温故知新とも言ってられず

【レストラン】
b0059565_14515445.jpg

日本に行った時に食べたくなるものは色々あるけれど。つーかぶっちゃけ日本の食べ物はどの店でもおいしいのだけど、人気リスト上位に間違いなくくるのがラーメンだ。

今日会った友人は以前こちらに長く滞在していたので、そんなツボを心得てる。連れて行ってくれたのが、近所のショッピングセンター内にある「ラーメン甲子園」なるところ。期間限定で全国各地から色々なラーメン屋が出店し、投票で一番人気店を決めるという企画モノ。
私達が入ったのは、現時点でトップを走っていた熊本ラーメンの店だった。

私が頼んだのは、豚角煮ラーメン。とろりと柔らかい角煮がころころとのっている。麺の細さが懐かしい。こっちのラーメン、たまにうどんかと思うようなぶっといのがあるんだよ。

こちらでも日系ラーメン屋が増えてきて、不自由しているわけではないんだけど、なんかこの店構えやお冷やのコップ、割り箸、にんにく入れなんかにどことなく感じる郷愁がな。それが日本で食べるラーメンに加わるスパイスの一つだなあ。



* * * * *

【個人的事情】
お嬢も日本の学年で5年生になり、ほんとに帰国後の学校を真剣に考えなくてはいけない時期になっている。んだけど、相変わらず何も考えてない親を持ったことが、彼女の大いなる不幸である(おい)

とりあえずリサーチはしなければということで、今回会う友人達に色々と聞いてみる心積もり。
今日会った友人のエリアでは、クラスの半分が中学受験する予定で塾に通っているという。そんな教育熱心なエリアなら、逆に公立だっていいレベルなのではと思うのだけど、問題は周りのお母さん達の見方だと。

要は受験に受かって私立に行く子が「勝ち組」、公立に行く子は「負け組」と見なす傾向がアリアリなんだそうな。この勝ち組・負け組っつーのもなんつー流行り言葉だよとツッコミたくなるんだがな。
親がそう見なすということは、そこの子供もそういう意識を持つということで、そこが一番大きな問題なんだろうけど、どうにも抜けられない広遠な輪。一斉に「1・2・3で、ほーらやーめたっ!」ってできたらいいのになー。

うちの場合、帰国後は旦那の勤務場所しか決まっていないので、必然的にお嬢の学校を選んでから住居を決めることになるわけで。
こんな難問、こんなキャパのない母親に課さないでほしいもんだよ全く。(八つ当たり)
[PR]
by senrufan | 2005-12-22 14:51 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/4008770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< そして暮れゆく今年という年 それが必要な側面 >>