育った場所からお手元に

「未練が老醜のはじまりでないだろうか」
   ----- 中野重治
       (日本人、作家、1902年1月25生まれ)


IMG_9787

Palo Alto ダウンタウンにある、人気の老舗店、Coupa Café
なんと2号店ができていたことを、先日お友達に教わって知りました。
しかも、同じダウンタウンですよ。


IMG_9786

1号店はいつも満席状態なので、これは嬉しいのれん分け。
行ってみたら、随分とこじんまりしていましたが、明るい店内が心地良い場所でした。

ランチの後のお茶、どこのカフェもそれなりに混んでいるので、
こちらが増えて嬉しゅうございますな。


IMG_9785


111 Lytton Avenue
Palo Alto, CA 94301

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9782

同じくPalo Altoのダウンタウンで、前から気になっていたお店。
わくわくさんとのデートの場所に選んだよ。

店名通り、ローカルなベンダーと取引して、ローカルな食材を使用したメニューを提供しますよ、というレストラン。
ベンダーリストを見ると、知ってる知ってる、という名前がずらりとな。
そういう”安心感”もあって、行ってみたいと思ってたんだよね。




IMG_9771

店内はかなり広くて、バーカウンターもあり。
内装は、今やすっかり見慣れてしまった(ごめん)廃材・壁グリーン・ボード。
たまたまだったのか、お店の人はお兄さんばかりだったかな。

メニューにも、使用している食材のベンダー名が書いてあるね。
ううむ、ううむ、と2人で悩んで、リゾットとタコスという脈絡のない2品を頼んだよ。


IMG_9775

Butternut Squash Risotto、グリルしたアスパラガス添え、
季節的にはどうなん、と思ったけど、彩りが綺麗だから、まあいっか。

ご飯の炊き方もちょうど良く、味加減もちょうど良い。
チーズの量もグッドで、温かいご飯に絡んで美味しいよ。
薄味傾向なのが、私達にはありがたかった一品。


IMG_9777

#1 Sushi Grade- Line Caught Pacific Ahi Big Eye Tuna
“Raw Poke Style”のマグロのタコスで、シトラス風味のコールスローとアボカド入り。
グリーンサラダとWasabi aioli ソース添え。

寿司グレードと言うだけあって、お魚は新鮮で旨かった。
ボリュームも結構なもので、コールスローもしゃきしゃきと、アボカドはまったりと。

ただね、素材は美味しかったんだけど、もうちょっとソースかマヨ系が欲しいな、と思ったので、ワサビアイオリをつけたら、ソースのワサビ率がハンパなくて、すっごく辛いのよ。
味が足りない → ソースが欲しい → ワサビが多すぎて使えない、のぐおおぉ、なルーブが展開されたです。
ワサビの味がはっきりしているのは良いが、もうちょっと率を下げてくれればなあ。
今度はこっそり、マイ・アイオリを持参しようかしら。


IMG_9780

夜は、スポーツバーっぽくもなるのかな。
お昼頃には結構な数の席が埋まってて、なかなか順調みたいだね。

私自身も買ってる食材を使って、というのは、最初に書いた”安心感”があると同時に、だったら自分で作ればいいじゃん、にもなりかねず。
いまやベイエリアのレストランは、お値段がお値段なので、余計にな。
そこで、新しい味や知らなかった組合せなどを教えられると、また行きたいなあ、ってなるんだよね。


IMG_9781

完全余談だけど、久しぶりに行ったこちらのダウンタウン、前以上に駐車事情がヤバくなってたよ……
なんで11時で、ぐるぐる探し回る羽目になるんだね。
や、さすがに2時間の場所はまだ空いてたけどさ、こちとら3時間の場所が欲しいのさ。
大好きな街なので、どうかサンフランシスコのようにはならないで。(祈)


271 University Avenue
Palo Alto, CA 94301



[PR]
by senrufan | 2018-01-25 12:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/28042548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 心身共に染み渡り 数多の歩みの、その上に (1) >>