メビウスの輪のごとく

【個人的事情】
お嬢のスイミングの帰り道。雨の中、フリーウェイを走ってた。

他の高速との合流地点直前、突如前の車がスピンし始めた。
一車線しかない下り坂のカーブ、とにかく必死で急ブレーキを踏みながら、なんとか左の路肩によけようとする。
ところが回り回ったその車は、今度は回転しながら左側によってきてしまい、うわあああと上げた内心の悲鳴は、ゴン!という衝突音で止められた。

今度こそ路肩に停め、急いで車から降りてそちらの車に駆け寄ろうとした。と思ったら、うちの後ろの車も停まって、中から若いお兄さんが走り出てくる。彼の顎には、ちょろっとだけ生えたヒゲ。

あ、サンジ(ONE PIECE)だ。

と思った私は、彼を心の中で仮サンジさんと呼ぶことにした。ちなみにどうでもいいことだ。

二人そろってスピンした車のところに行ったら、中では若いおねえさんがガタガタ震えていた。
そりゃそうだ、生きた心地もしなかったことだろう。両側壁の一車線のところで、クラッシュしなかったのはほんとにラッキーだったよ。

そこでテキパキと私達の誘導を始める仮サンジさん。ふと見たら、彼の車にいるお姉さんが、早速警察に電話してくれている。お互いそれぞれの車に戻り、シートベルトをしっかり締めて、彼の指示に従う。
仮サンジさんは道路の上に走り出て、体を張って車の流れを止め、なぜか私達をバラバラの箇所に誘導する。そして警察が来るまでシートベルトを締めたまま、絶対外に出ないようにと言い含めて、颯爽と去っていった。思わずその後姿に向かって、両手を合わせて拝んでしまった。

離れた箇所に停めさせられたのは、お互いヘタに話さないようにとの配慮かなーと思いつつ、警察が来るのを待つ。車に入る前にざっと車の前部を見てみたが、これまたかすり傷があるかないか状態。私達もラッキーだったよ。

20分後に来たパトカーは、先方の車をこちらの場所に誘導し、それぞれの車に一人ずつ警官が寄って来た。やはり車からは出ないように、自分達がそれぞれから話を聞くから、と言われた。あんた正しかったよ、仮サンジさん…!と、今度はギン風に呟いてみた。ほんとにどうでもいいことだった。

車のぶつかった辺りをチェックした警官は、「ほとんどダメージがないので、ポリスレポートは無しにします。お互いの個人情報の交換をして、その後は各自でやって下さい」とおっしゃる。
その情報交換にしても、私達が窓から差し出す免許証等一式を持って、相手の車に走っていって書かせるという、徹底したやり方。免許には電話番号は書いてないので、口で伝えたのをその場で覚えて、またまた相手の車に口頭で伝えてくれた。間違って2回往復してた。

今回は逃げられることもなく、仮サンジさんというありがたい助けもあり、さらにダメージもほとんどなく。今までよりは余裕状態で、その場から離れる時、笑みを浮かべながらあちらに手を振っちゃったりして。そしてタイミングを見計らいつつ、本線に合流した。

のだがな。


変。すっごく変。車クン変。
なんでハンドルを真っ直ぐにすると、右に曲がっていくの。
なんで真っ直ぐ走ろうとすると、ハンドルを左にきってなきゃいけないの。
おまけになんでこんなにタイヤがキーキー鳴るの。
なんでこんなに車がグラグラするの。

なんで。なんで。
な ん で 。

さあて、ここまでで何回「なんで」と言ったでしょーかっ♪

なんてチャカしてる場合か自分ーーーっっ!!

という遣り取りを繰り返しながら、よたよたとナキワライ状態で家に帰っていったのであった。



* * * * *

お巡りさんを待っている間、車の中でのお嬢と私の会話より抜粋。

「やだなあ、まーた宿題やるのが遅くなっちゃうじゃん」
「でもせっかく仮サンジさんが警察呼んでくれたからねえ」
「しっかし、また事故にあうなんてさあ! なんか呪われてるのかこの車ー!」(両手を上に挙げて叫ぶ)
「いやいやでも、また被害はほとんど無しってのがすごいよね。やっぱりこれはアンタとパパが冬休みに金閣寺で買ってくれた、交通安全のお守りのおかげかも」
「お、ママ、ちゃんと持ってるの?」
「バッグに入れっぱなしだよ。肌身離さず」(ぐっと親指を立てる)
「ちょっと見せて~」
「ほら」(取り出して渡す)
「お守りさあん、ありがとうございまーーす!!」!」(両手で包んでゴシゴシこする)
「こらこら、あんまりこするとお守りの魔人が出てきちゃうかもしれないよ」(この辺り、先日観た「アラジン」の影響が)
「げげ、それはやばい。(素直に信じてこするのをやめる) しっかし警察遅いねえ、もう帰りたいねえ」
「うーん、いっそのこと帰っちゃおうか、なんちゃってねー、アハハー」

すでに事故に慣れすぎですアナタ達。
[PR]
by senrufan | 2006-03-27 11:56 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4317018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2006-03-30 15:29 x
えっ。またもややられてしまったの。
とにかく体は無事でよかった。
でも車のほうは大丈夫。もしかしたら直さなきゃだめなの。
もしそうだったらややこしいね。
詳しい話はあったときにまたおしえてね。
Commented by ぱんな at 2006-03-31 12:54 x
びっくりしたよお、、、。大丈夫でよかった、、。
Commented by Miyuki at 2006-03-31 13:38 x
*あつゆきちゃん
そなの、まただったの~(涙) でも今回は相手の人にも同情しちゃう。
車はただ今ドックに行ってるです。あとは保険がちゃんと処理されることを祈るのみ。
うん、また会った時に聞いてやってねえ。
Commented by Miyuki at 2006-03-31 13:39 x
*ぱんなしゃん
ありがとうねえ。いい加減どっかでお祓いでもしてこようかしら。


<< 出会いは突然に あと何歩と数えると >>