いつでも僕だけ見つめてて

「決心によって正しくあるのではなく、習慣によって正しくなり、
単に正しいことが出来るのみではなく、正しいことでなくてはやれないようにならねばならない」
   ----- リヒャルト・ワーグナー
       (ドイツ人、作曲家、1813年5月22生まれ)



34458062286_6460328011_o

熱波~~~~
なベイエリアの毎日ですが、皆様、ご無事でいらっしゃいますか。(ぐだーり)

せめて、写真で涼をご提供。
先日Whole Foodsに行きましたら、なんと量り売りのMochiアイスコーナーが。
雪見だいふくぐらいの大きさで、1個$2とお高いですが、
フレーバーが色々あるのが嬉しいところ。

もちアイス、すっかりアメリカンスイーツに定着した感ありです。
って、これもまたベイエリアだけなのか?(田舎モン)

* * * * *

【旅行】

IMG_7365

美味しいベジカフェを出て、のんびりおしゃべりしながら向った先は、もふもふの。
私が喜ぶ、お嬢はもっと喜ぶ、またまた小鳥がいる場所でありますよ。

お嬢が前に行って、2時間並んだという人気店。
覚悟して行ったら、え、店内とっても空いているんですが。
ラッキー、と友人Sさんと入って、すぐにお嬢が合流。
ことりカフェも、人気が一段落したのかも。




IMG_7363

結論から言ってしまうと、前に行った鳥カフェがあまりに天国過ぎて、鳥カフェって本来はこうだったね、というお店に行けたのに、物足りなく感じてしまった贅沢モンの不届きモン。
そうだよね、あんなに触れ合えるカフェ、というかカフェではなかったからね、あのお店。

こちらは名前の通りにカフェなので、基本はガラスの向こう側にいる鳥を眺めながら、まったりカフェメニューをいただき、数分だけ、決められた鳥とのみ触れ合える、という仕組み。
しかも、触れ合いタイムは別料金。500円だったかな。
鳥さんのケアに使われるかと思えば、全然惜しくはない値段。


IMG_7310

まずは、Sさんとお嬢が数年ぶりの再会だったので、おしゃべりを楽しもう。
お嬢が2歳の頃に知り合ったので、20年来のお付き合いになるのだな。
お嬢も自分の近況と、Sさんのお子さん達の近況の情報交換で、にこにこ歓談が続いたよ。


IMG_7312

IMG_7313

ちなみに私が頼んだこのケーキ、その名もセキセイインコグリーンです。
そんなつぶらな瞳で私を見ないで……!(フォークを持つ手がわなわな)
ほかには、桜文鳥とすがもんケーキあり。


IMG_7352

人心地ついたところで、ガラスケースの中の小鳥達を鑑賞ね。
鑑賞できるケースは2箇所あって、大きいのはオカメインコまで。
ふわあ、もふもふしてるうううう~~


IMG_7318

IMG_7317

毛づくろいしあうラブバードとか、餌を食べるセキセイとか、羽とかクチバシとか尻とか目とか尻とか足とか尻とか(鳥の尻好き)
ああああ、手にのせたい、のってほしい。
そして、あの”インコ臭”を嗅ぎたいの。(はあはあ)
鳥飼いさんには共通フェチのインコ臭、こんな商品がでるぐらいに魅惑の香りです。


IMG_7326

IMG_7323

触れないにしても、やっぱり見ているだけで、こんなにも幸せ。
お嬢、目が完全にイッてたね。(テメエもだ)


IMG_7348

さて、触れ合いタイムの順番が回ってきたので、いそいそと。
狭いスペースに、お店の方と3人が入るので、結構ぎゅうぎゅうです。

鳥カゴが4つあって、中には一羽ずつ、違う種類の鳥さんが。
文鳥のハル、コザクラインコのカイ、オカメインコのレモン、タイハクオウムのたいちが、今日のもふもふメンバーね。
4羽のうち、2羽を選んで、その2羽と1人5分ずつ触れ合える、というルール。
相談して、コザクラのカイちゃんと、タイハクオウムのたいち君を選んだよ。


IMG_7337a

小さい子から順番なので、まずはカイちゃんから。
コザクラインコは人懐っこい子が多いのだけど、この子もまた、もふもふスタッフの名に恥じない懐きっぷり。
動物大好きなSさん、鳥ときちんと触れ合うのは初めてだったんだけど、カイちゃんをなでなでしながら、すっかり顔が蕩けきっていたですよ。
このこの、魔性のインコちゃんめ。(満面の笑顔)


     IMG_7347

IMG_7344

その後のたいち君のデカいこと。
凶器のクチバシと足に気をつけつつ、でも、この子も懐っこいんだなあ。

翼の下をかいてもらうのが好きなんですよ、と言われて、手を入れさせてもらったけど、うわあ、なんて心地良い。
柔らかくて、あったかくて、正に生き物との触れ合いね。

こちらのもふもふコーナー、木曜はフリーだそうですよ。
そうだった、お嬢が2時間並んだというのも、フリーデーでした。さもありなん。


IMG_7355

IMG_7350

まだまだ鳥を眺めて(飽きない)、帰る前にはグッズもね。
こちらのお店のウリは、充実した鳥グッズなの。
文房具から携帯アクセサリーやカバー、バッグ、Tシャツなどなど、可愛いものいっぱいで嬉しいね。


     IMG_7361

鳥さんも売ってます。
じゃあこの子を、と店員さんに言えない我が身が不甲斐ない。


IMG_7364

鳥と触れ合うなら、浅草のお店が断然お薦めだし、ぜひとも再訪したい場所。
で、こちらのお店は、グッズ購入だけもアリだそうなので、近くに寄る機会があったら来たいかな。
あーーーー、インコが欲しいなあーーーー
腹の底から、息を吐ききる勢いで言っちゃうよ。

で、どの鳥が飼いたいかというと、やっぱりセキセイインコだね、というのが、前にも書いた、お嬢と私の共通意見。
どの鳥も可愛いのだけど、セキセイより大きくなると、放し飼いにした時のフンの被害とか、クチバシで噛まれる家具や本の被害が大きくなるし、
セキセイより小さいと、元気で忙しないので、いろんな意味で、セキセイインコが一番コスパが良いペットです。大いに、個人の見解です。


IMG_7327

最近の我々のお気に入りは、タイハクオウムのろう君マンガ。
2歳児並に賢い大型オウムは、精神年齢も2歳児並ということで。
しかも3歳以上に進化しないまま、365日かまえかまえ攻撃にさらされる年月、というのを、こちらのマンガで知って、
やっぱり飼うならセキセイインコ、と思ったです。
でも、ろう君、大好きだー!



ことりカフェ(表参道)
〒107-0062 東京都港区南青山6-3-7



[PR]
by senrufan | 2017-05-22 13:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/26877409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 山の手前も道があり その構成が懐かしく >>