少しばかりの未練をも

【アクティビティ】
b0059565_1441055.jpg

感謝祭連休最終日。家族そろって思いっ切り寝坊。

のそのそと起き出して、ちょこちょこと雑用をすませた後は、えいやとばかりに衣類の整理にとりかかる。もう着ない衣類を選び出して、近所にある寄付ボックスに入れるんだ。

古着の始末方法って色々あるけど。
例えばガレージセールとか、救世軍に持って行くとか、ネットオークションに出すとか。
以前見つけた、歩道脇に立っているこの大きなボックス、衣類と靴を寄付して下さいとなっている。説明を読んでみたら、Campus California TGというところのものだって。
一気に手放してしまいたいので、今回はここにお願いしようと思うんだ。

私の要るもの・要らないもののライン引きは簡単。
「2年使わなかったものは手放す」。
このぽりすぃに従って、あれやこれやと分別する。

大きい袋にぎっしり詰めて、車で運んで持っていく。
ボックスの口から、どかん!どさっ!と放り込む。
お嬢が両手を合わせて、「役に立ちますように~」と拝んでた。

幸せな第二の人(服)生を。
[PR]
by senrufan | 2005-11-27 14:38 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3843524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-12-01 02:49
お!こんな緑の箱があったの??
Commented by yumikodi at 2005-12-01 10:02
おお、私もみかけました。
靴っていうのが、すごいなあと思います。
というのは、うちの小僧は靴に穴があくまではくから、次の人生を送らせて上げたくてもちと無理なのです。
どんな靴を寄付するのか、謎です、、。
Commented by Miyuki at 2005-12-01 13:11 x
*ぱんなしゃん
うん、Middlefield沿いでね、MeadowとLoma Verdeの間にあるんだよ。最初は何物かわかんなくて、怖々近づいてそっと触ったりしてしまった(笑)
Commented by Miyuki at 2005-12-01 13:14 x
*ゆみしゃん
確かに!(笑)>穴があくまで
でも実は今回、1足寄付したですよ。安いからと買ったお嬢の靴、「ぴんくが入ってるからイヤ」とぬかしやがって、日の目を見なかった靴ですよ。人(靴)生全うさせてあげられなくて、すまんことをしたです……
Commented by ちゃん・りー at 2005-12-02 17:09 x
わぁ、どこでもドア欲しいです。靴、まだ新しいけれどもうはかなくなったヒール(シンプルなデザイン)がごろごろ。家族(母・妹)と足ノサイズも合わず・・・。とりあえず古いデザイン(当時はおしゃれで買ったものの今は流行おくれのもの)は捨てることにしましたが。服もじゃんじゃか捨てる予定ですが、まだ本当は着られるものもあって、ちょっともったいないのです。日本ではなかなかやはり一度着た洋服を受け付けてくれる所は少ないようです。
Commented by senrufan at 2005-12-03 09:00
*ちゃんさま
お引越し前の整理、ご苦労様~!そうそう、日本の方がこういうのは難しいですよね。私も数少ないフリマを探しては参加したりしてました。日本の服は質がいい分、余計に勿体無いのにー、ぶー。ネットオークションという手もあるけど、あれはあれで面倒だしねえ。


<< 微かにでも光があれば それもまたある視点 >>