手塩にかける価値

【パン作り】
b0059565_14551495.jpgb0059565_14552774.jpg


通っているパン教室、先月で基礎コース(全6回)を修了し、今月からは応用コースに。進級テストがないので、私でも進めました。(……)

初回の今日は、スイートロールハーブブレッド
スイートロールと最初に聞いた時は、なんとなくクリームを練りこんだような生地のパンを想像していたけど、実はフルーツデニッシュ。上に乗せるフルーツを自分で選べて、それによってフィリングの味も微妙に変わる、ケーキのようなお洒落なパン。

しかしこの成形の難しいこと! やはり美人は手がかかる。

細い長方形に切った生地の両端を持って、叩きながら捻って伸ばしていく。ところが中の砂糖が飛ぶし、捻り具合は偏ってくるし、太さも太かったり細かったり。
あわわわと慌てながらでも手が止められなーいと続けてたら、とうとうぶちっと切れました。くっつけてまた叩き始めたら、また切れました。そんなことを数回やった。私だけ

伸ばした生地をアルミホイルの上に渦巻状に置くのだけど、どれが私が成形した生地かは一目瞭然。有無を言わさず試食用に回された。

ハーブブレッドは逆にシンプルな手順ながらも、外側がかりっとしてハーブの味と香りがとても良く、スイートロールで苦労した分、私の中で彼女の株は急上昇。これからもいっぱい作ってあげるからね。
って逃げちゃいかんよ、修行、修行(ぶつぶつ)



* * * * *

【時事】
ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と。     
          「いただきます」を言っていますか


長く生きていると、いろんな人に会うからね、わしももうあまり驚くこともないだろうと思っていたが、いやいやまだまだ世の中面白いね。というより、世の中がわしを置いて変わっちまってるってことかねえ。

「いただきます」を言うことを、今まで疑ったこともなかったね。ありゃあ、その理由を考えなきゃいけないようなもんじゃないだろう?
食べ物っつうのは、野菜だって動物だって、土とお日さんと水と、そんないろんなもんで育てられた命を、わしらの為に絶ってお膳にのぼるんだ。さらにその命を育てる為に働いた人だっておるだろう。料理してくれた人は勿論さ。
そんな沢山のもんへの「ありがとう」が、あの「いただきます」なんじゃないのかね。

人間っつーもんは、生きているものを糧にする。そして、いずれわしらも何かの糧になる。人間とか動物とかそんな一言ではかるもんじゃない、大きな大きな輪さぁね。
実はわし自身、いつかそうやって何かの命の種になるのを待ってるよ。できたら火葬じゃなく、土葬かあるいは風葬にでもしてほしいぐらいだけどね、こればっかりはわがままかい(笑)

この話を聞いて思い出したことがあったよ。ずっと前に公園で休んでいた時に、何組かのお母さんと小さな子供達がいたんだがね。
楽しそうに遊んでたんだが、ある子がたまたま木の根っこにつまずいて転んじまったんさ。当然その子はぎゃあぎゃあと泣き出したんだが、駆け寄ってきたお母さんがねえ、驚いた。
その子に大丈夫かと声をかけながら、根っこにむかって、「こいつめ、こいつめ! これが悪いのよね、お母さんが叱ってあげる!」ときたもんだ。また周りのお母さんも同じでね、皆でその子の機嫌をとりながら、根っこをやっつけろーとやってるんだ。わしはなんかの芝居を観てるのかと思ったよ。

自分で言うのもなんだが、わしは相当とろくさくてね、物にぶつかったり落としたりなんかしょっちゅうでな。で、実は恥ずかしい話なんだが、そういう時につい物に謝っちまうんだなあ、これが。
だって物がぶつかってきたわけじゃないだろう? あっちは動けないのに、わしが勝手にぶつかったんだもんさ、向こうにとっちゃ迷惑でしかないっつうもんだ。そりゃあ謝るしかないだろう。
木にしたって花にしたって、彼らはそこにあるだけだ。雨風だってそんなもんだ。動物だって、テリトリーっちゅうもんを知ってるし、雨に降られて濡れたところで、空に向かって恨み言を言う奴なんかいるまいさ。

