「ほっ」と。キャンペーン

新たに始める一日は

「事態はいずれ好転すると確信することが希望ではない。
結果のいかんを問わず、理にかなうものはあくまでも理にかなっているのだという不動の信念こそ、希望なのだ」
   ----- ヴァーツラフ・ハヴェル
       (チェコ人、劇作家・政治家、1936年10月5生まれ)


     IMG_5373

私の愛車のカムリ君。
2002年1月初め、旦那がふらっと出かけたと思ったら、
今、車屋さんにいて、車買ったから、必要な書類を持ってきて、と言われて、
まだ小さかったお嬢と一緒に、慌てて駆けつけた。
セールスのお兄さんに、新しい車、嬉しいでしょ!? と笑顔で話しかけられた時、
前の車とのお別れが寂しい、と泣いて答えたお嬢だった。

一時期、呪われてるのか、と思うほどに何度も事故に遭い、
旦那とお嬢が東大寺で交通安全のお守りを買ってきてくれてから、ようやく収まった。(いやほんと)
それ以外は大きな故障は1回ぐらいで、何度かパーツを換えつつ、
ずっと元気に、飛ばし屋(私だ)の無茶に応えてくれていた。

お嬢がハイスクールの間、学校に迎えに行った足でスイミングチームの練習に行き、
一旦家に帰ってご飯を食べたら、日系の塾に連れて行き、という生活が続いて、
あの頃は1日平均50マイルを走ってた。
夜10時に帰宅してから、あとは宿題を片付けて寝るだけ、の生活だったので、
ほとんど、その行き帰りの車の中だけが、私達が話せるチャンスだった。

今日学校であったこと、楽しかったこと、辛かったこと。
スイミング前のエネルギー補給に、あれこれオヤツを作っては、車の中で食べさせた。
思春期の真っ只中には、言い争いも何度もしたし、一言も口をきかない時もあった時間。
最初はバックシートに、それから助手席に。
いつしか互いがそこにいることが、心も含めた、お互いの定位置になっていた。


お嬢が家を離れて、助手席が空いても、カムリ君と私の関係は変わらないままであったけど。
ああ、お互いに、年をとったなあ。
そう感じる機会が増えてきたのは、別れを覚悟することに繋がって。

14年と9ヶ月。
走行距離は、約188,600マイル。

最後に別れを告げる時の私は、カムリの前の車と別れる時のお嬢になっていた。


ばいばい、大好きな、大好きな、私の車。
長い間、私達を守ってくれて、本当にありがとう。





ってなことで、新しい車になりました。
ゆっくり、じっくり、仲良くなろうとしているところです。
それにしても、14年の間のテクノロジーの進歩、すごいですなあ。(嘆息)

* * * * *

【レストラン】

IMG_5374

なんかすでにエネルギーを使い果たしたので、軽くて楽しい日記をば。
わくわくさんとのデートだよー。(えへえへ)

前に、ほぼ同時に見つけた、アサイーボウルのフードトラック。
いつか一緒に試したいね、と言っていたら、いつの間にかお店を出していたのは、あのカフェに行った時に知ったこと。
いよいよあのお店に行っちゃうか?

うきうきしながら約束した日は、なぜかエアポケットのように、その日だけぐんと気温が下がってね。
いや全く、アサイーボウルにぴったりなお日和で。(……)




IMG_5381

お店に入って、いきなり驚いた。
お仕事しているお姉さん、私が行ってるジムのヨガインストラクターではないですか。(驚愕)
とっても綺麗でスタイルが素晴らしくて、すごいアドバンスドな動きも楽々こなしちゃって、ヨガのモデルになれる人。
彼女とアサイーボウル、うん、ぴったりすぎてもう。
私は彼女のクラスは時々しか参加してないので、顔を覚えられているとは思わないけど、なんかこそこそしちゃうよね。

わくわくさんがご馳走してくださるということで、えええ、そんな、いやいや、ここはワタシが、というオバチャン劇をしばし展開した後、ありがたくゴチになりました。
ヨガクラスより、あの劇で彼女に覚えられたんでは、と今頃不安です。


IMG_5375

わくわくさんのオーダー、Hawaiian
Organic Sweetened Acaiにマカダミアナッツミルク、バナナ、ブルーベリー、ラズベリーにストロベリー。
トッピングはオーガニックグラノラ、バナナ、ストロベリー、ハチミツ、そしてビーポーレン。

