所変われど本質は

友人の旦那様@アメリカ人と、今まで2~3回だけ立ち話をしたことがあるのだけど。
今日彼女に聞いたところでは、彼は私を「すごくfunnyだ!」とほめてたらしい。

どこがほめてるの、つか、どこがfunnyだと言うですか。
顔ですか、服ですか、髪ですか。それともやはし英語ですか。

ちなみに初対面の後でもほめていただいたそうで、それは「絶対アメリカでひったくりに遭わないタイプ」ということでした。
私のアイデンティティって一体なに。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_10275029.jpg

まだまだ続くよ中東巡り。今日は家から歩いても行けるところに先日オープンしたアフガニスタン・カフェ。おーいPんなしゃん、行っただよー。>私信

オープンといっても、ほんとはリモデルオープンというか。実はやはり徒歩圏内にずっと前からあったコーヒーショップが、装いを変えて再開してくれたのだよね。前のショップは2回行ったけど、サンドイッチもマフィンもおいしくて、店員さんも親切だったのを覚えてる。
今回もアフガニスタンとは言えど、店内の真ん中には大きなコーヒーマシンと、豆を入れた何種類もの容器が壁際にずらり。コーヒーへのこだわりは変わらないらしい。



親切な横に大きいお兄さんが色々とメニューを説明してくれて、どれもおいしそうで迷いまくり。
結局私が選んだのは、Vegetarian Combo。White riceとBrown rice、それにナス・ほうれん草・かぼちゃの3種類のおかずがついている。これがそれぞれトロトロと柔らかくておいしいの。
添えられた野菜は豪快に生だが、ドレッシングがビネガー&シアントローかホットチリと、好きな方をかけて食べても良し。これで$8.95。

後で頼んだチャイラテは、きめ細かな泡が盛り上がってて、最後まで飲み干しても泡が残ってた。デザートもバクラヴァ、チェリーパイ、エレファントイヤーなど数種類。

気取らない、ちょっとざわざわした空気が心地良い。お茶でも食事でも長居ができる。
なんせ近いので何回も通って、いつか全種類制覇しよう。

Cafe Sophia Coffee Roasting
2706 Middlefield Road
Palo Alto, CA 94306-2517

* * * * *

【時事】
地元紙での、紀子さまご出産のニュースにて、

「菊の王権、世界最古の君主国」
「皇居前に集まった人々は『万歳!』と叫んでいた(”Ten Thosand Years!”)」

面白ーい。(ウケてます)

全米各紙、世界各国、色々と報道はあると思いますが、この紙では
「これで雅子妃が世継ぎを産まなければというプレッシャーから解放され、負担が軽くなるだろう」
「低下し続ける日本の結婚率・出生率、そして経済へも上昇効果が期待できる」
となってました。


雅子さまのことに関しては、心安らかでおられることを祈るばかり。
それにしても、改めて日本の皇室は特別な存在だと感じたり。以前よりずっと報道数が多くなったとはいえ、それでもスキャンダルにまみれきることなく、こうやって国民が皇室のお祝い事を、素直にめでたいと思える王室。その在り方は貴重であると同時に、誇らしくもある。
[PR]
by senrufan | 2006-09-06 10:26 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5643135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2006-09-08 20:31 x
おお!実は昨日あそこにしようか、それともサン・トーフか、って悩んで、結局トーフにしてもーたの。このコンボ、うまそうだなあ♪
Commented by Miyuki at 2006-09-09 00:34 x
*ぱんなしゃん
これもんまかったし、友達が頼んだマントゥもラム&ライスもうまうま♪ 今度会える時は、ここで待ち合わせしよーよー。
Commented by weagle2053 at 2006-09-09 08:06
万歳 ''Ten Thosand Years"は笑えますね。日本では皇室典範の改正が叫ばれていましたが、これで「女帝誕生」の可能性は暫く封印のようですね。
ところで、一つ前の記事の炭屋さんの住所SAN JOSEってバカラックのサンホセへの道のサンホセですか?
すみません、どうでもいい事聞いて(^^;)
Commented by Miyuki at 2006-09-09 10:30 x
*単身名人さん
ね、思わずふきだしてしまいますよね、「万年」合唱(笑)
「サンホセへの道」! うわあ、全く気づきませんでした! あれはLAからの歌なので、同じ州内のここサンホセの可能性特大ですね。いいことを教わりました、ありがとうございます! 次に誰かに「どこに住んでるの?」と聞かれた時に、気取って「ほら、あのバカラックの歌の…」なんて返してみましょう(笑) サンホセ(サンホゼ、サンノゼとも言います)は、かつてカリフォルニアの州都だったんですよ。


<< 個人主義との折り合いを 三つ子の魂数えて十二 >>