その出会いの意味

【イベント】
b0059565_15421231.jpg

焼き物市。とても好みの焼き物を作られる方が、グループで年に2回開いて下さる。
今日は残念ながら時間がなく、20分という短い時間で選ぶことに。ただでさえこーゆうことには勘が鈍い私、勢いで衝動買いするか、えいやで諦めて後悔するか、どちらかになるパターンがほとんど(虚ろ)

しかし幸か不幸か、今回はこれ!というものにはあまり出会えず、大人買いはしなくてすんだ。
が、逆にどの辺りで妥協するかでかえって悩むはめになり、うーむうーむと唸りまくり。悶々とした空気を醸し出していたせいか、周囲からいささか遠巻きにされていたような気まで。

時間に押されて決断したのは、細長い皿6枚と、大きな長方形の皿。これは前回迷った末に諦めた皿だったのが、今回も出品されていたので、運命と決め付けて購入。そして買った後でまたしても、こんな大きさ、日本に帰ったらどーすんだとの心の声を聞く。

120%大満足と言い切れる時がなかなかない、買い物下手は相変わらず。
でもこの後使いこなせば、きっと”いい買い物度”が上がるんだよね。
果たして何を盛りつけようか、皿を見て考えるのは、料理とそれを食べる人のことばかり。



* * * * *

【個人的事情】
お嬢の小学校で仲良くなったお母さん2人と、久々に集合。飲茶を楽しみながら、学校の話などを色々と。
でも最後に話題が行き着いた先は、「補修校で見かける困ったちゃんの親」

当番なのに来なくて平気な人。
どうして来ないのかと聞けば、どうして行かなきゃいけないのかと反論してくる人。
ビザの更新に日本に行く時、娘をおいていく為に、強引に人の家に順番に泊まらせた人。
委員会には絶対来ないのに、親睦会には来る人。
あげていけばきりがありません。

果たしてどういう価値観が今は普通なのか、わからなくなりそうな昨今です。
[PR]
by senrufan | 2005-12-02 15:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3866143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 溢れて拡がり満たすもの それも恒例の >>