譲れない美意識

COSTCOに行って、並んだレジのキャッシャーさん(♀)。
内部でもベテランらしく、あちこちでてきぱきと動いてて、男らしいなーと前々から思っていた方でした。
今日着ていらしたTシャツは、胸元が大きく開いていました。

大変男らしい胸毛をお持ちでした。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_10592080.jpg

友人2人とランチ。最近は本の貸し借り仲間でもあり、今日もお互いにお薦め本を持ち寄り交換。私の読書の趣味はちょー偏食なので、自分では手を出さない系の本を読ませてもらえるのは嬉しいよ。

やってきたのは、ベトナム系フレンチレストラン。
おしゃれな店構えとメニューだけど、ランチは見た目よりリーズナブルな価格のものもあり。大きなクロックマダムに、山盛りフレンチフライとスープorサラダがついて、$8.95ぐらいだったりするんだよ。

私がオーダーしたのはSeafood Risotte。エビ、ホタテ、キノコ類が具で、チーズをまぶしたココナッツクリームであえてある。
ココナッツがくどくないかなーとちょっと心配だったけど、食べてみるとソースにコクを加えつつも、あの独得のクセは風味程度で問題なし。
お腹がはちきれんばかりに食べたけど、全員完食ならず。デザートも試してみたかった。

Beausejour
170 State Street
Los Altos, CA 94022



* * * * *

【時事】
フィリピン女性について聞いた話。
「自然なままが美しい」という意識が強く、顔のうぶ毛は勿論、スネ毛も処理しない。髪型もシンプルな黒のロングが圧倒的に多い。口の周りにヒゲがある女性も目立つ。
彼の国で女性に「毛深い」ということは、マガンダ(美しい)という意味で褒め言葉になるそうだ。


しかし、さすがにワキ毛だけは処理をするのは万国共通らしい。
[PR]
by senrufan | 2006-05-12 10:58 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4665616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 現状打破の心意気 定季行事 >>