「ほっ」と。キャンペーン

待てる理由は信頼と

「自分はこの程度の人間だと思った瞬間、それ以上の人間になることが出来なくなります」
   ----- ヘレン・ケラー
       (アメリカ人、社会福祉事業家、1880年6月27生まれ)


     IMG_4281

多くのファンが待っていた。
そんな言葉が似合いそうな、人気の和食レストランのGochi、Mountain View店再開のニュースです。

市の再開発により、一帯の建物が取り壊されることになったので、一旦閉店をよぎなくされたのでしたね。
Gochiだけでなく、その隣の大好きな中近東系マーケットもクローズしてしまい、腹立たしくも残念なことでした。


     IMG_4283

早速お友達と行ってきたのですが、店内は前のお店をそのまま持ってきたかのよう。
店員さんも変わらず感じの良い方ばかりだし、店内は満員でにぎやかで。
良かったねえ、としみじみしながら、美味しいお料理をいただきましたです。

さあて、あの跡地はどういう風に生まれ変わるのか。
戻ってきてくれるかなあ、あのマーケット。(希望)


GocHi Japanese Fusion Tapas
1943 W El Camino Real
Mountain View, CA 94040

* * * * *

【個人的事情】

IMG_3793

はーい、5月のtamachanカフェの記録ですよー。(一部の方向け呼びかけ)
洋食の番が来て、お知らせされた予定メニューにヨダレを垂らして、
一緒に行きましょう、となったのは、Fumi先生とYokoさん。

食の大先輩、どころか、師範のお二人+tamachanだからね。
カヨワイ私がどれだけ緊張したか、想像できるってなモンだよね。
のわりに、この月も、しっかり美味しいご飯を味わってきたんだよ。(別腹)




IMG_3794

前菜の、エンダイブのサラダから。
ラディッシュにアボカド、ミニトマトの上に、Snap peaがこんなに可愛く盛られてる。

シャンパンヴィネグレット、マスタード、塩・胡椒でトスしてあるそうで。
ドレッシングほど強くなく、正に野菜にほんのり色をのせただけのような味加減なのだけど、これが絶妙なの。
素材の良さと本来の味がしっかり楽しめて、とっても美味いのだ。


IMG_3810

豆腐ケーキ、つまり、クラブケーキの豆腐バージョン、なんだって。
味噌マヨネーズのストライプで飾られて。

揚げ焼きされた外側はカリッとしてるんだけど、中はふんわり柔らかい。
豆腐に玉ねぎ、にんじん、ガーリックが入って、和風にも通じる材料が、きちんと洋風になってるよ。
本体の味はかなり控えめ、でも、じんわり仄かな旨さが伝わってくるような美味しさでありました。


IMG_3804

パエリアはパエリアでも、パスタパエリアだというとこが新しい。
メニュー名を聞いていたのに、すっかり忘れてて、あれ、お米じゃない??となったバカは誰ですか。(鏡よ鏡)


IMG_3813

米型パスタのOrzoに玉ねぎとマシュルームを加えて、サフラン入りベジブロスで炊いたそう。
カラフルなベルペッパーとRoman beansで彩られて、どーん!と主役級の存在感。
あっさり優しい味で、嬉しかったなあ。


IMG_3818

そしてtamachanの真骨頂(え)のデザートは、イチゴのショートケーキだよー。
チャヤ・マクロビレストランのレシピを使ったんだって。

アーモンドミールと全粒小麦粉のスポンジは、ふわふわ過ぎない適度な重み。
絹ごし豆腐、ココナッツクリーム、メープルシロップなどを使った贅沢なクリームが、んまいのだ。
上はいちごのコンフィチュールで、米飴とメープルシロップ、寒天で仕上げてる。

どっしりしたクリームなので、お腹がいっぱいになるんだけど、身体はすっきり。
美味しいよおおぉ、と言いっぱなしのデザートであったこと。


Fumi先生とは本当にお久しぶりで、緊張しながらも、変わらずのお美しさに見惚れたよ。
4人で、望診、保存食、野菜、環境、いろんな話で盛り上がって、一人ド素人の私は、いっぱい刺激をいただいた。
幸せ~、な時間でありました。

6月のカフェはお休みで、7月以降はお知らせ待ち。
tamachanの美味しいご飯だけじゃなく、また皆さんに会える機会をも待ってるよ。


 tamachanレストラン訪問記録 : 
   2013年:グランドオープニング 5月 7月 11月 12月 
   2014年:1月 2月 3月 4月 5月
   2015年:4月 5月 6月 12月
   2016年:1月 2月 3月 4月
[PR]
by senrufan | 2016-06-27 13:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25961420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 煌く青い世界でも、右往左往の夏... ちょいとお先に失礼を >>