そして暮れゆく今年という年

忙しくも楽しい時間はたちまち過ぎ、あっという間に帰る日になり。
5時50分発の飛行機だったので、12時半に実家を車で出発。何もなければ2時間程度の距離なので、十分に余裕を持ってな。

家から10分で国道に出たら、そこからビクとも動かない3列の車線が。

ラジオで交通情報をチェックしたところ、2kmぐらい先のところで事故があり、その為全線通行止め・迂回せよとのことで。
数十分粘ってみたものの、ようやく1kmほど進んだだけの状態に見切りをつけ、Uターンして別ルートから空港に向かう。途中また渋滞にあいつつ、すいた途端に母が120kmで飛ばしてくれたおかげで、なんとか4時過ぎに空港に到着。そこで力尽きた母の無事を祈りながら、まずはチェックインカウンターに走る。

荷物は一人二個口まで・一個あたり32kgまでという規定に従って、ちゃんと計量済みのトランク三個。うち一個を計りに乗せ、30kgという表示を見たカウンターのお姉様、
「12月から規定が変わりまして、23kg以上32kgまでのお荷物には、3,000円の超過料金をいただくことになっておりますが、よろしいでしょうか?」
ぜんっっっっぜんよろしいわけないでしょうが。

しかし今更別箱にするわけにもいかず、泣く泣く三個分・9,000円を支払うはめに。
最後まで日本に嫌われ続けた里帰りでした。よほど今年の行いが悪かったらしいです。(心当たり有り過ぎ)


飛行機で、いつもお嬢は窓際に座る。日本から離陸する時、ずっと窓ガラスにはりついたまま、祖父母へのお別れの言葉をつぶやいている。
ようやく前に向き直った彼女の横顔に目をやれば、濡れた睫毛が目に入るのもいつものこと。
別れがたいと思える場所と人を持てることは、実は大きな幸せの一つであると思う。



* * * * *

雲を抜けると、そこは大雨だった。

入国管理官の態度がLサイズだったこと。
でもそのそばの柱には、「私達はカスタマーに明るく挨拶し、丁寧に応対することを誓います!」というポスターが貼ってあること。
いならぶ人達のサイズもLサイズだったこと。
シャトルバスの運転手さんと、意志の疎通が難しかったこと。
当座の食料品を買いに行った時、お釣りのお札がヨレヨレだったこと。

そんなこんなで、アメリカに戻ったことを実感した一日でした。

旦那が一週間遅れで日本で合流したということは、当然帰る家は惨状が予想され。腐海と化していたらどうしようと怯えながらドアを開けたら、胞子は飛んでなかったものの、ゴミ溜めには違いなく。
帰るなりバスルームの掃除にいそしんだり、洗濯したり、ベッドで意識を失ったり、紅白を見ながらせっせと荷解きしたり。
早く通常に戻って、家で自分一人の時間を持ちたいと切望しながら、もうすぐ新年を迎えます。

今年も本当に色々とありがとうございました。
来年もまたまた失敗を重ねますが(断言)、どうぞ生温かい目で見守っていただけると嬉しいです。
日本での日記は、これより前の日付でこっそりアップしていく予定です。
来年もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。
[PR]
by senrufan | 2005-12-31 16:53 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3977757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamik at 2006-01-03 02:15 x
あけましておめでとうございます&おかえりなさい♪
今年もたっぷりたくさんよろしくお願いします!
お正月中ずっとストームで、今朝も雨ですね。
Commented by senrufan at 2006-01-03 09:40
わーい、みかさん、こちらこそあけましておめでとう! 今年もどうぞよろしくお願いしますですvv 全くひどい雨だねえ。水はけが悪いパロアルトでは、floodで通行止めになってる箇所があったり。そちらは何事もなければいいなあ。
Commented by 22raspberry at 2006-01-04 10:52
明けましておめでとうございます。
今年も、ブログ楽しみに読ませていただきます!
2006年がSENRUFANさんにとって、素晴らしい年になりますように!
Commented by Miyuki at 2006-01-04 12:26 x
raspberryさん、こちらまでわざわざありがとうございます!私こそ、いっぱいおじゃまさせていただこうと腕まくり中でございます。良い一年になりますようにvv


<< 睦月2006 温故知新とも言ってられず >>