この晴天の空の下

すでに人生末期かも、と思う時。

サプリを飲む為に薬の瓶と水ボトルを用意して、
錠剤を出そうと水ボトルを手にひっくり返した瞬間。

* * * * *

【学校】
b0059565_1040508.jpg

補修校の運動会当日。6年目だな、最後だなあ。
友達のおかげで絶好スポットに居座ることができて、楽しい観戦となりました。

日本だと赤白だけじゃなく青や黄組もあるかもしれないが、補修校はばっさり赤vs白。同じクラスでも紅白に分かれるので、昨日の親友が今日の敵だったりするんだな。
過去5年間のうち4勝1敗だったお嬢は、今年は最後だから絶対勝ちたいとはりきってた。

そんな彼女のもう一つのメインイベントは、生涯ただ一度であろう選手宣誓。
相方の男の子と一緒に、一夜漬けならぬ十分漬けでのぞんだ本番。宣誓をしてからラジオ体操のはずが、司会の先生に一つ順番を飛ばされ、体操で身体をほぐしてからのぞんだ本番。
相方君より、なぜかお嬢の方が声が低いということが良くわかりました。

運動会はなかなかの接戦。午前中は紅白同点で折り返し、その後も引き分け勝負が幾つかあって、最後の代表リレーで決着。白組の勝ち。お嬢のいる赤組ではなく。あたた。

全て終わって、恐る恐るお嬢と合流。彼女は別に平気だよと言いながら、

「白組の子に、ちゃんと『おめでとう』って言ったよ」
「騎馬戦、必死で勝ち残ったのに」
「みんなで『意味は違うけど、負けるが勝ちだよ』って言い合ったんだ」

すっっっごく根にもってるし。(半泣き)

あとは選手宣誓のリズムが合わなかっただの、白組の子にからかわれただの、帰りの車で愚痴たらたらに付き合って。それでも最後と思えば、それなりに諦めもついた模様。
来年の運動会は、一体いつ、どこで経験するんだろうね。



* * * * *

【個人的事情】
大変お日さまがご機嫌な日で、服の上からでもじりじりと肌が焦がされる感触。
帽子とサングラスは必須として、羽織る上着を持ってない私は、2~3回日焼け止めを塗り直す。
以前に日焼けで火ぶくれをおこしたことも数回あるし、強い陽射しに弱いのだ。

あと最近始まった、顔の乾燥。別に基礎化粧品は何も変えてないのに、日焼け止めを塗って外に出ると、口周りや頬がぽろぽろ皮剥けをおこすんだよ。
今日もファンデを塗り治そうとしたら、顔の半分以上がボロボロでファンデは諦め。友達には「オバジやってるの? 私もよー」なんて言われる始末。いや全て天然です、ってその前にオバジって何。

おまけに帰ってから両腕を見たら、なぜか鳥肌がたっている。
毛穴という毛穴がボコボコ膨れてて、でも鳥肌より大きいぞ。ところどころかゆいぞかゆい。

そして一番ヒリヒリするところ=胸元を鏡の前で見てみたら。

着ていたシャツの襟の形通りに、三角形の赤い矢じりがくっきりと描かれておりました。

首は塗り直したのに、胸元はすっかり忘れていたよ……ばかばかわたしのおたんこたわしっっ!!
一体これはどうしたら。襟がつまった服だけ着るか。いっそ三角をカバーして、上半身を焼くべきか。
[PR]
by senrufan | 2006-06-03 10:40 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4920913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miki at 2006-06-05 23:33 x
お嬢様も運動会だったのですね。
うちの娘の学校も紅白に分れますが、子どもでホントに、すっごく勝敗を気にしますよね…
一年生の時から、どっちが勝った負けたと、よくもまぁ憶えてるもんだと感心します。
もうちょっと、憶えなきゃいけないことあるでしょ!!て感じです。
二日経って、日焼けの黒さが定着してきました…。
Commented by GB at 2006-06-06 10:11 x
>そんな彼女のもう一つのメインイベントは、生涯ただ一度であろう選手宣誓。

お嬢様の選手宣誓聞きたかったよ~ん。
Commented by Miyuki at 2006-06-06 12:41 x
*mikiさん
私もmikiさんの日記を読んで、一緒だー!と思ってました。
ほんとほんと、勝敗より大事なことが幾らでもあるのに~。叱られたことばかり覚えてて、ほめたことは記憶にない、あの都合のいい性格をなんとかしてほしいものです。日焼け、お互いに泣けますねえ……(涙)
Commented by Miyuki at 2006-06-06 12:44 x
*GBちゃん
素晴しい音感を持つあなたの耳には、もっと聞かせたいものがある。(真顔)


<< 出し尽くしてもまだ足りず 満たすべき食欲 >>