第5回 震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「人はみな、自分の幸福を望んでいる。
しかし、文明の技術の上で一つとなった今日の世界では、
他人の幸福を望む気持ちが一つにならない限り、自分の幸福を望んでも無駄である」
   ----- バートランド・ラッセル
       (イギリス人、哲学者、1872年5月18生まれ)

* * * * *

【イベント】

IMG_3981

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティーセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。

Bay Area HEART、メンバーとしては5回目、単独開催としては4回目。
気づけばこの書き出しも、とうとう5回目となりました。(あれー)

開催場所は、すでにお馴染みとなりました、サンタクララバレー日系教会さん
こちらのソーシャルホールを今までと同様、温かいご支援の元に貸していただきました。
最初のおうかがいから当日まで、優しいお手伝いや素敵なご出品まで、本当に感謝することばかりでございます。
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。


同じ場所で、同じ手順。
のはずなのですが、最初の寄付先選びから始まって、やはりセールごとに出てくる新しい課題、新しい学び。
今回の大きな変更点は、開催時間の変更で、今まで10時~13時開催だったところ、
出品者の方のご負担軽減等を考慮して、11時からの2時間開催となりました。

はてさて、これが果たしてどう受けとめていただけるのか。
どきどきしながら、開場準備を進めておりました。




IMG_3976

しかし、開場時間になってみれば、ずらりと並んでくださったお客様の列。
今年もまた、こんなに大勢の方が来てくださって、と、そこから感謝の思いが途切れることはありませんでした。

お天気に恵まれたおかげで、晴天の下でお待ちいただくことになってしまい。
かといって、皆さんに次々に入っていただくようにしたら、きちんと商品を見ていただくことさえ大変になってしまいますから。

黙って待ち続けてくださった皆様には、改めてお詫びと感謝を申し上げます。
せめて、お買い物にはご満足いただけたのなら良いのですが、と祈るばかりでございます。


IMG_3855

ゆっくり見て楽しんでいただきたかったのは、当たり前ですが、今回もまた素晴らしい出品を沢山いただいたから、に他なりません。
開催前のお知らせでも色々ご紹介した品々は、実物が手元に来てみたら、予想の何倍も素敵な品ばかりだったのでございますよ。


IMG_3869

品自体が素敵なのに、更にラッピングも工夫してくださったり、分かりやすい表示をつけてくださったり。
プロみたい!と思ったら、ほんとにプロの方やオンラインショップをやっておられた方が何人もいらっしゃって、とにかくレベルの高さに眩暈です。(くらっ)

かと思うと、素人なので、とおっしゃる方々の出品作全てが、なんとも美味しそう&美しく。
そのレベルとクオリティの高さに反比例した皆さんの謙虚さに、思わず涙しそうになったです。

お子様がいらっしゃる方、お仕事がおありの方。
お忙しい方ぞろいのベイエリア。
それなのに、貴重な時間を使ってのご出品。
しかも、エクストラで増やしてくださったりした方もいらっしゃって、スタッフの目には嬉し涙です。


IMG_3921

ここまでで、すでにありがたくてたまりませんのに、入場された後のお客様も、またとても礼儀正しく回ってくださって。
前の方を抜かさず、あくまで順番に見て回ろうとしてくださるので、どうぞご自由に、と声をかけさせていただいたのですが、
いえ、申し訳ないですから、とそのまま並んでおられたり。
なんかなあ、とまた年寄りの目に涙がにじんだり。
このオノレの涙腺決壊の早さに、5年という年月を感じます。(それもどーなんだ)


IMG_3885

そしてセールのたびに、新しい分野のご寄付をいただき、そうか、こういう形でもチャリティーできるんだ、と教わること。
何か自分のできること、となった時、人の数だけ、その形が存在するということ。

この場が、何か新しいことの始まりになったり、好きな作品との出会いになったり、新しい人との縁を結べたり。
そういう、前を向いたものが沢山束ねられて、被災地の方々に届くこと。
前回セールの感想でも書きましたが、BAHのささやかな活動が、何か一つでも、そういうことに寄与できれば、と心から願っている次第です。


IMG_3971

さて、皆様に支えられての今回の義援金総額は、
$5,979.46
となりました。
こちらには、昨年開催させていただいたチャリティーガレージセールやお惣菜市の売上も含まれております。

今回の支援金は、
 青空保育たけの子
 いわき放射能市民測定室たらちね
 熊本県民 in Silicon Valley
の三団体へ、責任を持って等分に寄付いたします。
頼むから、まだまだ円安であってくれ……!


