だって高望みではないからね

「経験の与えた一つの棘は警告の最も厳しいものの全部にも値する」
   ----- アルフレッド・ド・ミュッセ
       (フランス人、作家、1810年12月11生まれ)


26345207349_4f553357f8_o

先日、Nちゃんに連れられて、すんごく素敵なれでぃ、お二人にお会いしたのですが。
美味しい中華ランチをご一緒して、その後に連れて行ってくださったのが、
ずっと名前だけは知っていたものの、行ったことがなかった老舗の日系スーパーだったのですよ。

この日は水曜で、ハワイのPokeでお馴染みの海藻、オゴが入荷する曜日なのだそうで。
マジっすか!と大喜びでお供しましたとも、しましたとも。

お店の方に、一掴みほどください、と英語でお願いしたところ、
「大きい手? 小さい手?」
と、そこだけ日本語で聞いてくださったのに大笑い。
大きい手で!と全員でお願いしたですよ。

初めて訪問したスーパーでしたが、ハワイ系のデリメニューやスイーツがあって、
色々楽しく拝見させていただきました。
オゴも、海藻サラダとお味噌汁で、あっという間に使い切り。
ポキ作る暇なかったわ。

欲しくなったら、また水曜に行かねば、です。


221 S Claremont Street
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【レストラン】

IMG_9175

その素敵なれでぃ達に連れて行っていただいたのが、小籠包が美味しいという中華レストラン。
前に書いた通り、好みの小籠包はどこにあるんかえー(なまはげ風)、な私なので、喜んで飛びついたことは言うまでもない。

全然オシャレじゃない、普通のお店なんだけど、オジサンが面白いのよね。
そんなお言葉もうかがって、わくわくとお供させていただいたのですよ。




IMG_9174

すごく混むので早めに入ったお店、その後どんどんお客さんが入って、満席に。
中国滞在経験がおありのお二人におまかせして、お勧めメニューを選んでいただいたよ。
初めて食べるメニューもあって、すごく楽しみだ。
オーダーを取ってくれたオジサン、にこにこと愛想が良くて嬉しいなあ。


IMG_9164

最初にどーんと運ばれてきたのは、Pork & Preserved Veg. with Rice Cake
韓国料理でお馴染みのトッポギのようなお餅スライスとポーク、雪菜の炒め物。

これが、とっても気に入った。
味はあっさりめで濃くなくて、歯応えも良くて、んまいのだ。

雪菜って初めて聞いたけど、Preservedと書いてあるだけあって、高菜や野沢菜のような味わいにした青菜。
中国系スーパーで袋入りで買えるよ、と教わったので、これはぜひ探してみねばなるまいな。
でも、検索してみたところ、塩もみやナムルっぽい調理で作れるのかな?
だったら、好きな青菜で作れば良いんだけどね。


IMG_9167

メニュー名がわからなかった、いんげんの炒め物。(だめじゃん)
これもあっさりピリ辛で、シャキシャキ歯応えで、うまうまだ。
油っこくないのが、良いのよねえ。


IMG_9173

そして来ましたよ、小籠包
ほかほか湯気が立ってて、ウマソーだあ。

気をつけながら、あむっ、と一口食べて、おお、中の汁が甘くない。
まずここだけで、私的喜びポイントOK。
中の具に、ちょっと豚の臭み?みたいなものを感じたけど、普段食べない私が過敏なだけなのかもね。
なんにせよ、久しぶりに甘くない点心を食べられたのが嬉しいね。


IMG_9170

焼き小籠包かな、と思いきや、メニュー名はFried Pork Bunsで、焼き肉まん?
これまた、あっさり食べられて、良かったです。


IMG_9169

最後に、これも雪菜が入った、Preserved Veg. with Pork Fried Rice
石焼き釜入りなので、おコゲが美味しいの。

うむ、やっぱり雪菜が良い仕事をしてくれてます。
こういうのを、もっと自分でも常備しないとなあ。
青菜をただ切って混ぜるだけじゃいけません(テメエだけだ)


噂のオジサマ、確かに面白い方だった。
「ベッピンさん!」「愛してる!」と連発してくれるんだよ。
そんなん、旦那にだって言われたことないので、もっとゆって。

他のメニューも試してみたいし、逆にこちらでいただいたメニューを、他のレストランでも試したい。
甘くてこってり、ではない、あっさり・するする食べられる中華、大好きです。


17 E 25th Avenue
San Mateo, CA 94403



[PR]
by senrufan | 2017-12-11 11:35 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/27853170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< くぐる暖簾を掲げたら (18) 見せたい顔と見えた顔 (その4) >>