もう一つのプロジェクトX

「日本人はすごい甘ちゃんだと思われてるんだって、行ってみてすぐわかった。だから、なにくそ、見返してやる!って思ってさ」
日本マクドナルドから3年という期間で、マクドナルド・アメリカに出向中のジョージさん(仮名)。
サンノゼの支店に駐在員3人で派遣され、1年半現地での経営を学んだ後、現在はシカゴの本社にいらっしゃる。
昨年の11月、温暖な秋のカリフォルニアを離れ、一気に冬将軍が威張るシカゴへ。同僚の2人の駐在員は日本に帰国され、全く一人での新しいチャレンジだ。

行かれてからは、ほぼ毎日ビジネス研修の嵐だという。
世界各国のマクドナルドから、店長の肩書きを持つ社員が何十人も集まり、研修とミーティングを繰り返す。共通語を英語として、通訳をつけたり、自ら英語を流暢に操ったり、それぞれの国の特徴がうかがえて、大層刺激的な毎日らしい。
「すごいのはやっぱりインドと中国。彼らのあの自己主張の強さ、押しの強さはすさまじいよね」
それはすごく良くわかる、と聞き手の友人と私は深く頷く。
それに比べて、完全になめられるのが日本人。なぜか。
「研修の課題で、例えば赤字支店をどう立て直すか、プランを立てるとする。すると彼らは、『じゃあこの部門を切ればいい』『この工場を閉鎖しよう』と、ためらいなくリストラ策を立てるんだよね。ところが、これが日本人にはできない。理性ではわかってても、彼らのように当たり前に提案することは難しいでしょ。結果、日本人は甘いと言われることになる」
ジョージさんは実は、日本マクドナルドで研修の講師を務めた経験があり、講師側がどんな答えを要求しているか、ある程度見当がつけられた為、そんな日本人のイメージを覆すべく、初日から全力投球。誰よりも多く挙手をし、質問をし、サンノゼ支店の1年半で鍛えた英語で、発言しまくったそうだ。
彼の努力は実り、初回研修では見事、最優秀賞を獲得。周りから贈られた拍手と賛辞を、ガッツポーズと共に受け取った。中でも嬉しかったのが、「日本で働いてみたくなった」という、あるインド人からの言葉だったという。

彼より先に日本に帰国した同僚二人のうち、先輩として慕っていた人が、つい最近マクドナルドを退社した。
原因は、アメリカ人の上司との不調和。アメリカが何でもベストだと、日本にいてもアメリカ流ビジネスを押し通そうとする上司と、日本は日本のやり方があると主張する彼とは、相容れることは困難だったようだ。
退社した途端、あちこちからヘッドハンティングにあいながら、現在はのんびりと釣りを楽しむ毎日だ。マクドナルド時代に培った外食産業の人脈を生かし、いつか自分の会社を作るのでは、とジョージさんは誇らしそうに語った。

それからも次から次へと実施される研修で、さすがの頑張り屋のジョージさんも、最近は疲れを覚えている。うちに帰ると、もう一言も英語を聞きたくない!という気分になるそうだ。
彼のゴールは来年の夏。本帰国前にどれだけのことができ、どれだけのことを身につけられるか、弱音を吐いてはいられないと、あくまで彼の目は真っ直ぐ前を向く。

貴重な2日の休暇を利用して、サンノゼまで飛んできた。
前の家が無事売れたので、その契約とメンテナンスのチェックを済ませ、前の職場に挨拶に行き、知人数人に会うという忙しいスケジュールの中、あえて英会話レッスン仲間であった友人と私に会いたいと声をかけてくれたジョージさん。彼女と私は、指折り数えて今日を待っていた。
「やっぱりカリフォルニアの気候は、どこよりも素晴らしいね」と笑いながら、お別れの握手を交わす。
彼の帰国前にまた会えるかどうかわからないけれど、会うたびに何かを運んでくれる彼の、より一層の活躍と幸運を願ってやまない。

* * * * *

【読書】
b0059565_12481649.jpgなんて長々と書いてしまった↑のコレ。
上前淳一郎氏の「読むクスリ28 新人はトイレを磨け」を読み終わったので、ついソレ調で書けないかなーと試してみたり。
無理だー。
大福に向かって、「お前、腹ん中真っ黒なんだよ、少しはすあまの裏表なさを見習えよ」って言うぐらい無茶苦茶だー。

ということで「読むクスリ」シリーズ、古本市で買ってみたけど面白い。
時々どこかから回ってくる週刊文春、記事は読まないけどこれは読んだ。が、まとめて読むのはこの本が初めて。
通勤電車で読むのに特に良いかも。文字通り、読むサプリ。
以前、片道2時間かけて会社に通勤していた頃が懐かしい。あの頃は、週に3冊は文庫本を買ってたなあ。
[PR]
by senrufan | 2005-10-04 12:41 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3585551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-10-08 00:41
深いっ。何度も読み返しています。
Commented by senrufan at 2005-10-08 10:18
えへ、赤ちゃんが溺れないぐらいの深さでしょ。<お風呂かよ


<< 耐え難きを耐え 隠し味 >>