食物が創る身体

【読書】
b0059565_14441595.jpg久司道夫著「マクロビオティック入門」を読む。
マクロビの創始者である桜沢如一氏の弟子にあたり、アメリカに拡げられた功労者である久司道夫先生が、初心者にもわかりやすい言葉でマクロビを紹介してくれている。

野菜が食べたくて、肉類をあまり食べたくなくなって。お嬢がアレルギー体質ということがあって。友人で実行している人がいて。
マクロビに興味を持った動機はこの辺りなのだけど、レシピを集め始めてから初めて陰陽の理論で成り立っていることに気づいたという、ちょーウツケ者であったのだな。
ところがこの陰陽論、サイトを巡ったり、簡単な解説を読んだりしたけれど、そんなウツケノーミソでは???の連発で。こんなことじゃいかーんと縋ってみたのが、氏の著作であったのだ。

しかし深い! 深すぎて底が見えない。むしろ理解する側の私の底が浅すぎて入らない。
易しい言葉で語りかけて下さっているのに、どーにもこーにもほんのわずかしか頭に入らない。
プロアマを問わず、マクロビスクールに通って学ばれる方が多いのがすごく頷ける。これは体系立てて、じっくり腰をすえて学ぶだけの大きさのある理論だよ。

ただマクロビのありがたい点は、例えば動物性のものを食べないようにということでも、全く強制ではないのだね。その辺がベジタリアンやビーガンとの違いだね。
あくまで自分の体調と相談して、自分の意志で決めることとしているのが、我儘度120%の私には心地良い。

久司先生の究極目標は、「食べ物を変えて、心穏やかになって、世界を平和にしよう」ということだと。人は食べている物に似てくるという言葉を、誰かが言っていたなあと思い出す。
心を変えようとか、平和にしようとかいう遥かな事はともかく、今自分が食べたいものを食べる為のレシピを沢山用意してくれているマクロビは、やはり私には魅力的だ。
[PR]
by senrufan | 2005-12-16 14:44 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3919867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< A girl went to ... 目を塞ぎ続けても >>