無数にある側面

お嬢が11月7日~10日、学校の泊りがけのScience Campに行く。
臆面もなく本人の前で大喜びしてみせた私(…)、早速友達と夜遊びする約束をしたりして。

今日判明したことではこのキャンプ、各種書類とお金を事前に払わなければいけないらしい。
締め切りは実は今月の12日だったらしい。


私なんか断崖から飛び降りた方がいいと思うことが時々ある。(書類を書きなぐりながら)

* * * * *

【読書】
b0059565_15215774.jpgジョアン・フルーク著「ファッジ・カップケーキは怒っている」を読む。クッキーショップを経営するハンナのシリーズ、第5弾。
限られた地域・決まった登場人物でミステリーのシリーズを4巻以上続けていくのは、生半可な苦労ではないと思うのだが、このシリーズはハンナが作るお菓子に美味く上手く絡めて、毎回最後まで読ませてくれる。

こういう地域型ミステリーのパターンの一つが、「長い間知っている人間が、実は自分が知らない面を隠し持っていたことの発覚」。
新しい人間が災いを運んでくるのではなく、実はそれぞれの歴史があるご近所同士の、個々の軋轢が生む事件。長い時間くすぶっていたものが、ある日突然あふれ出す。
もしかしたらお隣さんも…?と思わせたら、まずは成功。自分にもあるかもしれない、というのが一番恐怖がリアルになる。
誰かがどこかで見ているかもしれない。その笑顔の裏に突如表れた、隠された暗い過去……!

以上、火曜サスペンス劇場についてお送りしました。

ところでハンナシリーズ、ありがたいことに全然そんなスリルもサスペンスも恐怖もなし。
事件は勿論悲しいけれど、犯人はやっぱり怖いけれど、おいしいクッキーと愉快な家族と、にぎやかな恋のさやあてもあって、十分笑顔で読み通せる。
毎回レシピが幾つかついていて(クッキー10ダースの分量!)、ハンナも登場人物も、どのお菓子もこぞって褒め称えるのだけど、そんなところがとってもファミリア。
だってこっちの料理番組で、作っているホストが「This is really,really,really good!!」を連発するのと同じだもんね。



* * * * *

【時事】
ローザ・パークスさんが昨日、デトロイトで亡くなった。92歳。
彼女の勇気が世界を変えるきっかけになった。


お嬢が今日の昼休み、カフェテリアで友達を待っていたら、上級生らしき女の子のグループが寄ってきて、まずは英語がわかるかと確認し、さらに「黒い髪の子とは一緒に食べたくないんだけど、Little girl」と馬鹿にされたそうだ。その女の子達は、白人と黒人のグループだったという。

お嬢が幼い頃にディズニーランドなどの人が大勢集まる場所に行くと、こっそり彼女に悪いことを仕掛けてきたり、嫌な言葉を投げかけてくるのは、なぜか決まって黒人の子だった。

幾つかの会社のビジネスマンの方達と話す機会があった時、たまたま人種偏見について皆の意見が一致した。黒人がヒスパニックやアジア系をいじめ、ヒスパニックはアジアを馬鹿にするという図式が良く見られるという。「黒人は、今や自分達がアメリカでNo.2の地位を獲得したと思っているようだ」と意見した人もいた。

自分達がつらい歴史を持つ為に、それを繰り返すまいとする人達がいて。
そのつらい歴史がゆえに、いつまでも恨みを捨てられず、自分の子孫にまで伝えていこうとする人達がいて。
自分の境遇を、その歴史や人種のせいにする人達がいて。
先祖の罪を、せめて自分達ができることで返そうと奮闘する人達がいる。

過去に起こった出来事はあくまでそこに横たわるだけで、それをどう解釈するか、自分をどのように関わらせるかは、どこまでもその人の問題であり、他人が軽々しく口出しできることではないのだけれど。
過去に、何かを良い方向に変えようとひたむきに努力した人を真っ向から否定することは、決して安易にやってはいけないことと思う。
歴史とは過去の事象であり、経験であり、自分達が何かをそこから得る為の材料である。そして国を超えての歴史を学ぶことに関して、制限はあっても可能である。学ぶべき材料は無限に近い。

