゃんvv
Commented by eucaly at 2006-09-14 16:01 x
良かったですね、私は薬局の上のドクターに「こういうのは乳がんにはならない典型的な例」と言われてますが、子宮の方はわからないなあ。
Commented by あつゆき at 2006-09-15 05:08 x
よかったね、これでまた一安心。
お疲れ様でした。
私もこれからはサボらず検診に行くようにします。
Commented by Miyuki at 2006-09-15 10:36 x
*eucalyさん
え、それはeucalyさんの胸の組織のことですか、それとも形とか?(えええ) 興味津々、また教えて下さいましー。包丁とかぼちゃの時にでも!
あ、あのWhole Foods、オープンしたらしいですよ。一緒に行きましょー♪
Commented by Miyuki at 2006-09-15 10:39 x
*あつゆきちゃん
ありがとねえvv なんかもうこの手のことに慣れきってしまって、全然緊張感のない自分が怖いわ(笑) 私がお世話になってる婦人科の先生もすごくいい方なので、何かあったら紹介するからねー。


<< 健全な心と深呼吸できる身体を ハチドリの運ぶ一滴に >>