続いてほしい有限の時間

レストランの後はそのままホテルに向かい、さっさと着替えてワインを開けて。
子供の話、旦那の話、健康の話、アメリカの話、日本の話、家の話、学校の話、ファッションの話、化粧の話、芸能人の話、昔の話、話、話、話
2時半過ぎにとうとう1人が撃沈してお開きになりましたが、もし体力が続けば、間違いなく翌朝までエンドレスの勢いでした。それが私達の生きる糧(貧しすぎる)

はたして翌朝は。
朝方人間が1人、生き生きとコーヒーを用意し、二日酔い人間が1人、頭痛薬を飲み、ベッド大好き人間が1人、ただベッドから離れられず。
それでも話しているうちに、気がついたら1時間半が経過して。慌てて出発の準備にかかります。

さっさと日焼け止めを塗り、粉をはたいた私、することもなく、メイクにいそしむ2人を眺め。
ふええ、すげー、2人とも。そんなに元がきれいなのに、もっときれいになっちゃうんだねえ。うひょー。最近女を捨ててる自覚がある私は、しみじみ反省したよ。少なくとも5分間ぐらいは。

チェックアウトして、近くのスターバックスにてブランチを。
またまたここでも飽きずにしゃべるしゃべる。私達の後ろのテーブルにいて勉強していたお兄さん、何度か顔をしかめた後に、席を移っていきました。きっとあーあまったくオバサンってやつはよぉとか思っていたんだろう。最強の存在、それは羞恥心と遠慮のない人間さ。

午後からまた別な送別会を控えた彼女の為、今日はお昼にてお開きです。
月末に発つ前に、あと1回だけ会える予定。どうか無事かないますように。
心配だなあ。なんせ彼女は虚弱体質。

家に帰ったら、まあある程度予想していた乱れぶりに涙することもなく、黙々と後片付けを。
今日の夜こそお嬢の卒業祝いで外食ということだったので、それまでゆっくり休んでおこう。
楽しみにしていた外泊が終わったことで、気抜け状態になりながら本を読んでいるところ、お嬢が「頭とお腹が痛い」と訴えてくる。顔、真っ赤。

おうい、熱あるぞー。
[PR]
by senrufan | 2005-06-12 03:17 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2942360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiyo at 2005-06-15 07:46 x
ええ、気になる!お話の内容じゃないですよ、お嬢様の体の調子は?無事にお祝いの外食にはいけたのでしょうか??熱があるということはきっと無理だったよねぇ。大丈夫かな?お大事に。
Commented by pannaGO at 2005-06-15 09:23
やあ、楽しそうだねえー。修学旅行みたいだね♪お嬢さま、今日はどうだい?やっぱりママがいないと調子崩れるんだ、、、。
Commented by Miyuki at 2005-06-15 13:22 x
>kiyoちゃん
え、話についてじゃないの?(笑) 残念ながら外食ならずでした。残り物のオンパレードで済ませましたがな、たはは。また延期ですよー、2週間ばっかし。

>ぱんなしゃん
あ、そういえば枕投げを忘れてた(大真面目) なんか時々、胃がズキッと痛むらしいよ。私がいなくてはしゃぎすぎたんだきっと!(力説)


<< 目的は一つではなく 笑顔しかないように >>