必要なのは注意深さと

【個人的事情】
お嬢のパスポートの更新に行く。
本来ならサンフランシスコの領事館まで行って申込み、更に本人連れで取りに行くのだけど、ド田舎モンのアタクシにそんな都会での冒険は危険がアブナイ。なので、サンノゼまでの出張サービスの時期を辛抱強く待っていた。

幼い頃より、準備は数分前から。試験は一夜漬け。そんな私が書類を書き始めたのは、昨夜の9時過ぎ。
書類は随分前に取り寄せていたし、写真も3月に撮っていたので、後は書き込んで写真を指定サイズに切って。
大事なのは本人の署名。本人が行かないので、これはちゃんとしないとな。パスポートに5年残るサインだから、思いっきり気合を入れて書きたまえ。ちっ、歪んでるけどまあいいか。

ダウンタウンにある銀行の一室を借りての出張サービス、行ってみたら室内は満員御礼。係のおじさまの指示通り、入口にある名簿に名前を書き込み、呼ばれるまで待つことに。
隅にある机には、各種書類がずらーっと。米国年金受け取りの為の書類もあり、内容が皆目わかってない私はその説明書を読みながら、ぼーっと人間ウォッチング。
小さいお子さんに英語のドリルをやらせながら待っているお母さん。他の人とは日本語で、子供とは英語で話すお母さん。兄弟同士では英語で、お父さんに話しかけるのはたどたどしい日本語の兄弟。書き方が良くわからなくて、係員を部屋中追っかけてはつかまえて質問するおじいちゃん。
そんなおじいちゃんにつかまっている間に、新しく入って来た人は勝手がわからなくて右往左往。思わず飛び出してって、
「はい、入口にあるボードにお名前を書いて下さーい!」
「パスポートのピックアップのみの方はこちらに並んで下さーい!」
とか交通整理しようかと思っちゃったよ。

ようやく呼ばれたのは30分後。係の方に書類と今のパスポートを渡し、「娘の更新で…」と説明する。「はい、代理申請ですね。承りました」と言いながら、申請書をさくっとひっくり返される。

え。 その裏にある記入欄はなんですか。

「ここにもう一つご本人の署名が必要なのですが、今日はご本人は? 来ていらっしゃらないのですか、それでは署名後、後日郵送ということで…」と、てきぱき処理をして下さる間、こっちの頭は真っ白け。
言葉の裏を読めない自覚はあったけど、まさか紙の裏も読めない人間だとまでは思ってなかった。
新たな自分を知って、また打ちひしがれた今日という日。
[PR]
by senrufan | 2006-06-17 13:21 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/5066452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2006-06-21 10:44 x
これって私もぜったいあるある。
そういう移民局系の書類や初めてお医者さんに行った時に書く書類って絶対すっと受け付けられたためしがない。
うん、私だけではないということがわかってうれしい。
Commented by Miyuki at 2006-06-21 11:35 x
*あつゆきちゃん
まだ仲間と呼んでもらってもいいですか!(滂沱の涙)
移民局や医者の書類は複雑だから、わかるわかる。パスポートの更新書類なんてちょー簡単なんだよ。なのにこんなぱっぱらぱーなことをするのがアタシだよ!(逆ギレ)


<< 丸に角つきゃ四角だね 土から離したその後は >>