袖触れ合うも

【個人的事情】
珍しく、ちょっとトラブルが重なって。
カード請求にダブルチャージがあったり。
アマゾンにオーダーしたDVDが、なぜか1週間以上もSFの郵便局で止まってたり。
L.L.Beanにオーダーした品、1点は交換、別な1点は返品ということで別々に送り返したら、2点とも行方不明になったり。
他にもちまちまとあったが、大きいのはこの3点。
良くあることなので、腹も立たず。カード会社には取り消し依頼のレターを、郵便局には電話をして、しばし待機。どちらもしばらく後には正常に。

L.L.Beanはというと。
最初の出足は鈍く、少々手間取ったものの、動き始めてからは早かった。ある日は、3人の担当からそれぞれ同じ連絡がきたりして。(それもどうか)
カスタマーサービスと数回メールのやり取りの後、調査センターに回してもらい、それから数日。昨日来た先方のリクエストにより、もう一度こちらの知っているだけの情報を送ったのだが、今朝早速返事が来た。
返品の方は無事見つかったのだが、結局交換品の方は発見できず。おそらく送り返される途中で紛失したものとしながらも、そのまま私宛に交換品がノーチャージで送られるように手続きしてくれたと。実際その数時間後には、発送連絡のメールも来た。
まだ現物を受け取っていないので、完全に安心とは言えないのだけど、この手のことって大きなストレスではないにせよ、ふと気づいた時に見える小さなトゲのようなもの。どうやら問題なく取れそうと思った時点での解放感は、やはり嬉しいものだよね。

ある本の中に、L.L.Beanの顧客サービスは大変質が良く、顧客ファイルを2種に分けて保存しているという話があった。
一つは普通のファイルで、その顧客がいつから、どんな品物を買っているか。
もう一つは苦情ファイルで、その客が今までどんなクレームや要求をしてきたか、それぞれ一目でわかるようになっているらしい。
だから一顧客から何らかのクレームがあった場合、その顧客が手厚く対応していい客であるかどうか、そのファイルでもって判断できるんだね。
こんな話を聞きかじっていたので、ある意味、安心してカスタマーサービスに連絡ができたのは幸い。私は今まで数回オーダーしているけど、受け取りも支払いも問題なかったし。や、この件で「クレーム有」とファイルに追加されてしまうかな。
今回の対応をありがたく思った気持ちは本当なので、意味があるかどうかはわからないけれど、お礼のメールを出しておいた。こういう対応が当然と受けとれるようには、永遠になれないし、なりたくもなし。未熟者と呼ばれるままに。

以前聞いた、ある駐在ビジネスマンの方のお話。
日本の「お客様は神様」の言葉通り、客のクレームに誠意を持って対応しようとする彼に、アメリカ現地社員は批判的だったという。
「顧客をeducateしなくちゃだめだ」というのが、彼らのルールらしい。
ではこのルールで持って、私の今回の件をさばこうとするとどうなるか。
「あなたはただ送り返しただけで、その時点で郵便局に保証も要求してないし、荷物が無事着いたかどうか、当社に即座に確認しませんでした。よって今回の交換品に関しては、そちら負担で再びお買い求めになられることをお薦めいたします。今後はこういうことのないよう、常に各ポイントでチェックを入れて下さい。それがお互いにトラブルを避ける手段となります」
こんな感じかなー。

こちらでは「The cutomer is king」という言葉があるらしいが、kingも人間である以上、何かの間違いをする可能性はあるわけで。ということは、臣下の者として、色々と進言することも必要なこともあるという解釈か。
とにもかくにも、幼い頃から培われた国民性は、少々のeducationで矯正できるものではなし。



* * * * *

【家庭内事情】
野菜スープを食べるようになったからか、はたまた歳のせいかはわからないけど。
ここのところ、野菜が食べたくて仕方がない。寒くなってきた為か、前より更に根菜が恋しい。

ところで野菜メニューを色々調べていくと、やはり突き当たるのがマクロビオティック
でも残念ながら、完全実行は絶対無理ー。陰陽考えるの難しくて無理ー。(阿呆)
レシピを見て、作れそうなものだけ作っていくのでも許されるだろうか。そんな不届きなことを考えつつ、マクロビの本を読んでいた。

お嬢がそれは何かと聞いてきたので、思いっ切りサワリだけ話したところ、やはり野菜好きな彼女の感性に触れるものがあったらしい。
現在、旦那は出張中。来週頭まで帰ってこない。よってこの間、夕食は目一杯手抜きになるんだが、お嬢が高らかに宣言した。
「パパがいない間だけ、ベジタリアンしてみようよ!」
誰が作るんだ、誰が。

まあ確かに旦那がいたらできないことなので(食の許容範囲がちょー狭い)、この際チャレンジしてみるかな。卵・乳製品はOKのベジタリアンでいいんだよね。
でも今日は準備してなかったので、できる範囲で勘弁して。とりあえず後々の為に、数日間の記録はとっておこう。


焼きそば:卵、野菜(キャベツ、にんじん、ねぎ、ピーマン)
味噌汁 :大根、油揚げ(昆布だし)
[PR]
by senrufan | 2005-10-18 13:09 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3650943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みほ at 2005-10-21 02:32 x
グルテン(小麦たんぱくを固めたもの)があれば、肉料理もどきができるよー。あとね、野菜は圧縮鍋をつかってもいいから、中までしっかり加熱していくのだ!人参などは陽だから、最後でいいらしいよ。それにしても色々話したいよ~!ちょっと来週日本に帰ってきて(無理だから!)
Commented by senrufan at 2005-10-21 12:03
おお、かの有名なセイタンだね~。食材はこちらでも手に入りそうなんだけど、わからないことだらけです先生!そばにいて欲しいです先生!色々聞きたいこと話したいこと満載で、はちきれそうなんだ僕は。こうなったら、奥の手のテレポテーションで(で き る ん か い)


<< 讃える形 ただ愛だけが >>