登り終えた山の向こうに

【個人的事情】
実はね、2ヶ月前に家が火事になって、全焼したの。原因は多分、リスの家族が天井裏に住み着いて、電源コードをかじったんじゃないかって。
何もかも焼けちゃったわ。子供のおもちゃも、服も、家具も、ほんとに全部。

私が買い物に出かけている時に携帯が鳴って、それがパニックを起こしたお隣さんからで、「あなたの家が火事よ!」って。息子が家にいたから、私ももう半狂乱になった。
彼はヘッドフォンで音楽を聴いてて、外から皆がドアをガンガン叩いてもチャイムを鳴らしても全然気づかなくて、とうとう近所の人が窓ガラスを割って入ってくれたの。無事だとわかった時は、その場に崩れて、しばらく立てなかった。

その後から私はしばらく情緒不安定になってしまって。毎日オフィスに来ては泣いて泣いて、ドクターやスタッフの皆の前で泣きまくったわ。止めようと思っても止められなかった。動かなきゃ、と思うから、何とかオフィスには来るんだけど、仕事にならなかったのよ。



だけど、一つだけいいことがあったの。それは、離婚した主人との物も、全て焼けてしまったこと。
彼との結婚生活で、最後の方はもう私はボロボロだった。彼はいつも要求するばかり、自分を押し付けるばかりの最低な自己中心人間でね、家事と夜の生活の為に女性が必要なだけだった。
なんとか彼から離れたくて押しやるのに、彼はまたこちらに強引に戻ってくる。どうしても私を手放そうとしなくて、常に自分の欲求だけを満たそうとして。何もかも滅茶苦茶にされた。
災害にあったのに、彼と過ごした時を思い出させる物がなくなって、こんなにすっきりするなんてね。

でもね、ようやく立ち直ってきたのは、ある人のおかげなの。今、その人にプロボーズされてるのよ。
だいぶ前にジムでエクササイズしてて、自転車が動かなくなって困っている時に、その人が助けてくれたのが知り合ったきっかけなんだけど、実は彼の方は、もっと前から私を見てたんだって。
今回の火事の後、いっぱい助けてくれて、後始末もしてくれて、一緒に暮らそうと言ってくれた。向こうも離婚して子供が2人いるんだけど、うちの息子も彼らも、私達を応援してくれてる。私も彼を日に日に好きになっていってる。

だけど踏み切れないの、まだ。結婚という形をとるのが怖いのよ。前の失敗が尾を引いてて、またあんなことになったらどうしようと、身体が竦んでしまう。
そんな私に、彼は「ゆっくり時間をかければいい」って、そばにいて沢山ハグとキスをくれる。愛してるという言葉も、数え切れないほど言ってくれる。それでいて、私にそれを返すことは要求しない。ただずっと待っててくれてるの。

この前、2人で散歩していた時、道端に花が咲いていて。彼はそれを摘んで、「君も今はつらいだろうけど、時間をかけて、いつか必ずこんな花になるんだよ」と言ったのよ。今まで聞いた中で、一番ロマンティックなセリフだった。
私はまだ種で、中でゆっくり芽を育てているところ。でも彼のおかげで、いつか花になれると信じられるようになってきたわ。
次にあなたに会えるのは半年後ね。その時に私が花を咲かせていることを祈っててちょうだいね。

* * * * *

半年に1回の、歯医者でのクリーニング&定期健診。
健診は主治医ですが、クリーニングは専門の衛生士さんがやってくれます。半年に1回の逢瀬ではありますが、かれこれ数年来お世話になっているのです。

この衛生士さん、年齢はそれなりと思いますが(なんせ一人息子が大学生)、とても理知的な別嬪さんで、いつも淡々と、でも温かく接してくれて、密かにお慕いしておりました。
そうしたら今日はクリーニングの終わりの方になって、こんな打ち明け話をしてくれて。2人で夢中になって話し続け、最後は看護婦さんが苦笑しながら時間を教えてくれる始末。
大きい苦痛に耐えて心に穴を抱えてきた彼女に、今、その空白を埋める幸運が訪れている。なんとも粋で公平な計らいだと、何かに感謝せずにはいられません。

彼女は、新しい彼の”ゆっくり時間をかけて”という遣り方を、Nice British wayだと言います。彼はインド人で、英国流の教育を受けた方とのこと。ナンチャッテ英国好きな私には、これもほのぼのと嬉しい言葉でした。


彼女と入れ替わりに入ってきたドクターが、今度はレントゲン写真を見ながらの健診や、顎・首の骨のチェックをば。

「歯ぐきの状態はとても良いけど、ちょっと虫歯になりかかっているところがあるので、今度もう1回来て下さい。ぱぱっと治療してしまいましょう。ほんの40分ほどですから」

そして全てが台無しに。
[PR]
by senrufan | 2006-09-08 11:37 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5655475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2006-09-11 00:09 x
この日記、、、すごい。感動したあ!!あなたは本当にすごい文才があるねえ。大事なことをきちんと書ける。彼女の幸せ、あたしもかげながらお祈りします、、、。
Commented by Miyuki at 2006-09-11 10:16 x
*ぱんなしゃん
うわあ、10年に1度の褒め言葉だ(照) ね、ほんとに幸せになってほしい。
でも実は私の英語の解釈が全然違っていたら、どうしたらいいんだ……
Commented by weagle2053 at 2006-09-11 22:15
いい話ですね。
半年後に歯科衛生士さんに花が咲いていたら最高ですね。
Nice British Way・・・ですか。
僕にはまねできないなぁ
Commented by ちゃん・りー at 2006-09-12 07:43 x
ぱんなさんの言うとおり。短編小説を読んでいる楽しさがMiyukiさんのブログにはあるのです。題からして然り、最後の落ちもしっかり。読書が糧になっているのですね・・・。
彼女に花が咲きますように。なんだか朝から素敵なスタートになりそうです。
Commented by Miyuki at 2006-09-12 11:00 x
*単身名人さん
ほんとに、どうか上手くいってほしいと願うばかりです。きっと相手の方も離婚経験がある分、彼女の気持ちが余計にわかるんでしょうね。経験を通して学ぶ。私にはBritish wayよりも、こちらの方ができましぇん(涙)(学習能力マイナス)
Commented by Miyuki at 2006-09-12 11:05 x
*ちゃんさま
照れまくって爆死寸前でございます……ちなみに友人に、「せっかく真面目に進んでるのに、どーしてアンタは最後に茶化さずにいられないのっ!」と叱られたことがあるです。世界で一番シリアスが似合わない(ぢまん)
ちゃんさまとアネネちゃん、今日も良い日でありますように♪


<< ハチドリの運ぶ一滴に 個人主義との折り合いを >>