原点は何処にあるのか

【読書】
b0059565_11315136.jpgb0059565_1132717.jpgリンボウ先生こと、林望氏の本2冊。「りんぼう先生おとぎ噺」「リンボウ先生の閑雅なる休日」

「イギリスはおいしい」を読み、格調高い言葉遣いの中に見え隠れするユーモアと鋭い分析に惹かれて、大好きになったリンボウ先生。なのに最近はどーもなんというか、読んでも気持ちがノらないというか、むしろちょっと横に引いてしまう。こんな気持ちは「くりやのくりごと」を読んだ辺りからかと思い出す。
この2冊も同様で、確かに言っていることには賛成できるし、いつもながらの品のある文章には感服するのだけれど、読み進むうちに手が止まりがちになってくる。

例えば「おとぎ噺」の方でいくと、現代社会の問題点を一つ一つ取り上げ、それを盛り込んだ創作昔話が語られた後、先生の口からさらに批判文が数ページ、という形になっている。企画も内容も興味深いものなのに、なぜか反発心を起こしてしまうんだな。

恐らくこんな気分の原因は、どんどんと世間に出張り始めた先生の姿勢と、今までは隠したところにあったからこそ見事に思えた批判を堂々と声高に述べられるようになって、更にそれにお説教風味が加わってきたことにあるようだ。
「イギリスはおいしい」などを出され始めた頃は、上質で穏やかなリズムの語り口でありながら、影に鋭い批判と皮肉をこめていたりするのが面白かった。英国生活で本当に人並みならぬ努力をされたはずなのに、それにはほとんど触れずにおられるところに感心した。
ところが作品数が増えるにつれ、生活全般の達人のように色々な分野に渡って本を出されるようになり。確かにそれだけの広い趣味と鑑識眼を持たれる方であるからこそ、とは思うのだが、元々先生の謙虚さに惹かれた私にはあまり嬉しい成り行きではないよなあ。

ダイエットしたリンボウ先生は、今度は料理や食生活についての本も出されている。文章自身は好きなままなので、選びつつまた何かを読んではいくだろう。
同様にどんどんと本を出されている養老先生は、唱えておられることやテーマが一貫してくれているおかげで、まだそんな感情を抱かずにすんでいる。


まあ単に、人に上段からお説教されたり押し付けられたりするとカチーンとくるという、アタシの性格の悪さのせいとも思うんだがな。(舌を出しつつ)(反省の色なし)



* * * * *

【個人的事情】
パンを発酵させている間、流しでガシャガシャと洗い物をしていたら。
手が当たって、計りがボシャンと水を溜めた鍋の中に落っこちた。

うっっっぎゃあああああああ

と大変かわいくない悲鳴をあげて、即座に計りを救出したものの、時すでに遅し。計り殿はご乱心あそばされました。
色々と試みた手当ての甲斐もなく、そのままご臨終。遺体(遺器)に縋って泣くばかり。

計りがなくてはどうしようもない最近の日々、夕方には新しい計りを買いに行く。条件は台部分が取り外して洗えるもの。
できたら1g以下も計れたら便利だなーと思っていたが、行った店では残念ながら1gか2g単位しかなかったよ。
[PR]
by senrufan | 2006-04-26 11:30 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4505556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2006-04-28 14:50 x
うわー、かわいそうなはかり、Miyukiさんも。
はかりを抱えて悲しみに泣きくれるあなたの姿が想像ついちゃいます。
ご冥福をお祈りします。
でも新しいのを買えばこんなことあっさり忘れてしまうでしょう。

ところで、上から物を言われるとかちんと来るという話。
私もそうです。
どんなに当たり前のことを言ってても上から押し付ける言い方をする人はまだまだ修行の足りない人です。
と開き直っちゃう私。
歳をとるとこうもふてぶてしくなるものか。
Commented by ちゃん・りー at 2006-04-28 17:22 x
わーー、私も最近のリンボウ先生にはちょっと「あれー?」っと思っていたので、がしっと握手(心の中で)しながらこの日記を読みました。(といっても私は2冊とも読んでおらず、雑誌などに出たときの先生のコメントなのですが) 話は変わりますが、はかり、ご愁傷様です・・。料理には必要ないですけれど、パンやケーキには必要ですものね。(余談ですが、時々アメリカの料理ブックにバターを軽量カップで計るのが出てきますが、あれは簡単そうですが、なんとなーくすっきりしません。粉や砂糖は便利ですけれど)
Commented by Miyuki at 2006-04-29 10:42 x
*あつゆきちゃん
もう、その瞬間の私はムンクの叫び。物って自分で動けないから、壊す時は全部私のせいでしょ。たまらないっす、この罪悪感(さめざめ)
でも新しいはかりはちょっと自慢♪(おい)

かちん組同盟ね、私達!なんつーか相手の為に言う人と、自分の意見が言いたいから言う人とで、言い方にも差が出ると思うのよー。あ、自分は思いっきり棚上げです。私も歳だからと言いたいけど、悔しいことに生まれつきだ……(最低)
Commented by Miyuki at 2006-04-29 10:49 x
*ちゃんさま
おお、ちゃんさまも思っていましたか!じゃあ問題ない、私は正しい!(威張る)
亡きはかりへのお悔やみをありがとうございます~(涙) そうそう、こちらは計量カップでどかどかと加えていきますよね。お菓子は分量がまず大事と教わった私も、最初は驚きでした。つかあの砂糖やバターを○カップって、視覚的にも衝撃が大きいですー。


<< 蓄積されるのは時間だけでなく 時を経て深まるもの >>