時間をかけて選ぶ価値

b0059565_10115030.jpg

昨年の12月に初めて連れて行っていただいた焼き物市。その時に買った食器はどれもこれも重宝なものばかりで、すっかり身内となって食器棚におさまっている。
次回のお知らせをしばらく前に受け取り、今日友人と行ってきた。友人の時間の都合もあったのだけど、買い占めるファンの人も多いと聞いたので、開場と同時に、本日最初の客としておじゃました。
前は個人のお宅のリビングルームにて行われた市、今日はまた別な家の庭で。明るい日差しの中に置かれた食器は、色合いも微妙なうわがけの具合もよく見える。

食器を選ぶポイントは人それぞれだが、私の場合は強いて言えば、日常頻繁に使えるかということ。年に数回のパーティの為の食器も欲しいけれど、まずは今ある隙間から埋めていく。
そんな目的の下、今日選んだのは小皿、中サイズの鉢や平皿。トレイにも使えるという大皿や果物鉢にもとても惹かれたが、普段あまり使わないのでは食器に申し訳なくて。

などとのたまいつつ、あまりに諦めるのがつらくて、長時間その場を離れられなかったり。

次回はまたどんな新しい器に出会えることか。それを楽しみに、今は我が家に来てくれた器達に何を盛り付けるか、あれやこれやと考える。
b0059565_108147.jpg

[PR]
by senrufan | 2005-05-06 10:04 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2680504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-05-10 00:04
うちは父ちゃんの趣味でずっと有田焼だったんだけど、最近あたしはこういうのがいいなあー。年かのう、、(笑)。
Commented by Miyuki at 2005-05-10 04:27 x
私も前は有田も伊万里も好きだったし、どっちかっつーと洋食器派だったんだけどねえ。わびさびの世界に足を踏み入れてしまった(笑)


<< 禍福は巡る 青より出でて >>