あちらの国の流儀では

「他人の罪は目の前にあるが、自分の罪は背後にある」
   ----- レフ・トルストイ
       (ロシア人、作家、1828年9月9生まれ)



ひー、サボってました。(見りゃわかる)
お嬢と一緒に、また2泊3日の旅に出ていたもんで。

旅行話は追って記録するとして(予定)、旅行中に誕生日を迎えたお嬢の為に、
パティシエのお友達@台湾系アメリカ人が、お嬢の好きなアニメに出てくるメニューを再現したものを持ってきてくれたのですよ。



私は見てないんですが、かのフィギュアスケートの世界チャンピオン、エフゲニア・メドベージェワちゃんも大好きだというアニメ、「ユーリ!!! on ICE」
主人公のユーリのおじいちゃんがピロシキ作りの名人なのですが、日本のカツ丼が大好きだというユーリにショックを受けて、ある日開発(!?)したメニューが、カツ丼ピロシキだそうで。
しかも、ピロシキの中にカツを入れただけじゃないんですよ。
ちゃんとご飯もキャベツも入ってるんですよ!


IMG_8658

もーー、お嬢は大爆笑の大拍手。
むっちゃくちゃ嬉しいプレゼントだったそうですぞ。
しかもこれ、すんごく美味しいんですよ。
あああ、また食べたい、もう一個食べたい。
でも自分では作れない……!


* * * * *

【レストラン】

     IMG_8171

ロシア繋がりで、というわけでもないんだが、家族で行ったロシアレストランの記録でも。
2015年にチェコに旅行して以来、すっかりピルスナービールのファンになった旦那とお嬢、前から好きだったけど、更に東欧・中欧料理が好きになった私が一緒になって、んじゃロシアやチェコ料理のお店を探すかね、とな。

検索したら、あら、意外と近くに一軒あったじゃない。
ということで、週末の夜にこそこそっ、と行ってみたんだよ。




IMG_8184

天気が良い日だったので、外のテーブルで。
メニューをもらって、まずはビールを注文しようとしたら、お嬢はIDを要求されて、げ、パスポート忘れたよ。
幸い、優しいお店のおばさまは、オーナーには内緒ね、と言って、ビールの注文を受けてくれて、ありがたや。


IMG_8179

IMG_8176

お目当てのピルスナー、美味しいと喜んでたよ。
地ビールブームでIPAがすごい種類出ているアメリカだけど、お友達に聞いたところによると、IPAはすぐ出来るのに対して、ピルスナーは作るのに時間がかかるんだそうで。
味は濃い目で早くできるIPAと、時間をかけてじっくりとマイルドに仕上げるピルスナー。
なんか勝手に納得しちゃったよ。

ちなみに運転手を勤めたワタシは、ただの水だったわけだが、このグラスに入ってると、どう見てもウォッカです。(好き)


IMG_8173

突き出しのパンは、嬉しいことに黒パンが。
これこれ、これがないとねー。
甘めなのは難点だったけど。つか、正統派でさえもなさそうだけど。


IMG_8175

メニューについてたミニサラダ、一見何の変哲もないサラダだが、フレンチっぽいドレッシングが美味しかったのだ。
酸味がまろやかだったからかな、お嬢も気に入ってたよ。


IMG_8181

Zalivnoy Yazik。
お嬢が、前々からアスピックゼリー寄せなるものを食べてみたかったと言ったので、注文してみた一品。
物語とかで度々目にしていたんだって。確かに私もそうだった。

本などで読む限り、マズいものだと書かれていたそうだけど、素朴で悪くなかったよ。
添えられていたのはマスタードと白いマスタード? ホースラディッシュ?
結構辛くて、鼻につんとくるソース。
ゼリーも牛タンも淡白な味だったので、ネギの薬味があって良かったかも。


IMG_8182

私が一番馴染みのある東欧メニュー、Pelmeni s Kuritsey。
こちらはチキンを詰めたもの。

中のチキンの味が濃くて、サワークリームがいらないぐらい。
小さめでころん、と可愛くて、ぱくぱくいけちゃうけど、食べ応えがある一品。


IMG_8185

Savoy Cabbage Rolls、ロールキャベツ。
中にはジャスミンライス、ポーク、にんじん、そしてパセリが入ってる。
ベーコンと玉ねぎ、トマトで作ったソースと、サワークリーム添え。

ベーコンの風味が程好くて、なかなか旨かった。
素朴な味わい、ってこればっかですみません。


IMG_8187

Beef Stroganoffは、蕎麦の実かマッシュポテト、どちらかと一緒に。
想像してたのとは違った感じのメニューだったね。

蕎麦の実、懐かしい香りと風味で嬉しいね。
こってりに見えるけど、味は淡白なストロガノフ、悪くはないのだけど、もっと旨味があれば、もっと良かったな。
肉は柔らかくて、食べやすかったけど。


気のいい感じ(ロシア流)のオーナーとおばさま達で経営してる、アットホームなお店。
お客さんは多くはなかったけど、数組いた方々は常連さんっぽかったような。
時々ふらっ、と寄ってみたくなるようなお店だね。

お嬢と一緒に、サンフランシスコにあるプラハ料理のお店にも行きたかったけど、もう時間切れかなあ。
まあ、これからヨーロッパに行く人なので、わざわざアメリカで食べなくても良いかもな。
あっちのパブで、美味しいピルスナーを飲んでくればいい。
……あれ、ちょっと憎い。


2086 Broadway St
Redwood City, CA 94063



[PR]
by senrufan | 2017-09-09 11:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/27107724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 見せたい顔と見えた顔 (その1) 貴方と私の交差点 >>