IMG_3963

今回のセールは開催前から、前回より多くの方に気にしていただいている、と感じておりました。
それはご存知の通り、4月の熊本地震発生が大きな理由であったかと思います。

絶対に起こってほしくなかった災害。
5年前と重なって、胸の痛みはハンパなものではありませんでした。

それでも、東日本震災の時と大きく違ったのは、ベイエリアの皆様の対応の早さ、です。
前は、本当に大勢の方々が、自分にできることを懸命に探して、その場所作りに邁進されていて。
大きな嵐の中に巻き込まれたような中で、今まで知っていたと思っていた人の、別な姿を見ることになった機会でもありました。

それが今回の大きな災害で、手早くスムーズに企画された、幾つかのチャリティーセール、
また周囲の方々の情報収集対応など、確かに5年前の経験が生かされている、と思われることを、幾つも目にすることになり。
かくいう自分自身も、あの時の茫然自失状態より、まだ今回は動けている、という自覚。
良い経験、とは決して言いたくはないのですが、それでも何か、糧と呼べるものがあったことについて、改めて感じるものがございます。

続けてきた意味があった。
ささやかでもそういう風に思えるのは、本当に参加してくださった、支援してくださった皆様のおかげ以外のナニモノでもないのです。


IMG_3968

以下、5回続けての記載となりますが、
スタッフ側の至らない点も、多々あったことと思います。
こちらの手際の悪さ等で、十分に楽しめなかった方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございませんでした。

現在、BAH初のオンラインアンケートを準備中でございます。
オープンになりましたら、どうか率直なご意見をお聞かせくださいませ。
アンケート以外でも、それぞれに感じたご感想やご不満を、
よろしければ当グループのアドレス(bayareaheart@gmail.com)、またはFacebookページのメッセージにて、お寄せいただければ幸いです。

ご批判は勿論ですが、個別商品についてのご感想がおありでしたら、そちらもぜひご連絡くださいませ。出品者の方にお伝え致します。
特に賛辞のお言葉は、ハヤブサに負けない速さでお伝え致します。(わかりにくい例え)
セール会場で、個別オーダーはできますか?という、大変嬉しいお申し出が幾つかありましたので、及ばずながら、スタッフが仲立ち連絡をさせていただきました。
こういう事例も大歓迎でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、今回のセールについて、オンライン・オフラインでの事前宣伝にご協力いただいた皆様に、改めて御礼申し上げます。
個人ブログに載せてくださった方々、掲示板へのチラシ掲示を許可してくださったお店の方々、
学校や個人のイベントで、チラシ配布を許可してくださった方々など。
ひたすらに、温かいものに囲まれて開催できたイベントでありました。
何回申し上げても足りませんが、厚く御礼申し上げます。


IMG_3909

細かな試行錯誤は、回数を重ねても終わることはありませぬ。
皆様に見捨てられることがないよう、これからも精進を続けてまいります。
どうかご指導ご鞭撻の程、心からお願い申し上げます。

最後に、出品&お手伝いしてくれたお友達、お買い物に来てくれたお友達、応援の声をかけてくれたお友達。
ありがとう、本当にありがとう!!
暑苦しい限りに叫びたい。嫌がられても抱きしめたい。(通報レベル)
何か私が皆にできることがあったら、いつでも声をかけてちょーだいね。


これからも、BAHのFacebookページは更新を続けます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

Bay Area HEART
[PR]
by senrufan | 2016-05-18 12:55 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25818450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 良き一日の始まりは 第5回 震災復興支援チャリティ... >>