A girl went to the step two

【アクティビティ】
b0059565_15182799.jpg

お嬢がピアノを習い始めたのが、今年の9月7日。いい先生に出会えたおかげで、私の予想を遥かに上回って、毎日楽しく弾いている。

楽しく続けていく為に、そして大きくなってからも楽しむ為に、とりあえず楽譜を見て弾くのではなく、音を耳で聞いて弾けるようにしようと、先生が色々と方法を考えて教えてくれた。
その結果、ある曲を一旦弾けるようになると、次々転調して弾くようになったりして、子供の吸収力はすごいなーと改めて感心したりした。壊滅的な音痴でもなんとかなるもんだなーと妙に納得したりした。

先生と彼女が「秘密の曲」を始めたのは、どーも10月辺りから。「秘密なんだよ、秘密♪」と大変嬉しそうに、キーボードにヘッドフォンをして音を消しながら練習してた。
いかし所詮は11歳児、何を弾いているかは見え見えだった。武士の情けで黙っていた。

今年最後のレッスンということで、先生のお宅におじゃまして、本物のピアノを弾かせてもらうことになり。ならばと、とうとう秘密の曲のお披露目をすることになったのが今日という日。
補修校から真っ直ぐにお宅にうかがって、しばらくレッスン。その間、私はコタツでぬくぬくと天国を味わう。
指が慣れたところで、ビデオカメラを構えた私の前で、たどたどしく弾き始めた曲は、ベートーベンの「エリーゼのために」だった。

それ以外に、ずっと教わっていた「Amazing Grace」を一人で弾いたり、先生と連弾させてもらったり。最後は先生の伴奏で、私と一緒に大声で歌わせてもらったりして、外の寒さが嘘のような暖かい音楽の夕べ。
まさか2ヶ月ほどであの曲が弾けるようになるなんて、最初は正直信じられなくて。
時々めげながらもやり遂げた彼女と、最初から信じて励まし続けてくれた先生の姿、とても眩しく映ったよ。

録ったビデオを持って、明日から日本に行く。それを祖父母に見せるのが、途中からのお嬢の大きな目標だったらしい。
来月、先生とのレッスン再開が待ち遠しいと、帰りの車で繰り返していた。
[PR]
by senrufan | 2005-12-17 15:17 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3919948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-12-20 16:23 x
おお、よいお土産になったねえ。行ってらっしゃいー。帰りを待つ。
Commented at 2005-12-24 20:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 22raspberry at 2005-12-28 15:07
 はじめまして。
ぱんなさんとGospel Bug さんの友達です。
いつも読ませていただいていましたが、今日はじめてのコメントさせていただきます。
「エリーゼのために」を弾けるようになったって、私まで感動してしまいました。素晴らしい先生に出会えてよかったですね。それに、「時々めげながらもやり遂げた彼女」もエライ! 読んでとってもうれしくなりました。
Commented by senrufan at 2005-12-29 17:16
おお、お返事が遅くなってしまって申し訳ないです皆様!

*ぱんなさん
うん、うちの両親も喜んでたー。31日に帰るよ、また会おうね!
Commented by senrufan at 2005-12-29 17:18
*非公開コメントさん
わあん、こちらこそ涙が出る言葉を本当にありがとうだよ~!! 話したいこといっぱいあるよ、帰ったらメルさせてね!
Commented by senrufan at 2005-12-29 17:21
*22raspberryさま
初めまして!こんなところまで来て下さって、本当に嬉しいです!そして勿体無いお言葉をありがとうございます(感涙) これはほんとに心から先生のおかげで、彼女を先生に持てた娘、改めて幸運な子だなあとしみじみ思います。私も後日rapberryさんのところにおじゃまさせて下さいませ♪


<< 前途に暗雲あり 食物が創る身体 >>