会える場所はそこにある

「著者の死後、彼の日記を読むことは、彼からの長い手紙を受け取るようなものだ」
   ----- ジャン・コクトー
       (フランス人、詩人・作家、1889年7月5生まれ)


昨日、夕飯の支度していた時。
さつまいもの下ごしらえをしていて、ああ、そういえばtamachanのかぼちゃとか芋類の火の通し具合も絶品だったなあ、と思い出したんですよね。
甘さをきちんと引き出しつつ、ちゃんとほくほくしてて。
そんな具体的なことから始まって、それから言葉にならない思いが込み上げる。
もう会えない人のことを思い出す時は、そんな感じになるのです。

そうしたら昨夜、tamachanの遺灰がシャスタ山の上に撒かれた、とのお知らせをいただきました。
彼女が大好きだったシャスタで散骨を、という話は聞いていたのですが、そんな素敵な形があったのか、と驚きながら、
あの青い空と白い雲、白い山を思い出して、胸がいっぱいになったです。
また行く機会があれば、あの山に、空に、雲に、彼女の姿を見出すことになるのでしょう。


父もまた、もうすぐ新盆を迎えます。
実家の母とは、時々電話で話します。
話している最中、まだまだふとしたことで涙声になる母です。


17803568505_d8818e9520_o

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_7569

5ヶ月ぶりに、ハーブクラスに行ったんだ。
なんで半年近くも、というのは、昨年の12月にクラスがあってから、私が日本へ行ったり来たりになってしまい、そのまま開催されず仕舞いになっていたんだね。
皆さんに気を遣わせてしまい、情けなくもありがたく。

しかし、5月中にやっておかんと、6月からは日本に行くメンバーが多いので。
夏休み前に、と互いの予定を合わせて、無事、先生のYさん宅での開催が実現したのだよ。(じ~ん)

しかも今回は、コアメンバーが勢揃い。
Kanaちゃんと私が到着した時には、すでにAちゃんとerinちゃんが美しいにじみ絵を完成させるとこだった。
Aちゃんのちっちゃな天使ちゃんも、大いに手伝っていたですよ。





IMG_7573

さて、今回のハーブは、私の大好きなモリンガから。
くせのないハーブで、お茶にしても美味しいよ。

Mullein leafも、喉に良いハーブ。
お茶を飲んでみたら、なんか昆布っぽい風味がするんだよー。
鍋物やスープなどにハーブティーを使うのは、実はかなりお薦めなんだって。


     IMG_7589

ターメリックの効能についても、改めて。
身体の循環を良くするので、お嬢にも良いと思うんだ。
ターメリックヴィネガーをいただいたけど、生は更にお薦めだそうなので、今度買って、薬味を作ってみようかな。


IMG_7584

そして今回のメインは、Yさん宅に群生している日本よもぎと、Morel mushroomを料理するんだって。
わあお、アミガサダケ、ファーマーズマーケットで高いなーと思って手を出せなかったんだけど、ほんとにご馳走になって良いのでしょうか。
しかもシャスタ産とうかがった日には、もう拝むしかできません。


IMG_7596

ヨモギの天麩羅ならぬ、Garbanzo flourを使ったパコラでな。
私も家では、もっぱらこの粉でやってます。
グルテンがでないので、ぐるぐる混ぜちゃってもOKなのが楽なのだ。(根っからのナマケモン)


IMG_7614

erinちゃんが次々と上手に揚げてくれて、我々は横からつまみ食い。(殴)
揚げ立てのヨモギ、うんまいわーー!
さっくり衣とほんのり苦味がたまりません。

海塩と梅塩、2種類のお塩をつけながらも美味しいけれど、私はそのままでもぱくぱくいっちゃうね。
自然の旨味、最高だ。
更に、貴重なComfreyも揚げてくれたので、2種類の味を楽しむという贅沢を。(昇天)


IMG_7632

アミガサダケの方は、スライスしてじゅわじゅわとグリル。
美味しそうな出汁が出てきます。
きのこはこれがたまらんね。


IMG_7640

2種類の美味しいおかずに、Yさんが作ってくださった、Forbidden riceともち米の酢飯、豆腐のスクランブルエッグのせ。
これがまた、なんでこうも旨いのか。
いいわあ、このご飯、今度やってみよう。

Yさんのお料理センス、相変わらず最高です。
この後、erinちゃんがお嬢ちゃまのバースデーパーティに、Yさんのケータリングをお願いしたそうだけど、さもありなん。
ヴィーガンでこれだけの味とセンスのお料理を出してくださる方は、なかなかおられないと思うのよ。(力説)


IMG_7643

IMG_7644

デザートもあるんだ、と歓声が上がったのは、Yさんの梅ゼリーと、Aちゃん持参の黄な粉餅。
メンバー全員、ほんとにできる人ばっかです、このクラス。(幸)
あ、こっち見ないでくださいね。


IMG_7637

これで夏休みに入って、次は9月ぐらいかな。
あっという間に年末になりそうなので、今度こそ気を引き締めて、定期開催しなくては。

皆でしみじみ話したんだけど、このクラスはマジでメンバーが最高で。
全員ほどほどにマニアック(え)で、ベクトルが同じ方向を向いているので、安心して自分を出せるというか。
何かを聞けば、何かの答えが必ず返ってくる、と思える安心感。
ワークショップに参加するにあたって、これが満たされていると信じられることは、非常に大きなアドバンテージ、であることよ。




[PR]
by senrufan | 2017-07-05 13:38 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/26973888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 垣根は幾つもあるけれど 肩の力を抜ける場所 >>