なのにどうして人間っつう生きもんだけは、何かのせいにしたがるんかね。ましてや子供なら、そうやって体で覚えていくもんだろう。それが転ぶたびに木のせいだ、砂山が崩れたら砂が悪い、そんな風に親が目の前で言ってちゃあ、そりゃあなんかがあるたび、なんかのせいにしなきゃやってられん人間にしかならんだろう。「ありがとう」も「ごめんなさい」も、そういう子の中にはいずれ浮かばなくなってくるのかもしれんよなあ。

全く、今時の学のある人達の考えることってなあ、大変なもんだ。人は一人じゃ生きていけないとか言いながら、それは自分に何かが起こった時に、責任をなすりつける為の誰かが必要ってことかと思っちまう。
ただ「ありがとう」と言うだけのことを、金云々ではかるなんてこたぁ、少なくともわしにはどうしたってわかるこたぁないだろうなあ。

勿論こんな爺の戯言を、人様にまで押し付けるつもりなんざないさ。
ただね、人や物事を金や肩書きでしかはかれない奴はね、人からもそれでしかはかってもらえんし、自分自身をもそれでしか見られんってこった。
あのライブドアの社長さんとやらも、そんな人だったのかもしれんなあと思うのさ。
[PR]
by senrufan | 2006-01-24 14:54 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4078251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2006-01-27 14:13 x
正直言っておどろきました。
このお母さん、どうやって育てられたのでしょう。
また、これを支持する意見があることにも驚きました。
こういう話を聞くとなぜ今いじめや少年犯罪、自殺など起こるかわかる気がします。
もしかしてこの爺はあなた。すごい説得力あるよ。
Commented by mikamika at 2006-01-28 04:10 x
いや、私のスイートロールは、末端肥大でガバッと品無く広がってたし。。。
Commented by Miyuki at 2006-01-28 14:43 x
*あつゆきちゃん
ね、ね、びっくりだよね~!これもねえ、論理としては筋が通っちゃってるから、そっかーと賛成しちゃう人達がいるんだよね。でもその論理の出発点がそもそも間違ってるんだ、ということには気づきにくい、という大変良い例ではないか。と、爺ちゃんがそう言ってました。
Commented by Miyuki at 2006-01-28 14:46 x
*みかさん
あれはね、ふくよかでおいしそうだったと言うのよ。>みかさん製ロール
満身創痍のあの姿に比べれば……(くっ…)
Commented by USAに住む江戸っ子 at 2011-02-08 18:21 x
アア あの時私も同じコラムを読みコリャ無いだろって思った。
それで毎日新聞?に、投稿した、主旨はほぼMiyukiさんと同じでした。

で、 しばらくして寄せられたコメント対応の記事が掲載されて
それに、思いがけず海外から多くのメールがよせられた、、と。

アレはMiyukiさんやお友達だった? それで同じ気持の人がいて
嬉しかったのを憶えています。
Commented by Miyuki at 2011-02-09 09:28 x
*USAの江戸っ子さん
そうそう、こういうこともありましたね~! 江戸っ子さんのおかげで、記憶を新たにできました。なんか昔の方がマシなものを書いていた気がする自分(気のせいです)

投稿されたのですね、さすがです~vv
いえ、私はそこまでできなかったのですが、そうですか、海外からのメールが。外に出てようやくわかる、日本の常識=世界の非常識。と、そこまでいかなくとも、外に出ることで、別な視点を得られたことは、自分的にとても幸運に思っております。
私も、江戸っ子さんが同じご意見とうかがって、とても嬉しいです♪


<< 余剰を拾う神もある 見えない欠片 >>