澄んだ空気を胸一杯

あの人もその人もこの人も3月生まれだと知って喜んでいたら、憧れサイトのあの方まで3月生まれなんだって。

えへへへへ~~(でれでれ)(オマエが偉いワケじゃないだろう)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_13322653.jpg

悪天候続きでいい事が一つ。3月半ばを過ぎた今頃でも、まだスキーが可能だよ。
例年だと今頃はもうべちゃべちゃ雪で、キレイなお姉さん達が上半身タンクトップやビキニで滑っている頃なのに、まだ粉雪で滑れるよ。
なので、えいやっと日帰りスキーに行くことを決める。友人母子も一緒でほくほくだよ。

4歳から本格的にスキーに行き始めたお嬢だが、ずっとパパのコーチでやってきたので、スクールには一回も入ったことがない。
しかし反抗期を迎え、父離れの時期も来たここ2~3年、パパの言うことを聞かなくなって、当然上達もそこまで。パラレルのはしりの段階で止まってるというのが旦那の談。
なので、今回は他人様の手に委ねよう。ついでに他の子にも接して、刺激を受けるが良い。
お嬢からは猛反対をくらったが、獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすものである。というのもやはり旦那の談。

子供達は10時~3時半のスキースクールに申込んだんだけど、9時前にはレジストしなきゃいけないんだって。へー、そーなんだー。

3時起きの4時出発だったよ。(貧血状態)

しかしさすが早朝だけあって、予想以上に道路が順調で、7時半には着いちゃった。
さあ子供達よ、思う存分滑っておいで。母達はカフェテリアで、読書とおしゃべり三昧さー。

3時半に迎えに行ったら、お嬢達はなんとスノーモービルで送られてきたという豪華さ。しかもスクール生だけが滑れるコースがあって、ガンガン滑った最後には大きなコブがあり、そこからジャンプして360度回転して着地、なんてことまでやったらしい。ますます豪華じゃないか。
レポートカードまで渡されて、やはりスクール初体験の母は感心する。どこでもこうなのかもしれないけどね、

出発間際に、後ろのタイヤの空気が抜けていることに気づいてタイヤ交換したというアクシデントを乗り越え、渋滞を経て無事帰宅。
帰宅してから、再び天気予報を睨む。まだ悪天候が続くなら、折角の補修校の春休み、もう一回ぐらい行きたいなあ。



* * * * *

【家庭内事情】
スクールはできたら半日クラスと思っていたのだけど、予約は2日前までということで諦め。一日クラスなら空きがあると言われ、旦那が電話でそちらを予約したのだが。

お嬢のファーストネームのスペルを間違えた。
住所が、最初の番地からすでに言えずに私に聞いた。
通りの名前のスペルを間違えて、私が横から口出しした。
郵便番号も間違えて、私が(以下同文)
電話番号も言えなくて、(以下同文)

我が家では、住所・電話番号を完全に言えるのは私一人だったりする。
[PR]
by senrufan | 2006-03-19 13:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4288849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 果てが見えない距離 Stay hungry, St... >>