しかし歴史という規模のものに限ってのことでは決してなく、その根本にあるものは。
例えばいじめられて悲しく思ったなら、他の人にはしないよう努力することで。
自分が言葉がわからなくてつらい思いをしたなら、せめて自分の国への来訪者にできるだけのことをしたいと願うことで。
立ち向かう勇気と共に、とどまる勇気、律する勇気も確かに存在する。
フェアであろうと心を砕く人を、勇気ある人と呼ばずにいることはできはしまい。

お嬢はその小さな身体でもって、私の何倍もの密度で、このアメリカという国を体感し続けている。
[PR]
by senrufan | 2005-10-25 15:22 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3685083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamika at 2005-10-27 22:22 x
お嬢、日々試練ですなぁ。
ユウもねぇ、去年、サイエンスの授業中に毎日のように悪さをしかけてくる子に、とうとうJで始まる差別用語を言われてね、すごく怒ってたから、これは正当な方法で受け止めてあげないとと思って、「先生に言うように」と言ったのだけど、私も報復がこわかったわぁ。
小学校と違って、相手の子の顔が親には見えないから、特にそうよね。
幸い、相手の子は学校のルールにのっとってすごく怒られたらしく、それ以降は静かになったって。
ほんと子どもたちは、親なんかより遙かに厳しい中で、アメリカを体験してるんだよね。強いよ。
Commented by gospelbug at 2005-10-28 03:04
お嬢様、本当にけなげですね。昨日話を聞くまではそんな嫌な思いをしていたなんて感じなかった。
私は、悪さを仕掛けてくる子供の親にもかなりの割合で腹が立つ。どういう教育してるのかと、、。
『でもだからと言って”お嬢ちゃま”に意地悪していいって事がある訳ないでしょ、ちょっときいているんですか?おいそこのクソがき!!!!』
 
Commented by Miyuki at 2005-10-28 08:20 x
*みかしゃん
おお、ユウ君もやはし!しかしそこまで良く我慢したね、えらいなあ。正義の鉄槌が下って嬉しいー。
そうそう、親の顔が見えない、その通りだ!だから現状が余計に掴みきれなくてつらいんだよねえ。
そういう子達って、怒られてもきっと根本が変わるまでには至らない……そこが虚しいというか、悲しいなあ。だって結局偏見の総合値が減るわけじゃないからね。そんな中でサバイバルしている子供達、本当に強いよね。
Commented by Miyuki at 2005-10-28 08:26 x
*Gospelbugしゃま
わあい、もっと言ってやってーっ!!(旗を振りつつ)(口笛付)
この手のこと、悲しいけど昔から日常茶飯事なのだ。特にお嬢の場合、外見があまりにチンクシャな為か(酷)、絡まれるのが他の子より多いし。つらい思いをしなければ、他の人の痛みもわからないから、そういう意味では彼女はとても経験豊富だよ(苦笑) 生かしてほしいと願うしか。
そう、偏見の根本を作るのは、やっぱり家庭だよねー。そこで固められて、初等教育で矯正できなければ、もう相当変化は難しい……どんなに言葉を尽くしても話が通じない同士になっちゃうかもしれない。それはそれで口出しする気はないんだけど、大体その手の人はテリトリーを踏み越えてくるので、それがつらいよ。
Commented by pannaGO at 2005-10-30 14:43
ノー・ブリング、って学校のルールで聞いたけど、このことかあ。お嬢、こんなに辛い目にあってるのに、あの笑顔だもんなあ。胸が痛い、、、。
Commented by senrufan at 2005-10-30 15:02
そして家では鬼母にいじめられてね、本当にかわいそうな子で(蹴り百発) それでもミドルは楽しいと言ってるので、ひたすら周囲に感謝感謝。いつもお嬢に優しくしてくれるぱんなしゃんにも大感謝。


<< 小さな見返り 目に見える歪み >>