これもまた恒例の

【家庭内事情】
朝、微かな雨音で目が覚める。
ああ雨だね。いよいよ雨季の始まりだね。
君と一緒にこの季節を迎えるのは、もう何回目になるんだろう。
少しずつ葉を落としていく木々の枝が、濡れてほのかな光を弾いてるよ。

なんてあんにゅいな気分で起き出してキッチンに行ったら、そこは戦場だった


文字通りお天気人間な私は、お日さまが隠れてるだけで気分が5割ダウンになるのだが、ここ数年はそれ以外の理由で雨季が嫌だ。
前の家では一回も被害がなかったのに、この家はアリの巣窟なんだ。
夏の間に、庭や家の周囲にいっぱい薬を仕掛けておいたり退治したりするんだけど、なんせ敵はちょー多産一族。1匹見たら300倍。
雨季が始まって外が水浸しになると、やれやれとばかりに移動する。大挙して我が家の屋内に

ということで、今朝は朝っぱらから調理台の上を占拠していたアリの大群を掃除機で吸い取りまくった後、思いっ切り殺虫剤投下。
食べ物を扱うところだから、本当は極力使いたくないのだけど、薬をまかないことにはどうにも追っ払えないのだこれが。涙をのみつつ、絨毯爆撃。
オーブントースターにもたかっていたので、今日はトースターはとても使えず。
師匠と昨日焼いたパンをレンジで温めて朝食にする。たまたま焼いた翌日で良かったよ……

半日ばかり放置してみたら、まだ彷徨いこんでくるアリ達が、毒付き調理台の上で続々と息絶えていた。



しかし今までで一番の恐怖体験@アリバージョンはというと。

我が家の天井は一枚板(?)ではなく、細い板を並べた形で。
ある日の土曜、お嬢の部屋を掃除していた時、天井からクモの巣が下がっているのが見えた。
よいこらせとロフトベッドの上に上がり、掃除機のノズルを伸ばして吸い取ったら。
板の隙間からアリの黒い絨毯が噴き出して、上下左右に広がり始めたんだよ。

のどかな民家に響き渡ったのは絶叫だった。

幸い旦那が家にいたので、殺虫剤を急いで持ってきてもらう間、私はひたすら掃除機でアリ共を吸い続けたさ。
どうやらクモの巣が穴をふさいでいてくれたのを、私が吸い取ってしまったので、自由だーとばかりに這い出してきたんだね。あの巣はパンドラの箱だったんだ。

ちなみに私らのベッドルームも同じ作りの天井なので、ベッドで本を読んでいると、たまにポタッとアリが落ちてくる。
なので我が家の天井には、アリ用の囮餌がはっつけてあったりする。


去年ロスアンゼルスで、日本の友人達と待ち合わせして旅行した。
泊まったホテルの洗面所にアリが一匹いて、虫好きな友人の息子は嬉々として、「アリがいるよ!」と言った。
私は素のままで、「あ、殺して」と言ってしまった。
以来、彼が私を見る目に、別な色が加わった。

ここではね、アリもカタツムリも害虫なんだよ。
[PR]
by senrufan | 2005-11-28 15:13 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3848163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みほ at 2005-12-03 15:36 x
あははは!超覚えてる!!>ホテルのアリ
文章で読むとヒッチコックの映画のような恐怖が押し寄せてきたよ。黒い絨毯か~~、それは絶叫だ。ところで、そちらの掃除機は吸い取ったゴミをどうやって捨てるの?うちは紙パックだからアリはホースを伝って戻ってくるなあ(汗)
Commented by Miyuki at 2005-12-04 06:27 x
大ちゃんに、宇宙人を見るような目を注がれた途端、自分がどんなに汚れてしまったかがわかったよ……(涙目)
怖かったぞ!思わず家の内部を想像したら、もっと怖かったぞ!こちらの掃除機も、基本は紙パック。なのでこの後、ソッコーで紙パックを取り出し、ゴミ袋でぐるぐる巻きにして捨てたー。二度と日の目を見させない。
Commented by みほ at 2005-12-04 13:08 x
ぎゃー、紙パックを取り出す瞬間を想像すると、恐ろしくて鳥肌が!!!
ゴキブリホイホイみたいなのがあるとよいのにね。ながーーーい粘着シートみたいな。
Commented by Miyuki at 2005-12-05 15:03 x
でもあの紙パックからは出てこないよーと言う人が多いので、意外と大丈夫かもだよ~。ただ気分的に非常に不愉快!(笑) 今朝も、食料庫にアリの行列でさ……また吸い込みまくって毒まいてさ……もーーやだーーー


<< 季節と五感 微かにでも光があれば >>