「ほっ」と。キャンペーン

三つ子の魂数えて十二

あおむけに寝た状態で、胃がへこまなければ、かなり内蔵脂肪がついているということの証だって。
メタボリック症候群から遠ざからる為には、内臓脂肪を落とすことは必須中の必須。皮下脂肪よりずっと落としやすいのは良いことだ。

だから、皮下脂肪はどうやったら落ちるんだってば。(キィイイイ)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_10463429.jpg

家族で唯一レバーが好物なのは私だけ。何度か食卓には並べてみたが、その度お嬢が吐きそうになったので、以来家の献立からは姿を消していた。
しかしなぜか食べ物に関しては克己心が強い彼女、いつか日本の焼き鳥屋に行きたい、そうすれば新鮮なレバーがあるだろうから、私でも食べられるかも……などとのたまっていたのだな。

そんな話をした後に、このエリアに日系の焼き鳥屋がオープン。なんてタイムリーなんだ。メニューはどうだ。おお、ちゃんと肝も砂肝もあるじゃないか。
今日が誕生日のお嬢、ちょうどいいから行ってみよう。んでもってレバーに再挑戦だ。



焼いているところを見たかったので、カウンター席を選ぶ。といっても壁が高く、結局立たなくては見えないんだけどね。炭のコンロの上に並べられた串をお兄さんがまめにひっくり返し、時々ボッと炎も上がるんだよ。
メニューは焼き鳥メイン、他に本日のスペシャルメニューが幾つか。他のメニューが少ないのが難点か。お店の人達はすごく親切。

いよいよレバー@タレを食べるお嬢。ぐっと口に加えて焼き串を引き抜く。もぐもぐもぐと口を動かす。
眉間に皺が数本寄る。が、すぐ晴れる。
「舌触りは嫌だけど、味は大丈夫。栄養あるし、がんばって食べるよ」
頑張りどころは食べ物だけじゃなくてね、という説教は胸に秘めて。なんたって誕生日だし。

砂肝も初体験だったけど、こっちはすごく気に入って、旦那や私の分も奪う勢い。苦味の強い日本のピーマンも、苦手ながら食べてたよ。
これでレバーにありつける場所を2つ確保した私もご機嫌。んじゃ今度は一緒に、Copenhagen Bakeryのレバーペーストサンドを食べに行こう!
と言ったら、すんごく嫌そうな顔を返された

家に帰ってニュースをチェックしたら、秋篠宮ご夫妻に男児誕生のニュース。日本時間で9月6日。
惜しいっ!とまず思った私は不敬罪。何はともあれ、めでたいめでたい。

SUMIYA(炭屋)
5160 Moorpark Avenue
San Jose, CA 95129

* * * * *

【家庭内事情】
我が家の娘は、とにかく小さい頃から物欲が無くて。葉っぱや枝や紙があればOKな子で。おもちゃ屋なんか大嫌いで、唯一ついて来たがる買い物は本屋だけ。
よって誕生日もクリスマスもねだるものが何もなくて、何かあげたい祖父母を困らせることといったら年中行事。おかげでまだお小遣いをあげてません。父がそこら辺にぽろぽろと落としていくコインを拾っては、「Money hunt!」と満足してます。

今年も一応事前に聞いたんだけどね。でも何にもリクエストがなくってね。
たまたま連休で、お友達2人の家にそれぞれ1泊ずつお泊りさせてもらって、「こうゆうのが一番嬉しいからもう充分だよ」とか言っちゃって。
果ては、「じゃあ誕生日の日は、私が何をしても怒らないで」なんて言って、「怒られたくなかったら、怒られるようなことをしなければいいでしょーがっ!」と逆に私の怒りを買ってね……(遠い目)

せめてと思って、朝から本屋に連れ出して、色々と物色させる。それでも「図書館か学校の図書室で借りるからいい」と尻込みするのを、無理矢理2冊選ばせて。
そのまま一緒にサンフランシスコに行って、お嬢の好きなシュークリームをいっぱい買ったよ。
ねだられるからあげるんじゃなくて、私達が嬉しいからあげたいのにね。まだそんな気持ちはわからないらしい。
でもリボンのかかったプレゼントより、お泊りの方を喜ぶ彼女は嫌いじゃない。

12歳というと、一つの区切りのような気が。なんというか、こちらで”子供”の範疇に入るのが12歳以下の場合が多いんだよね。レストランのキッズメニューも12歳までだし。来年からは文字通りのティーンエイジャーに突入だ。

1年でようやく6cm身長が伸びました。それでもまだ私とは約20cmの差。
このまま抜かれることはないような気がしてきた昨今。
それより、胸のサイズが抜かれる予感が濃厚になって、無性に悔しい今日この頃。
[PR]
by senrufan | 2006-09-05 10:45 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5637027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eucaly at 2006-09-07 14:20 x
家の中でmoney huntならいいんですが、あの6年生の始まった頃「学校のカフェテリアには沢山お金がおっこってるんだよ。」と言って小銭拾ってくるのを楽しみにしていた我息子に、私はなんていっていいのか途方にくれてました。拾ったお金は君のものではない、donateしようね、と言ったら「先生が君のにしていいよって!」先生方、幾ら小銭でもそれは良くないってば!「ハロウィーンのいらないお菓子を同級生に売るんだ!」といって持って行こうとしたときも、「みんなやってるもん。」の一言に、日本ではありえないだろー!・・・と
Commented by ぱんな at 2006-09-08 00:20 x
わあい、姫君、12歳のお誕生日、おめでとう!レバーも食べられるなんて、あたしと飲む日も近いわね(ほ。ほ。ほ。)。この間朝見かけたよ。ふっと大人っぽくなっちゃって、、、。まぶしいわあ、、、。
Commented by Miyuki at 2006-09-08 07:11 x
*eucalyさん
うわはは、ご子息らしいエピソード!彼は問題なくここでサバイブできますな。こちらの子供の”商売感覚”というか、この辺は例えばボーイスカウトの寄付金集めや道端のレモネード売り、このようなとこからも育まれるんでしょうねえ。株式投資を学ぶ子供向けクラスもありますし。しかし親としては、金銭感覚は親と共通のものであってほしいですよねえ。
Commented by Miyuki at 2006-09-08 07:13 x
*ぱんなしゃん
おめでとうをありがとう~vv うん、あいつは酒飲みになりそうな気がする。ぜひお相手願います。私こそ太郎君に1年ぐらい会ってないの。GBちゃんから、どんなにナイスガイになってるかというのを聞いては、会いたいなーとジタバタしてるよ。
Commented by GB at 2006-09-08 16:25 x
お姫様、お誕生日おめでとう~♪いいなあんなに可愛いお嬢さんがいて。
ところでお腹の具合は、、。なんとも無いといいけど!!

横ですが、太郎君素敵ヨン~~♪
Commented by Miyuki at 2006-09-09 00:32 x
*GBちゃん
ありがとうねー! ちっとも可愛くな、ってゴホゲホゴホ。
お腹は大丈夫、心配かけて申し訳ない。実際風邪気味ではあるんだけど、食欲すげーです。痛かったお腹は空想上。
あーん、太郎君に会いたーい! でも恥ずかしいから影からそっと。


<< 所変われど本質は 季節の便りの受け取りは >>