短期決戦

友人@英語教師に会いに行く。
彼女とは去年の春に一緒にダイエットを始め、Pilatesのビデオを横流ししてもらったり、ダイエットメニューを教えあったりした仲でもある。
しかしまさか、また今年もお互いダイエットをするはめになるとは思ってなかったよね。(そっと肩を叩き合う)

彼女はこちらに来て以来、2サイズアップしてしまったという人なのだが、更にこの夏に一段と太ったらしく(本人申告)、先週久々に会ったお友達が彼女を見た途端に顔色を変え、ダイエットメニューを即コピーして、翌日から強制開始させられたそうだ。
見せてもらった紙のタイトルは、「国立病院のやせる法」。2週間、決められたメニューのみを食べて、体質改善をはかるというのが目的らしい。

彼女から電話をもらって会おうということになった時、彼女の方からこの日、彼女がこのダイエットを始めて8日目に当たる今日を指定してきた。
理由はというと、なんでも始めてから4・5日目に頭痛や胃痛に悩まされることが多いらしく、その日は絶対誰にも会わないようにしろとアドバイスされたとのことなのだ。8日目となればだいぶ体調も気分も落ち着いているだろうと、今日会うことになったのだけど、寸前まで半信半疑で電話を待っていたぐらい。
しかしなんて恐ろしいダイエットなんだ。侮りがたし、国立病院。

私やお嬢には色々とご馳走を出してもてなしてくれたものの、自分は断固として一口も食べなかった意志の固い彼女。お菓子を前にすると2秒で理性が切れる私、全く大したもんだと感心しきり。
その甲斐あってか、最初の3日であっさり3kgやせ、その後の4日で上下しつつも更に1kg減ったと。この分だと、終わる頃にはトータル5kgはいけるんじゃないか。
せめてもの彼女の贅沢は、牛肉はポンド$26の高級フィレを食べることらしい。

私も数ヶ月やっているけど、どうしても下腹が~あと1kgが~と愚痴ったら、しみじみ私を見て一言。
「あんたの場合、上半身がほんとに貧弱だから、その分下半身を相当削らなきゃいけなくて損だよねえ」
そそそそその通りなんだっっっ!!!
下半身を減らすべく涙ぐましい努力をするより、この際、胸パット2枚重ねを実行した方が良いのだろうかと、真顔で相談しあった午後でした。
[PR]
by senrufan | 2005-08-04 11:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/3254155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamika at 2005-08-06 13:20 x
お友達には申し訳ないのだけれど、
これねぇ、怪しいらしいから、できれば手を出さない方がいいよぉ。
以前、周りで流行ってねぇ、確かに痩せる人は痩せるのだけどね。
(ちなみに私は1週間しても変化無しだったので中途でやめました)
ご参考↓
http://www.web-doctors.jp/story/001.html
Commented by Miyuki at 2005-08-07 05:34 x
ああ、やっぱり! 教えてくれてありがとー!
なんか私も信じ切れなくて、この卵をやたら食べるのがコレステロール大丈夫なのかとか、体内組織変化って具体的にどういうことなのか、友達の友達に聞いてもらったんだけど、答えがなくてね。
時期を見計らって連絡して、↑のところを教えてみるよ。
ほんとにありがとう、みかさん!!(がしっ)(感謝の抱擁)


<< 魔力のない魅力 行けるとこまで >>