個人主義との折り合いを

我が家の旦那はO型、私はB型。この組み合わせ、実は相性は良いらしい。

先日旦那が、やはりB型妻を持つ旦那達とたまたま集まったそうで、その時にB型妻についてのコメントが色々と出たんだって。どんなものかというと、
「B型って、いつも一人で勝手に行動するよね」
「うん、いつの間にか決めてて、さっさと動く」
「人の話や都合を聞かないしなあ」
「マイペースというか、考えなしというか」
反論したいことは山ほどある。
が、認めざるをえない箇所が多すぎて、唇を噛んで俯くばかり。(ちくしょー)(覚えてろー)

* * * * *

【読書】
b0059565_11134363.jpgジェイニー・ボライソー著「クリスマスに死体がふたつ」を読む。コーンウォール・ミステリ第3弾。

廃鉱でスケッチをしていた画家のローズは、突如女性の悲鳴を聞く。警察に通報したものの何の痕跡も見つからず、笑いの種になってしまう。しかし本業は順調で、地元芸術家達との付き合いも始まり、新しい恋人候補もできたのだが、その彼の元恋人が死体で見つかり、ローズまでもが容疑者に。元恋人のジャック警部と角つき合わせながら、ローズは彼女なりに行動を開始するのだが。

第1作以来、ミステリーの謎解きだけでなく、ローズの恋愛模様も主要筋の一つなのだが、また今回も肩透かし。
夫を亡くしてから長い落ち込み期を過ごした彼女、ようやく立ち直り始めたと思ったら、たちまち次々と候補が現れて。が、コーンウォール地方の暗めの雰囲気とローズの強い自己心が、お手軽な方向に流させることなく、冷静に物語を進ませる。



1作目・2作目とミステリーの質が上がってきて、今作の事件の筋立てが今まで一番良くできている。登場人物が増えたが、芸術家揃いであるだけに個性豊かで、そんな彼らが事件を余計に複雑に絡み合わせ、謎解きを面白くしている。
ローズのただ真っ直ぐに絵に向かう姿勢が、彼らのような集まりの中ではかえって光るわけだが、そんな彼女もシリーズを重ねると、そんな側面を出すのだろうか、との期待(?)も抱く。

今作ではクリスマス前後の時期が舞台なので、街の華やかな情景や、人々の忙しいながらも楽しい様子などもうかがえる。回を追うごとに色の層を重ねて密度を増していっているシリーズだが、舞台が舞台なだけにともすると暗くなりがちなので、このような華やかさの点描は歓迎だ。

個人的にジャック贔屓なので、なんとかローズと元の鞘に収まってくれないだろうかとやきもきしてるのだけど、ローズにはその気はすっかり無いようで寂しいったら。「良い友達」の位置から、今後彼女の恋愛模様を眺めていくのかと思うと、ジャックに同情の涙がダーダーとね。
[PR]
by senrufan | 2006-09-07 11:11 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5649275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiyo at 2006-09-09 12:32 x
うちの旦那さんがその中にいなかったことを祈って、、、、でも3/4は当たっている自分がいて反論できません。でも、それって悪いことなのかぁ???くすん。
Commented by eucaly at 2006-09-09 15:21 x
うちは旦那がB型私がO型。でも奥さんへの感想は同じだと思う。逆の組み合わせの夫婦と違って、二人ともお互いのこと見てないかも。
そういえば、今日釣竿買いました。準備万端ですぜ!
Commented by Miyuki at 2006-09-10 02:34 x
*kiyoちゃん
お、いらっしゃったかどうか聞いてみよう。O型旦那が決めないから、妻が決めることになるんじゃないのか、という反論あり。つかうちの場合、当てにしないように躾けたのは君であろうに、とな。(ムカムカ)
Commented by Miyuki at 2006-09-10 02:37 x
*eucalyさん
お二人とも、ってそれは独立独歩ですんばらしい(笑)
わあいさすが早い!>釣竿 これからのご予定は?私も買わなきゃいけないのではないですかね。
Commented by weagle2053 at 2006-09-10 09:05
我が家は、僕がA型、家内はB型。
B型の家内は確かにマイペースでかなり気分屋。
いつもオイラは「はらはらドキドキ」です。
Commented by Miyuki at 2006-09-10 11:19 x
*単身名人さん
がぁああん、名人さんにまで言われてしまいましたあ…! もう立ち直れません(嘘)
でも確かに、一番B型に文句を言うのは、A型の人らしゅうございます。几帳面な性格の方にはたまらないでしょうね。すみませんすみません(なぜ謝る)


<< 登り終えた山の向こうに 所変われど本質は >>