Sweetened Acaiってなんぞ? 普通のアサイーを加えるのではなくて?
他のメニューを見たら、Sweetenedと書いてあるのとないのがあって、はて。
理由はわからないけれど、わくわくさんによれば、甘酸っぱいボウルであったと。
だから甘くしたアサイーなのかなあ、って話したよ。


IMG_5378

私がお願いしたのは、Protein
オーガニックアサイー、ココナッツミルク、ケール、ブルーベリー、Soy Prorein、ピーナッツバターをベースにして、
オーガニックグラノラ、ローストしたマカデミアナッツ、ストロベリー、ビーポーレン、ハチミツをトッピング。


IMG_5379

ごろごろナッツが香ばしくて美味しいアサイーボウル。
ピーナッツバターのせいなのか、カカオが入ってないのに、マカダミアナッツチョコのような味。
んまいー、好きだこれ。

アサイーボウルが食べたくなった時には、あのお店に行ってたけど、こちらの方が家に近くて嬉しいね。
メニューのバラエティは、こちらの方が豊富だし。
こじんまりとした清潔な店内は、長居するより、ささっと食べて出るか、TO GO向きの感じではあるけれど、そんな手軽さがまたアサイーボウルの良さと思うので、違和感なし。
できたら通いたいんだけどなあ……マスクとサングラスをかけて出かけるか。(通報必至)

帰宅してから検索したら、こちらのフードトラックが、ジムの前に出店しているお知らせを見ましたよ。
インストラクターの彼女の人気で、売上倍増になるかしら。


この日は新車を購入した翌日で、初めて人様を乗せて走ったよ。
わくわくさんと同じメーカーの車になったので、まだまだ無知な私に色々教えてくださって、ありがたかったのね。

何より、お嬢が帰った後だったので、大好きなわくわくさんの笑顔とお人柄に、すごく慰めてもらった日でもありました。


Mahalo Bowl
650 Castro Street, Ste 140
Mountain View, CA 94041
[PR]
by senrufan | 2016-10-05 07:55 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/26255893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by むしの日 at 2016-10-08 00:14 x
Miyukiさま、大変ご無沙汰しております。
奇しくも同じ頃に愛車との別離があったのだなぁとじぃんとしております。寂しいですよね。
新しいお車はいかがですか?私は日本を満喫するために?軽自動車にしてみました。こりゃぁ貿易摩擦(死語でしょうか)も引き起こすわ、と納得のガラパゴス装備と優遇税制でございます。
Commented by Miyuki at 2016-10-08 03:01 x
*むしの日さん
お久しぶりです!
そして、はい、私もむしの日さんのブログを拝見してまいりました。本当に寂しいですよね……
新しい車、すごいです。こんなにあれこれ快適になっているとは。ただ、電気系統の故障がますます怖いですねー。前みたいにシンプルな故障じゃないでしょうから。
日本での軽は快適でしょう! しかし優遇税制というのがあるとは。世の中エコ推進モードですなあ。
Commented by むしの日 at 2016-10-08 07:56 x
そうか!進化のぶんそういう心配がふえてしまうのですね。確かに電気系統の故障が砂漠の真ん中で起こってしまったら・・・とかをリアルに考えてしまうそちらの環境ですと故障が少ないメーカー選びは本当に大切ですよね。ESLの先生が本気で『クルマを買うならT車かN車、私は次には評判のS車にするつもり』と言っていたのを思い出します。〔全部アメリカの車だから安心よ!と言われてちょっとフクザツな心境でしたけど、すっかりそっちに根付いているのだなぁと思いました〕
Commented by Miyuki at 2016-10-08 11:33 x
*むしの日さん
そおなんですよ、いつもお願いしているボディーショップがあるのですが、複雑な故障になってくると、ディーラー持込になるのがなあ、と。ハイブリッド車や電気自動車で事故ると、脱出する時に特別な措置をしてからでないとダメ、とかいう話を聞くたび、震える石器時代人でございます。
あはは、先生のお言葉、80年代のジャパンバッシングからは考えられないセリフですね! 改めて自動車メーカーの方々の努力に敬意を表したくなりますわ。


<< 両手に余る材料を 森は僕らのキャンバスだ、天然色... >>